ハボタン(葉牡丹)の育て方|植物図鑑

植物名
ハボタン(葉牡丹)
学名

Brassica oleracea

英名
Flowering kale
和名
葉牡丹
科名
アブラナ科
属名
アブラナ属
原産地
ヨーロッパ

ハボタン(葉牡丹)の特徴

ハボタン(葉牡丹)は冬の殺風景な景色を彩るアブラナ科の植物です。ヨーロッパから輸入された当時は食用として出回っていましたが、現在では観賞用として栽培されるのが一般的です。見た目、形はキャベツを連想させる造りになっています。キャベツからハボタン(葉牡丹)へ品種改良された為、この様な形になっていると言われています。葉は円形状で幾重にも重なっていて、ふちをギザギザや丸でかたどっています。色は外側が緑、内側が白もしくは紫で構成されています。牡丹のようにも見えることから「葉牡丹」と名付けられました。また、ハボタン(葉牡丹)の茎はグングンと生長し、種類によっては100㎝を超すものまで。伸びすぎた茎は支柱が必要になります。

ハボタン(葉牡丹)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 黄色
開花時期 11~3月(鑑賞期)

ハボタン(葉牡丹)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
肥料
鑑賞期

ハボタン(葉牡丹)の栽培環境

日当たり・置き場所

ハボタン(葉牡丹)は日当たりをのよい環境を好みます。

用土

ハボタン(葉牡丹)は通気性と保水性を持った土を好みます。市販の花用の培養土でも問題なく育ちます。

ハボタン(葉牡丹)の育て方のポイント

水やり

地植えのハボタン(葉牡丹)は、根付いてからの水やりは必要ありません。鉢植えのハボタン(葉牡丹)は、土の表面が乾いたらたっぷりとを目安に水やりをしましょう。

肥料

ハボタン(葉牡丹)は、窒素分を多く与えすぎると葉がきれいに発色しないので、与えすぎには注意しましょう。追肥は葉や生長具合を確かめながら与えます。

病害虫

アブラナ科の植物はとても害虫が付きやすいので、常日頃から株の様子をチェックし、早めに対処しましょう。

ハボタン(葉牡丹)の詳しい育て方

選び方

ハボタン(葉牡丹)の苗を購入する際は、下葉まできれいな状態のものを選びましょう。

種まき

ハボタン(葉牡丹)の種まきは7月~8月です。ハボタン(葉牡丹)の種をまいた後は薄く土を被せます。

植え付け

ハボタン(葉牡丹)の苗の大きさに合わせて、株間20~40㎝の間隔をとります。株が蒸れないように風通しの良い環境で育てましょう。

剪定・切り戻し

剪定は花が咲き終わった後の4月~5月頃に行います。

ハボタン(葉牡丹)は冬の寒さに当たると、春にとうが立ち、黄色い花を咲かせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング