実験気分で楽しく育てる♪オクラの育て方~収穫・お手入れ編~

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

オクラ栽培のメインイベントは何だと思いますか?

たいていの野菜は「収穫」かもしれませんが、オクラは違います。一度でも育てた方なら分かりますね。それは「オクラの花」なんです。1日しか咲かない大輪のオクラの花を一番の心待ちにしならがら、もちろん収穫も楽しんじゃいましょう♪

 

目次

3タイプのオクラの生育実験結果

オクラの花から実ができるまで

オクラの収穫

オクラの収穫後の摘葉

オクラの下処理・保存方法

 

3タイプのオクラの生育実験結果

左:胚軸切り育苗ポットごと植え 中央:プランターに直まき 右:育苗ポットごと植え  さて、前回の種まき編でもお伝えしましたが、オクラの苗をプランターという限られた中で最大限に大きく育て、たくさん収穫するために3タイプの育て方を実験しています。

左:胚軸切り育苗ポットごと植え 中央:プランターに直まき 右:育苗ポットごと植え

さて、前回の種まき編でもお伝えしましたが、オクラの苗をプランターという限られた中で最大限に大きく育て、たくさん収穫するために3タイプの育て方を実験しています。

 

その後も3つのタイプの生育の差が顕著に出ていますのでご紹介します。

3つのタイプの生育の差が大きく出ていますのでご紹介します。

 

左:胚軸切り育苗ポットごと植え 中央:プランターに直まき 右:育苗ポットごと植え  ご覧の通り「育苗ポットごと植え」が草丈、葉の大きさ、実と葉の数ともに多くよく生長しています。続いて「プランターに直まき」のオクラの生長が目立ちますが、よく見ると「胚軸切り育苗ポットごと植え」の濃い緑色の葉、葉の大きさが目立ちます。スロースターターなのかもしれませんので、引き続き生育を見守りたいと思います。

左:胚軸切り育苗ポットごと植え 中央:プランターに直まき 右:育苗ポットごと植え

ご覧の通り右側の「育苗ポットごと植え」が草丈、葉の大きさ、実と葉の数ともに多く良く生長しています。続いて中央の「プランターに直まき」のオクラの生長が目立ちます。

しかし、よく見ると左側の「胚軸切り育苗ポットごと植え」の濃い緑色の葉、葉の大きさが目立ちます。スロースターターなのかもしれませんので、引き続き生育を見守りたいと思います。

目次に戻る≫

オクラの花から実ができるまで

オクラの花の蕾(つぼみ)  クリーム色をしたオクラの花の蕾(つぼみ)を見つけました。

オクラの花の蕾(つぼみ)

クリーム色をしたオクラの花の蕾(つぼみ)を見つけました。

 

オクラの花  大輪の花が印象的なオクラの花は、中心部が濃い紫色で外側が温かみのある白色の花びらが美しく、野菜とは思えないほどです。しかも、1日しか咲かない1日花なので、育ててみて初めて分かる美しさなんです。  オクラはアオイ科の植物で、同じアオイ科にハイビスカスやムクゲ、フヨウの花があります。いわれてみれば花の雰囲気が似ていますね。

オクラの花

大輪の花が印象的なオクラの花は、中心部が濃い紫色で外側が温かみのある白色の花びらが美しく、野菜とは思えないほどです。しかも、1日しか咲かない1日花なので、育ててみて初めて分かる美しさなんです。

オクラはアオイ科の植物で、同じアオイ科にハイビスカスやムクゲ、フヨウの花があります。いわれてみれば花の雰囲気が似ていますね。

 

オクラの花が終わったら、今度は実ができます。開花してから約1週間~10日がオクラの収穫時期になりますので、見逃さないようにしましょう。

ふくらみだしたオクラの実

オクラの花が終わったら、今度は実ができます。開花してから約1週間~10日がオクラの収穫時期になりますので、見逃さないようにしましょう。

目次に戻る≫

オクラの収穫

開花してから約1週間~10日経過しました。7~10cmくらいがオクラの収穫適期です。

開花してから約1週間~10日経過しました。7~10cmくらいがオクラの収穫適期です。

 

収穫せずにそのままにしておくとぐんぐん生長して、オクラの実がとても固くなります。 若いうちに、さやの付け根からハサミでカットして収穫しましょう。 

収穫せずにそのままにしておくとぐんぐん生長して、オクラの実がとても固くなります。 若いうちに、さやの付け根からハサミでカットして収穫しましょう。 

目次に戻る≫

オクラの収穫後の摘葉(てきよう)

収穫後は摘葉(てきよう)といって葉が混み入っている場合は、収穫した実から下の葉は1〜2枚残すか、全てかき取り風通し良く管理しましょう。

収穫後は摘葉(てきよう)といって葉が混み入っている場合は、収穫した実から下の葉は1〜2枚残すか、全てかき取り風通し良く管理しましょう。

オクラの肥料

今まで肥料を控えてきたオクラですが、収穫後は2〜3週間に1度のペースで追肥します。しかし、あまりにも肥料を与えすぎると今度は病害虫の被害が出てしまいます。そうなると、特にアブラムシがたくさん寄ってきますので気を付けてくださいね。

目次に戻る≫

オクラの下処理・保存方法

食べごろの時期のオクラを収穫したら、美味しく調理してお召し上がりください♪

生食

オクラを食べるときに気になるのは、実の表面にある産毛です。生食する際は、この産毛の部分を軽く取り除きましょう。

  1.  まな板の上にオクラをのせ、塩を少々ふりかけます。
  2.  オクラを手で転がすように板ずりをします。
  3.  軽く水で流し、水気をキッチンペーパーなどで取ります。
  4.  刻んで生食でお召し上がりください。

下茹

  1.  まな板の上にオクラをのせ、塩を少々ふりかける。
  2.  オクラを手で転がすように板ずりをします。
  3.  鍋にお湯を沸し、さっと茹でます。
  4.  氷水などで粗熱をとってから、刻んでお召し上がりください。

冷蔵保存

オクラは、低温障害を受けやすい野菜です。そのため、ひと手間加えて冷蔵庫で保存しましょう。

  1.  水で湿らせたキッチンペーパーや新聞紙などを用意します。
  2.  1でオクラを包み、ポリ袋かラップにくるみ、冷蔵庫の野菜室で保存します。冬期間ならば冷暗所で保存できます。
  3.  保存の日数は3~4日です。それ以上保存したい場合は、冷凍保存をおすすめします。

冷凍保存

生食処理、もしくは下茹処理した後冷凍保存します。

  1.  生食処理、もしくは下茹処理後、金属製のバットに入れ冷凍庫で凍らせます。
  2.  凍ったら、密封袋などに入れて保存します。

どちらの方法にしても、カットしてから冷凍保存する場合は、小分けにしてラップなどにくるんで保存しましょう。

 

さぁ、これから9〜10月過ぎまでの長い間オクラの収穫が続きます。収穫適期を逃さずに「たくさん収穫、かしこく保存」しておいしいオクラを楽しんでくださいね。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「実験気分で楽しく育てる♪オクラの育て方~収穫・お手入れ編~」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【数量限定】最短30日で収穫!種から育てるベランダ菜園セット ラディッシュ×ベビーサラダミックス

販売価格:2,530円(税込)

アートストーン M ブラック

販売価格:2,310円(税込)

折り畳みじょうろ4L ウォータリングコンテナ カラプサブル

販売価格:1,430円(税込)

おすすめ