家庭菜園特集

9月19日の誕生花|サルビア

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

9月19日の誕生花は「サルビア」です。「サルビア」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

9月19日の誕生花

9月19日の誕生花は「サルビア」。

サルビア」の花言葉は「尊敬」「知恵」。

 

サルビアについて

科・属  シソ科・サルビア属
和名  サルビア
英名  Sage、Salvia
学名  Salvia
原産地  南米・北米
開花期  6月~11月

 

サルビアの特徴

サルビアの仲間は熱帯から亜熱帯に分布し900種以上に及び、ハーブや観賞用として幅広く利用されています。宿根性の種が多いですが一・二年草から木本性の低木になるものもあります。19世紀初頭にヨーロッパに伝わり改良が進みました。サルビアは耐暑性はありますが耐寒性は種によってさまざまで、多くのものは日当たりと水はけの良い環境でしかも乾燥しないところでよく育ちます。サルビアは暑さに強い性質や花期が長いことから夏から秋にかけての花壇材料によくつかわれ、公園や街路などの公共花壇でもよく用いられます。

燃え立つような濃い鮮やかな赤色の花が群れ咲く様子は、印象が強く、秋花壇では主役にもなります。育てやすく、もちろん鉢でも育てやすく、ガーデニング初心者でも試しやすい花です。サルビアは元々ラテン語で「健康」や「安心」という意味を持つ、salvasにちなみます。

 

サルビアの種類

サルビアの種類では燃えるような赤い花をつけるブラジル原産の「スプレンデンス」が最も一般的です。サルビアにはとても種類が多く、赤やピンク、紫、青、白などの花色があります。

サルビアの育て方など詳しい情報はこちら

サルビア

  • サルビアの仲間は熱帯から亜熱帯に分布し900種以上に及び、ハーブや観賞用として幅広く利用されています。サルビアは宿根性の種が多いですが一・二年草から木本性の低木になるものもあります。サルビアは19世紀初頭にヨーロッパに伝わり改良が進みました。耐暑性はありますが耐寒性は種によってさまざまで、多くのものは日当たりと水はけの良い環境でしかも乾燥しないところでよく育ちます。燃えるような赤い花をつけるブラジル原産の「サルビア・スプレンデンス」が最も一般的です。サルビアは暑さに強い性質や花期が長いことから夏から秋にかけての花壇材料によくつかわれ、公園や街路などの公共花壇でもよく用いられます。

サルビアの関連記事

関連ワード

「9月19日の誕生花|サルビア」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ