早めに苗を買いましょう。ミニトマトを買うならゴールデンウィーク中がおすすめです!

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

陽気が良くなってきて、ガーデニングをするのには最適なシーズンです。今年の夏に向けて、初めて野菜を育てることにチャレンジしようと思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、家庭菜園で人気のミニトマトについての流通事情についてご紹介します。

 

目次

野菜の苗の流通について

初めてならミニトマトがおすすめ

野菜の苗の流通について

今回のトマトなどの野菜苗と花苗との決定的な違いがあります。

トマトの苗は、期間限定の売り切り商品

草花の苗は、開花前~開花中のある程度の長い期間出回り続けますが、トマトは植え付けするのにベストな時期というのがあるので、作業が遅れると実つきに影響があります。そのため、ミニトマトの苗が市場に出回るのは、4月半ばあたりから5月までがピークです。

どの植物にも言える事ですが、年々、苗の出回り時期が早くなっている気がしますが、温室で育てた苗を露地に植えるのに適した時期は、4月後半以降~5月中がおすすめです。ハウスなどの温度管理が出来る場所がない方は、4月後半くらいから苗を購入するのが安全です。

 

期間限定の売り切り的な植物のため、いい苗からどんどん売れていきます。

一番野菜苗が売れるのが、ゴールデンウィーク。

まとまった時間があるので、庭仕事をしようと思う方が多いので、野菜苗は飛ぶように売れていくそうです。そのため、ゴールデンウィーク後半になると苗が品薄状態になってきます。いろいろな品種の中から好きなものを選びたいなら、苗は早めに購入することをおすすめします。

一方、しそやバジルなどの葉もの野菜などは、夏の間の長い期間購入可能です。

目次に戻る≫

初めてならミニトマトがおすすめ

大玉トマトは管理する過程での作業が若干難しいので、初めてトマトにチャレンジするのなら、ミニトマトをおすすめします。

大玉トマトは管理する過程での作業が若干難しいので、初めてトマトにチャレンジするのなら、ミニトマトをおすすめします。

地植えでもプランターでも栽培可能です。

 

最近は、こんなブラック系のトマトもあります。

最近は、こんなブラック系のトマトもあります。

 

イエローのミニトマト

イエロー

目次に戻る≫

 

今年は、ミニトマトにチャレンジしてみませんか。LOVEGREENからも、トマト苗の選び方についての記事を配信しています。

苗選びから、重要な管理ポイントなどを随時配信していきますので参考にしてみてくださいね!

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「早めに苗を買いましょう。ミニトマトを買うならゴールデンウィーク中がおすすめです!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】クリスマスローズ おまかせ3株セット (開花予定株 約13.5cmポット苗)

販売価格:5,940円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A