ラスティセージの育て方|植物図鑑

植物名
ラスティセージ
学名

Salvia lanceolata

科名
シソ科
属名
サルビア属
原産地
アフリカ

ラスティセージの特徴

ラスティセージは、ピンク~グリーン色のアンティークな色合いの花色とシルバーグリーンの葉が特徴の南アフリカ原産のセージです。

ラスティセージの花は、初夏から秋まで長く咲き続けます。花が散った後も、微妙な色合いのガクが残るので、ひとつの花を長い期間楽しむことができます。

ラスティセージの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 60~90cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 ピンク
開花時期 5月~11月

ラスティセージの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花

ラスティセージの栽培環境

日当たり・置き場所

ラスティーセージは日当たりがよく、風通しのよい場所に植えましょう。日光が足りないと徒長します。

用土

ラスティーセージは比較的乾燥に強いので、水はけのよい土が適しています。鉢植えのラスティーセージは草花用の培養土で問題なく育ちます。

ラスティセージの育て方のポイント

水やり

地植えのラスティーセージは根付いてからの水やりは必要ありませんが、真夏の日照りで土が割れてしまうほど雨が降らない場合は朝か晩に水やりをします。

鉢植えのラスティーセージは、乾いたらたっぷりと鉢底から水が流れ出てくるくらいを目安に水やりをします。比較的乾燥に強い植物なので、水のやりすぎには注意しましょう。

肥料

ラスティーセージは、さほど肥料をやらなくても開花します。鉢植えのラスティーセージは春と秋、また剪定や切り戻しをした後に緩効性化成肥料を施しましょう。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

ラスティセージの詳しい育て方

選び方

葉がきれいなシルバーグリーン色で株元まできれいに葉がついている苗を選びましょう。

植え付け

春と秋が植え付けの適時です。

仕立て方

ラスティセージは、開花するまでに数回切り戻しをしてから開花させると草丈を抑えられ、こんもりとボリュームのある株に仕立てることができます。

剪定・切り戻し

ラスティーセージは初夏の開花が一通り終わったら、切り戻しをしておくと秋に返り咲きます。

植え替え・鉢替え

鉢植えのラスティセージは、一年に一度一回り大きな鉢に植え替えましょう。その際に株分けすることもできます。

ラスティセージは初夏から秋まで長期間開花します。つぼみの時は明るいグリーン、開花するとピンク、花が散った後のガクはアンティークな色合いへと移ろう色の変化が美しい草花です。

ラスティセージは花が散ったあとも色づいたガクがとてもきれいなので、しばらく切らずに鑑賞することもできますが、次の花芽を作るためには、終わった花茎は剪定した方がよいでしょう。

ラスティセージは花が散ったあとも色づいたガクがとてもきれいなので、しばらく切らずに鑑賞することもできますが、次の花芽を作るためには、終わった花茎は剪定した方がよいでしょう。

夏越し

ラスティセージは特別な夏越しの必要はありません。

冬越し

ラスティセージの耐寒性は-5℃程度です。晩秋に株元で刈り込んでマルチングなどで防寒するとよいでしょう。

鉢植えのラスティセージは、霜の当たらない場所に鉢を移動させた方が確実に越冬できます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ラスティセージは挿し木と株分けで増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング