小玉スイカの育て方 〜受粉編〜

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

小玉スイカの整枝を終えた後、親づるを摘芯したことで子づるの生長が良くなり、小玉スイカの花が咲くようになりました。

今回は小玉スイカの実を確実につけるための必殺技!受粉、人工授粉についてご紹介します。

目次

受粉とは

小玉スイカは受粉成功or失敗?

小玉スイカの人工授粉の手順

受粉とは

「植物が花を咲かせ、実がなる」ということは、自然の贈り物によるものです。  キュウリのように受粉せずに実をつける単為結果性(たんいけっかせい)の野菜もありますが、一般的に「実がなる」という現象は、雌しべに雄しべの花粉がつき、受粉することで実ができます。  受粉する働きをしてくれるのが「虫」の存在です。代表的な虫は、みなさんがよくご存じの蜂です。  みなさんのベランダ菜園には、花粉を運んでくれる虫はやってきますか?

「植物が花を咲かせ、実がなる」ということは、自然の贈り物によるものです。

キュウリのように受粉せずに実をつける単為結果性(たんいけっかせい)の野菜もありますが、一般的に「実がなる」という現象は、雌しべに雄しべの花粉がつき、受粉することで実ができます。

受粉する働きをしてくれるのが「虫」の存在です。代表的な虫は、みなさんがよくご存じの蜂です。

みなさんのベランダ菜園には、花粉を運んでくれる虫はやってきますか?

目次に戻る≫

小玉スイカの受粉成功or失敗?

小玉スイカの雌花  小玉スイカの雌花は、こんなに小さいのにもうすでに小玉スイカの実がついているように見えますが受粉前の状態です。この実が大きくなりだすまで受粉したのかどうかは分かりません。

小玉スイカの雌花

小玉スイカの雌花は、こんなに小さいのにもうすでに小玉スイカの実がついているように見えますが受粉前の状態です。この実が大きくなりだすまで受粉したのかどうかは分かりません。

目次に戻る≫

小玉スイカの人工授粉の手順

蜂や蝶などの虫の力を借りて受粉したいところですが、来てくれないのならしょうがない…

確実に着果させるために、どんどん人工授粉にチャレンジしましょう!

人工授粉の条件

晴れた日を選んで、その日に咲いた新鮮な雄花を選び、できるだけ同じ日に咲いた雌花と9~10時までには授粉させましょう。この時間を過ぎると授粉率がグングン下がります。

人工授粉の手順

雄花をつるから取ります。

雄花をつるから取ります。

 

雄花の花びらをめくり花粉を付けやすいように花びらを剥いて、雌しべにそっと雄しべの花粉をこすり付ければ人工授粉は完成です。  一般に小玉スイカは受粉から30日~40日程度で収穫時期になります。特に小玉スイカは、収穫した時点で生長が止まり、収穫した後の追熟はできませんので、人工授粉した時は受粉の日にちをつけ、そこから30~40日後を目安に収穫することをおすすめします。

雄花の花びらをめくり花粉を付けやすいように花びらを剥いて、雌しべにそっと雄しべの花粉をこすり付ければ人工授粉は完成です。

一般的に、小玉スイカは受粉から30日~40日程度で収穫時期になります。特に小玉スイカは、収穫した時点で生長が止まり、収穫した後の追熟はできませんので、人工授粉した時は受粉の日にちをつけ、そこから30~40日後を目安に収穫することをおすすめします。

人工授粉のやり方さえ分かってしまえばもう大丈夫。自分で人工授粉させた小玉スイカが大きくなった時の嬉しさは格別です!誰かに自慢したくなっちゃいますよ♪

スイカ(西瓜・すいか)

  • つる性の植物で、葉は大きく切れ込みが入った形をしています。他のウリ科の野菜と同じように、1株に雌花と雄花が存在する雌雄異花(しゆういか)の植物です。スイカは高温と乾燥を好むため、多湿に弱い性質があります。家庭菜園でスイカを育てるときは、くれぐれも水の与えすぎには注意しましょう。

    スイカの形は日本では球形が主流ですが、海外では楕円形が主に流通しています。

    スイカは紀元前5000年にはすでに南アフリカで栽培されており、3000年前のエジプトでも栽培が行われていたといわれています。その後中国に伝わり、中国から日本へ渡来しました。

    中国語では水分が多く、西域から伝わったため、「西瓜」と呼ばれるようになりました。日本でも漢字で西瓜と書きます。

    南アフリカ中央のカラハリ砂漠から、サバンナ地帯で野生種が見つかっているため、アフリカが起源とされています。あんなにも水分を含むスイカの原産地が、砂漠というのはとても意外ですね。

     

目次に戻る≫

 

▼関連ワード

「小玉スイカの育て方 〜受粉編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ