ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)
学名

Salvia viridis

和名
ムラサキサルビア
別名・流通名
サルビア・ホルミナム
科名
シソ科
属名
サルビア属
原産地
地中海沿岸

ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)の特徴

ペインテッドセージは、ミントに似た葉の形をしたハーブです。利用用途は主に観賞用で、春から初夏まで開花する一年草です。

頂点の色づいている花に見える部分は苞(ホウ)で、苞の下の部分にあるのが花です。花と葉の中間のような雰囲気なので、カラーリーフとして花壇や寄せ植えなどに使うと効果的です。花は切り花やドライフラワになり、市場でも流通しています。

ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)の詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 30cm~60cm
耐寒性 普通
耐暑性 弱い
花色 紫、ピンク、白
開花時期 4月~7月

ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花
肥料

ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)の栽培環境

日当たり・置き場所

ペインテッドセージは、日当たりと風通しの良い場所が適しています。

用土

水はけの良い土が適しています。市販の草花用培養土やハーブ用の土でも問題なく育ちます。

ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)の育て方のポイント

水やり

地植えのペインテッドセージは、根付いてからの水やりの必要はありません。

鉢植えのペインテッドセージは、土の表面が乾いたらたっぷりとを目安に水やりをします。

肥料

肥料は少なめで育ちます。開花中、花用かハーブ用の肥料を少なめに追肥する程度で十分です。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)の詳しい育て方

選び方

ペインテッドセージの苗は、初夏に出回ります。葉の色がきれいな若い苗を選びましょう。

種まき

暖地では秋まき、寒冷地では春まきが一般的です。

種まきは育苗ボックスなどにまき、本葉が2~3枚になったらポット苗に移植して育苗します。または、ポットに数粒まいて良い芽を残して育苗すると移植の手間が省けます。

植え付け

ペインテッドセージを育てる場所は、日当たりと風通しが良い場所が適しています。霜が降りる時期の植え付けは避けましょう。

地植えは秋のうちに定植した方が花をたくさん楽しめます。

摘芯(摘心)・摘果

ペインテッドセージは摘芯をしないで育てた場合は、50cm以上になります。摘心をすると茎数が多く、低めのしっかりとした苗に仕立てることができます。

剪定・切り戻し

夏前までの一年草なので大幅な切り戻しは必要ありません。

ペインテッドセージ

ペインテッドセージは、まずはじめに花が開花する前に苞の頂点の部分が色づき始めます。その後、徐々に下に向かって色がついてきたころ、苞の下に位置する花が開花します。名前の通りペンキで塗ったように色づいていくので、若い苗か種から育てると、この不思議な経過を見ることができます。

 

ペインテッドセージ

苞の部分が茶色くなったら摘み取りましょう。

収穫

ペインテッドセージは切り花として流通しています。また、花はドライフラワーにもなります。

夏越し

ペインテッドセージは、高温多湿を嫌うため、夏前までの一年草です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング