ホワイトセージの浄化方法とワンドハンドルの作り方

峰亜由美

峰亜由美

公開日 :

秋も深まり、温かいハーブティーが恋しい季節になってきましたね。リラックスできるホワイトセージティーでも飲みながら読書の秋を満喫するのも素敵な時間ではないでしょうか?

今回はホワイトセージの原産国アメリカカリフォルニア州に暮らしていた、ネイティブアメリカンが、聖なる植物として大切にしてきたと言われる、ホワイトセージとの関わり方や、現在の私達の暮らしにも取り入れられる素敵なホワイトセージの使い方をネイティブアメリカンの暮らしの中から学び、ワンドハンドルという日本で言う所のお香の作り方と使い方をご紹介します。

目次

ホワイトセージってどんな植物?

ホワイトセージを使用していたネイティブアメリカンの文化

ホワイトセージでワンドハンドルとドライリーフを作ってみよう

ホワイトセージを焚いてみよう

ホワイトセージまとめ

ホワイトセージってどんな植物?

ホワイトセージ(正式名称はサルビア・アピアナ)はシソ科アキギリ属、原産国はアメリカのカリフォルニア州南部から伝わって来た植物です。高さ1.5m程になり、半耐寒性常緑低木。茎や葉に特徴があり、白い産毛のような粉に覆われている様子からホワイトセージと呼ばれています。花は薄紫色の小さな花をつけ、咲き始めは白をしていますが、少しずつ淡い紫色に変化してきます。葉は細長くボート型をしていて、その使用方法はさまざまで、ミネラルやビタミンが豊富な事から、そのままサラダとして食用とされたり、また肉料理の臭みを消したり、肉料理との相性が良い為、香りづけとしても使用されています。乾燥したホワイトセージはハーブティーとしても人気が高く、リラックス効果があります。また乾燥したホワイトセージの葉は焚くと独特の清潔感ある香りが広がり、この香りもリラックスと集中力を高める効果があると言われています。  ホワイトセージは原産地であるアメリカカリフォルニア州南部のネイティブアメリカン(アメリカ原住民)との繋がりが深く、生活に利用され、神聖な植物として宗教儀式の中で焚いたり、煙をかぶったり、薬草として葉を食べたり、また食用にも用いられていました。  ホワイトセージの育て方 ▼ホワイトセージの詳しくはこちらへ  <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/herb/p92391/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">ホワイトセージ</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/herb" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">ハーブ</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/05/557e8caff24598c691dbeb6bc5b0dd70-300x200.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>ホワイトセージは正式名称がサルビア・アピアナで高さ1.5mほどになる常緑の低木です。アメリカのカリフォルニア州南西部に分布しており、茎や葉など全体が白っぽく見えることからホワイトセージと呼ばれています。葉は長さ15センチほどの楕円形で両面に細かな毛が生えています。葉には油分を含み、こするとセージの香りを一層強くしたような芳香があります。1mほど花茎をのばした先端に春に咲く花は白から淡いラベンダー色になり、ミツバチにとっての蜜源植物でもあります。特にネイティブアメリカンの生活に利用される機会が多く、宗教儀式の香として焚いたり薬草として葉を食べたり煙をかぶったり、また食用にも用いられています。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>

ホワイトセージ(サルビア・アピアナ)はシソ科アキギリ属、原産国はアメリカのカリフォルニア州南部から伝わって来た植物です。

高さ1.5m程になり、半耐寒性常緑低木。茎や葉に特徴があり、白い産毛のような粉に覆われている様子からホワイトセージと呼ばれています。花は薄紫色の小さな花をつけ、咲き始めは白ですが、少しずつ淡い紫色に変化してきます。

葉は細長くボート型をしその使用方法はさまざまです。そのままサラダとして食用とされたり、また肉料理の臭みを消したり、肉料理との相性が良い為、香りづけとしても使用されています。乾燥したホワイトセージはハーブティーとしても人気が高く、乾燥したホワイトセージの葉は焚くと独特の清潔感ある香りが広がり、この香りもリラックスすると言われています。

ホワイトセージは原産地であるアメリカカリフォルニア州南部のネイティブアメリカン(アメリカ原住民)との繋がりが深く、生活に利用され、神聖な植物として宗教儀式の中で焚いたり、薬草として使用されたり、また食用にも用いられていました。

▼ホワイトセージの詳しくはこちらへ

ホワイトセージ

  • ホワイトセージは正式名称がサルビア・アピアナで高さ1.5mほどになる常緑の低木です。アメリカのカリフォルニア州南西部に分布しており、茎や葉など全体が白っぽく見えることからホワイトセージと呼ばれています。葉は長さ15センチほどの楕円形で両面に細かな毛が生えています。葉には油分を含み、こするとセージの香りを一層強くしたような芳香があります。1mほど花茎をのばした先端に春に咲く花は白から淡いラベンダー色になり、ミツバチにとっての蜜源植物でもあります。特にネイティブアメリカンの生活に利用される機会が多く、宗教儀式の香として焚いたり薬草として葉を食べたり煙をかぶったり、また食用にも用いられています。

目次に戻る≫

ホワイトセージを浄化に使用していたネイティブアメリカンの文化

ホワイトセージは、アメリカ原住民である、様々な部族のネイティブアメリカンの儀式の中で、1000年以上前から「スマッジング」という方法で浄化の儀式が行われてきました。  ホワイトセージを使ったスマッジングって何? スマッジングのスマッジ(smudeg)には、燻すという意味があり、燻した煙で空間を清めたり、部族が成功を収める為や、精霊や先祖を呼び出したり、自分たち人間も自然の一部であるという解釈をし、母なる地球と繋がる為の大切な儀式として、宗教とは違い自然崇拝の文化の為に行われていました。自然の中に存在する火、水、風、植物、大地、空気など、地球上にあるすべての存在にスピリットが宿り、それらと調和を保ちながら生きる事を崇拝していたと言われています。  スマッジングはこうして行われました ネイティブアメリカンが行っていたスマッジングは様々な宗教儀式等を行う中で、四大要素と言われている「地、火、水、風」という存在を用いて、水を思わせる貝殻の上に、地から自然に生まれ這えてきたホワイトセージをのせ、火でホワイトセージを燃やし、風で仰ぎ煙を出す事で地球を浄化したと言われています。ホワイトセージを燃やしたあとの灰も神聖なものとして、色々な用途に大切に扱われています。

ホワイトセージは、アメリカ原住民である、様々な部族のネイティブアメリカンの儀式の中で、1000年以上前から「スマッジング」という方法で浄化の儀式が行われてきました。

ホワイトセージを使ったスマッジングって何?

スマッジングのスマッジ(smudeg)には、燻すという意味があり、燻した煙で空間を清めたり、部族が成功を収める為や、精霊や先祖を呼び出したり、自分たち人間も自然の一部であるという解釈をし、母なる地球と繋がる為の大切な儀式として、宗教とは違い自然崇拝の文化の為に行われていました。

自然の中に存在する火、水、風、植物、大地、空気など、地球上にあるすべての存在にスピリットが宿り、それらと調和を保ちながら共に生きる事を崇拝していたと言われています。

また、火を焚く事が邪気を焼き尽くすという意味合いを持ち、空間だけではなく、人やモノを浄化する時にホワイトセージを焚いたと言われています。

スマッジングはこうして行われました

ネイティブアメリカンが行っていたスマッジングは四大要素と言われている「地、火、水、風」という存在を大切にして、水を思わせる貝殻の上に、地から自然に生まれ這えてきたホワイトセージを乗せ、火でホワイトセージを燃やし、風で仰ぎ煙を出す事で、ホワイトセージを燃やしたあとの灰も神聖なものとして、色々な用途に大切に扱われています。

目次に戻る≫

ホワイトセージでワンドハンドルとドライリーフを作ってみよう

準備するもの  ・ホワイトセージ 数本  ・紐  ・ハサミ

■準備するもの

・ホワイトセージ 数本

・紐

・ハサミ

今回はお庭で育てたホワイトセージでワンドハンドルを作ってみる事にしました。根に近い方の分かれた枝を数本カットします。

今回はお庭で育てたホワイトセージでワンドハンドルを作ってみる事にしました。ホワイトセージの根に近い方の分かれた枝を数本カットします。

 

同じくらいの長さに切りそろえたホワイトセージの枝を準備します。長さを整える上でカットした葉も別にとして、とっておきましょう。

2~3本のホワイトセージを同じくらいの長さに枝をカットしておきます。枝の下の方の葉はドライリーフとして使用する為、葉は別にしてとっておきましょう。

 

長さを揃えたホワイトセージの葉を手で束ねます。

2~3本切りそろえておいたホワイトセージを手で束ねて行きます。

 

束ねたら、紐を巻き付けていきます。一本の茎に紐をかけます。

束ねたら、紐を巻き付けていきます。一本の茎に紐をかけます。

 

紐をかけたら、らせん状に葉の先まで、ホワイトセージをまとめる様にギュッと巻き付けていきます。

紐をかけたら、らせん状に葉の先まで、ホワイトセージをまとめる様にギュッと巻き付けていきます。

 

ホワイトセージの先端まで紐を巻き付けたら、また茎の方へ折り返して巻き戻して行きます。

ホワイトセージの先端まで紐を巻き付けたら、また茎の方へ折り返して巻き戻して行きます。

 

茎の最後まで巻き戻したら、紐の最後の部分を茎の中に掛けます。

茎の最後まで巻き戻したら、紐の最後の部分を茎の中に掛けます。

 

掛けた紐の最初と最後の部分を結んだら完成です。

最初に茎の先端に掛けた紐の最初と最後の部分を結んだら完成です。

 

完成したら、葉は3日ほど、ワンドハンドルは1週間から10日程、日陰で干したら完成です。

完成したら、風通しの良い日陰で干しましょう。

ドライリーフは3日~5日ほど乾かします。ワンドハンドルは1~2週間程干して乾燥させたら完成です。

秋から冬にかけては湿気も少なく綺麗な色で乾燥させやすい季節です。

梅雨時から夏にかけては湿気が多すぎたり、日光が強すぎたりして葉の色が変色したり、上手く乾燥しない場合がありますので、乾燥しにくい季節は、シリカゲル等の乾燥剤を使って乾燥させると、綺麗に乾燥させる事が出来ます。

目次に戻る≫

ホワイトセージを焚いてみよう

ホワイトセージの葉を3~5日程、日陰の風通しの良い場所で干したホワイトセージが乾燥しました。  乾燥させたホワイトセージはお香としても楽しめますが、お湯を注げばハーブティーとしても楽しむ事が出来ます。

日陰の風通しの良い場所で、干したホワイトセージの葉が乾燥しました。

乾燥させたホワイトセージはお香としても楽しめますが、お湯を注げばハーブティーとしても楽しむ事が出来ます。

ホワイトセージの葉と貝殻を準備します。貝殻が無い場合は、お皿や香炉、灰皿などでも良いでしょう。必ず耐熱性の器を準備します。

ホワイトセージの葉と貝殻を準備します。貝殻が無い場合は、お皿や香炉、灰皿などでも良いでしょう。必ず耐熱性の器を準備します。

 

ホワイトセージの葉の先に火をつけます。

ホワイトセージの葉の先に火をつけます。

 

ホワイトセージに火をつけたら、貝殻の上に載せます。火をつけても一度に燃える事はなく、お香の様にゆっくりと火が進んでいきます。乾燥したホワイトセージは軽量な為、風に飛ばされたりしない様に火をつけた後は気を付けて管理しましょう。  ※火をつけた後は火災にはくれぐれも注意しましょう。また、煙が多く出ますので、喉の調子やが悪い時や気管支炎の時は使用を控えましょう。焚いた後は窓を開けて換気が必要です。

ホワイトセージに火をつけたら、貝殻の上に載せます。火をつけても一度に燃える事はなく、お香の様にゆっくりと火が燃えて行きます。

乾燥したホワイトセージは軽量な為、風に飛ばされたりしない様に火をつけた後は気を付けて管理しましょう。

※火をつけた後は火災にはくれぐれも注意しましょう。また、煙が多く出ますので、体調の悪い時は使用を控えましょう。焚く時や焚いた後は窓を開けて換気が必要です。

ワンドハンドルを焚いてみよう

ワンドハンドルも焚いてみましょう。葉先を束ねた方に火をつけます。

ワンドハンドルも焚いてみましょう。葉先を束ねた方に火をつけます。

 

一枚で焚くドライリーフよりも煙が多く出る為、少量燃やすだけで香りを楽しめます。そのまま燃やすと長時間燃えてしまい、煙の量も多い為、香りを楽しんだら灰皿などで消し、燃えた先をハサミでカットして保管しておくと、次使用する時もホワイトセージの新鮮な香りを楽しめます。又は、少量をちぎって必要な分だけ焚く事も出来ます。保管する場合は湿気を含みやすい為、乾燥剤等を入れたビニール袋等に入れておくと長持ちします。  ※火をつけた後は火災にはくれぐれも注意しましょう。また、煙が多く出ますので、喉の調子が悪い時や気管支炎の時は使用を控えましょう。焚いた後は窓を開けて換気が必要です。

一枚で焚くドライリーフよりも煙が多く出る為、少量燃やすだけで香りを楽しめます。

一回焚くと、長時間焚くことができますが、途中でやめるときは、灰皿などで消し、燃えた先をハサミでカットして保管しておくと、次使用する時もホワイトセージの新鮮な香りを楽しめます。また、少量をちぎって必要な分だけ焚く事も出来ます。

保管する場合は湿気を含みやすい為、乾燥剤等を入れたビニール袋等に入れておくと長持ちします。

※火をつけた後は火災にはくれぐれも注意しましょう。また、煙が多く出ますので、体調の悪い時は使用を控えましょう。焚く時や焚いた後は窓を開けて換気が必要です。

目次に戻る≫

ホワイトセージまとめ

今回はホワイトセージを使って、ドライリーフとワンドハンドルを作ってみました。  古来よりネイティブアメリカンが空間を浄化したり、儀式をする時に聖なる植物として焚いたと言われるホワイトセージ。最近、ホワイトセージは日本だけではなく世界中で人気が出て来たハーブです。現在の暮らしの中でもリラックスしたい時の気分転換や、お部屋の匂い消しや、お掃除のの後リフレッシュ等にお香の様に焚いて楽しむ事が出来ます。  個性的な香りは気分がスッキリとし、少し焚いてみるだけで気持ちが切り替わったり、リラックスしたり明るい気分を運んでくれます。

今回はホワイトセージを使って、ドライリーフとワンドハンドルを作ってみました。

古来よりネイティブアメリカンが空間を浄化したり、儀式をする時に聖なる植物として焚いたと言われるホワイトセージ。

最近、ホワイトセージは日本だけではなく世界中で人気が出て来たハーブです。現在の暮らしの中でもリラックスしたい時の気分転換や、お部屋の匂い消しや、お掃除の後の仕上げのリフレッシュ等にお香の様に焚いて楽しむ事が出来ます。

個性的な香りは気分がスッキリとし、少し焚いてみるだけで気持ちが切り替わったり、リラックスしたり明るい気分を運んでくれます。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

▼関連ワード

「ホワイトセージの浄化方法とワンドハンドルの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

おすすめ