水芭蕉(ミズバショウ)の育て方|植物図鑑

植物名
水芭蕉(ミズバショウ)
学名

Lysichiton camtschatcensis

英名
skunk cabbage
科名
サトイモ科
属名
ミズバショウ属
原産地
日本本州北部~東アジア北部

水芭蕉(ミズバショウ)の特徴

水芭蕉(ミズバショウ)は、カラーに似た花を咲かせるサトイモ科の多年草です。湿地や沼地に自生し、春に明るいグリーンの葉の間から「仏炎苞(ぶつえんぼう)」と呼ばれる花のようなものを出します。一枚の花びらのように見える白い部分は、正しくは花ではなく葉が変化したものです。花は中央の黄色い円柱状の部分です。

日本本州から北海道の寒冷地に自生しているような植物で、耐寒性は強いのですが夏の暑さに弱い傾向にあります。水芭蕉(ミズバショウ)は、秋から冬は休眠期に入ります。地上部が枯れたようになりますが、根は生きています。水を切らさないように管理しましょう。

水芭蕉(ミズバショウ)の変わった花の形状は、サトイモ科の植物に良く見られる特徴です。カラーやアンスリウム、スパティフィラム等全て、花びらのように見える部分は仏炎苞(ぶつえんぼう)と言って、葉が変化したものです。

水芭蕉(ミズバショウ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~60㎝
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色
開花時期 3~4月

水芭蕉(ミズバショウ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
開花

水芭蕉(ミズバショウ)の栽培環境

日当たり・置き場所

水芭蕉(ミズバショウ)は日当たりから、木洩れ日が当たる程度の半日陰を好みます。

用土

水芭蕉(ミズバショウ)は湿地から沼地を好みます。保水性のある用土にしましょう。荒木田土が適していますが、保水性があり肥沃な土壌であれば問題なく育ちます他の用土でも問題なく育ちます。

水芭蕉(ミズバショウ)の育て方のポイント

水やり

水芭蕉(ミズバショウ)は湿地で育てる植物です。一年を通して常に、土壌が湿った状態になるように管理しましょう。

肥料

花後、有機肥料を与えます。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

水芭蕉(ミズバショウ)の詳しい育て方

選び方

水芭蕉(ミズバショウ)の苗は、葉が幾重にも重なっていて、黄色や茶色に変化していないものを選びましょう。

種まき

水芭蕉(ミズバショウ)の種子は6~7月に熟します。水を張ったお皿などに種子を浮かべて発芽させます。発芽後は湿った肥沃な土壌に植え付けます。

植え付け

水芭蕉(ミズバショウ)の植え付けは春です。しっかりと水で湿らせた用土に、根鉢を動かさないようにして植え付けます。

植え替え・鉢替え

水芭蕉(ミズバショウ)の植え替えは春に行います。根鉢を崩さないように、新しい用土に植え替えましょう。

水芭蕉(ミズバショウ)の花は、3~4月に咲きます。グリーンの葉の間から、真っ白な仏炎苞(ぶつえんぼう)を出して、その中心に黄色の花穂を咲かせます。

収穫

6~7月に種子が出来ます。収穫出来たら種まきをしてみましょう。

夏越し

水芭蕉(ミズバショウ)は夏の暑さが苦手です。夏は木洩れ日程度の半日陰や、水が温まらないような場所に移動させましょう。水温が上がってしまった場合は、流水や水換えをして水温を下げるようにします。

冬越し

水芭蕉(ミズバショウ)は冬は休眠期です。地上部は枯れたようになります。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

水芭蕉(ミズバショウ)は株分けで増やせます。株分けは春に行います。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング