澄んだ空色が美しい!サルビア・アズレアの魅力

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

サルビアは、とても種類が多く、ハーブのセージもサルビアの仲間で、すべてのサルビアの品種の数は数百品種あります。毎年のように新品種が出てくるので、その数は増えるばかりです。

今回は、澄んだ空色が美しいサルビア・アズレアをご紹介します。

目次

サルビア・アズレア

サルビア・アズレアの特徴

サルビア・アズレアの育て方のポイント

サルビア・アズレアの苗の入手方法

サルビア・アズレア Salvia azurea

サルビアは、宿根性、1・2年草まで、品種がとにかく豊富です。昔からあるサルビアと言えば、燃えるような赤い花をつけるブラジル原産の「スプレンデンス」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。最近は、スプレンデンスも赤の他、白、ピンク、紫系濃淡など、色がとても豊富です。  サルビア・アズレアは、シソ科の多年草。サルビアは、初夏から秋の花ですが、品種によって開花期間が様々です。1年草扱いのスプレンデンスやブルーサルビアは、初夏から晩秋まで長く咲き続けますが、サルビア・アズレアは、開花時期が晩夏~秋にかけて咲くサルビアです。  サルビア・アズレアの開花期間は、図鑑やプランツタグなどを見ると7月~10月とか、8月~11月とか書かれていることが多いですが、東京だと夏の終わりの晩夏から咲き始めます。サルビアの中では、開花が遅いタイプの品種です。

サルビアは、宿根性、1・2年草まで、品種がとにかく豊富です。昔からあるサルビアと言えば、燃えるような赤い花をつけるブラジル原産の「スプレンデンス」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。最近は、スプレンデンスも赤の他、白、ピンク、紫系濃淡など、色がとても豊富です。

サルビア・アズレアは、シソ科の多年草。サルビアは、初夏から秋の花ですが、品種によって開花期間が様々です。1年草扱いのスプレンデンスやブルーサルビアは、初夏から晩秋まで長く咲き続けますが、サルビア・アズレアは、開花時期が晩夏~秋にかけて咲くサルビアです。

サルビア・アズレアの開花期間は、図鑑やプランツタグなどを見ると7月~10月とか、8月~11月とか書かれていることが多いですが、東京だと夏の終わりの晩夏から咲き始めます。サルビアの中では、開花が遅いタイプの品種です。

目次に戻る≫

サルビア・アズレアの特徴

サルビア・アズレアは一番小さな苗ものだと、ポット苗で販売されています。ポット苗だと開花前で20~30センチの若い苗のことが多いのですが、生長すると1.5メートル以上(場合によっては2メートル近く)になることもあります。とにかく背丈が高くなるサルビアです。

サルビア・アズレアの好みの環境は、日当たりが良く、風通しがよい場所、水はけがよい土が適しています。暑さ、寒さにも強いので、一度植え付けるとぐんぐんと伸びます。サルビアの中では、一番丈の高くなる品種のひとつです。

学名のアズレアは、空色(azurea)からついたようで、名前の通り、なんとも透明感のある空色で、背丈の高い空色の花が穂状にびっしりと咲く姿がとても美しく、目を引きます。

きれいな空色のサルビア・アズレア  ふと立ち寄った公園で咲いていたサルビア・アズレア。広い空間に植えると、とても目を引く草花です。きちっとおすましした雰囲気ではなく、自然に自由奔放に茎が伸びるので、ナチュラルガーデンに向いています。  背丈がある水色の花って意外と少ないので、水色好きな方はぜひお庭にいかがでしょうか。

きれいな空色のサルビア・アズレア

ふと立ち寄った公園で咲いていたサルビア・アズレア。広い空間に植えると、とても目を引く草花です。きちっとおすましした雰囲気ではなく、自然に自由奔放に茎が伸びるので、ナチュラルガーデンに向いています。

背丈がある水色の花って意外と少ないので、水色好きな方はぜひお庭にいかがでしょうか。

目次に戻る≫

サルビア・アズレアの育て方のポイント

サルビア・アズレア。春から夏まで数回切り戻しをすると、丈が抑えられて、花茎の数が多くなるので、花がたくさん咲きます。剪定次第で、花数がかなり変わってきます。

サルビア・アズレアは、春に芽吹いた葉や茎を一度も剪定しないと、とにかく背丈が伸びます。

そのため、春から夏頃までに何度か切り戻しをすると、分枝して脇芽がたくさんできるので、たくさんの花を楽しむことができます。

最初の切り戻しは、丈が30センチくらいになってから行い、数回切ると丈を抑えつつ倒れにくい姿になります。

茎が繊細なので、剪定をしないで伸ばし放題にしておくと、花数は少なくなり倒れやすくなります。春からの切り戻しがたくさんの空色の花を楽しむポイントです。また、大きくなることを想定して、隣の植物との間隔を広く開けて植えるのがおすすめです。

春から夏まで数回切り戻しをすると、丈が抑えられて、茎の数が多くなるので、花がたくさん咲きます。剪定次第で、花数がかなり変わってきます。

目次に戻る≫

サルビア・アズレアの苗の入手方法

初夏から秋まで苗を入手することができます。開花株だと、ポット苗ではなく、ある程度の直径のある鉢ものが、9月~10月ごろ出回ります。  サルビア・アズレアは背丈が高くなるので、どちらかと言うと地植え向きのサルビアです。  花が咲いていないポット苗の時は、まさか2メートル近くの丈になるとは思えない草姿ですが、根付けば間違いなく数年で大きくなりますので、植え場所は広いスペースを取る事がポイントです。

初夏から秋まで苗を入手することができます。ポット苗より開花株は9月~10月ごろ出回ります。サルビア・アズレアは背丈が高くなるので、どちらかと言うと地植え向きのサルビアです。

花が咲いていないポット苗の時は、まさか2メートル近くの丈になるとは思えない草姿ですが、根付けば間違いなく数年で大きくなりますので、植え場所は広いスペースを取る事がポイントです。

目次に戻る≫

私も以前、花壇に植えていたことがあったのですが、大きくなるサルビア・アズレアは狭いスペースなのに色々と植えたい私には不向きでした・・・。広い庭があったら、是非植えたいサルビアです。

サルビアの中ではアズレアは開花期間が短いですが、この空色が好きで植栽している方も多いです。水色の草花が好きな方にはおすすめです。広いスペースがある方は植えてみてはいかがでしょうか。

 

▼関連記事

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「澄んだ空色が美しい!サルビア・アズレアの魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ