ロウバイ(蝋梅)の育て方|植物図鑑

植物名
ロウバイ(蝋梅)
学名

Chimonanthus praecox

英名
Winter sweet
和名
蝋梅
科名
ロウバイ科
属名
ロウバイ属
原産地
中国

ロウバイ(蝋梅)の特徴

ロウバイ(蝋梅)はロウバイ科の中国原産の落葉低木です。初春に蝋(ロウ)でコーティングしたような質感の淡い黄色の花を咲かせます。花には芳香があります。ロウバイ(蝋梅)と名がついていますが、梅の仲間ではありません。花の少ない1~2月頃に明るい黄色の小花を枝の先に咲かせます。葉は花の後に出てきます。

ロウバイ(蝋梅)の仲間は園芸品種も数種あります。従来のロウバイ(蝋梅)は花の中心部が赤黒くなっているのが特徴です。園芸品種の中には花芯まできれいなクリーム色のロウバイ(蝋梅)もあります。

ロウバイ(蝋梅)は非常に強健で、あまり土壌を選びません。半日陰くらいでも花を咲かせます。昔から庭木として人気の花木です。初心者でも育てやすいと言えます。

ロウバイ(蝋梅)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 2~4m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 黄色
開花時期 1~2月

ロウバイ(蝋梅)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け
剪定

ロウバイ(蝋梅)の栽培環境

日当たり・置き場所

ロウバイ(蝋梅)は半日陰でも育てられますが、日当たりが良いほうが花付きは良くなります。

用土

ロウバイ(蝋梅)は肥沃で水はけの良い土壌を好みます。

ロウバイ(蝋梅)の育て方のポイント

水やり

表土が乾いたらたっぷりと与えます。庭植えのロウバイ(蝋梅)は根付いてからは特に水やりの必要はありません。降雨に任せます。夏季など高温と乾燥が続くような時は、様子を見て水やりを行います。

鉢植えのロウバイ(蝋梅)は鉢底から水が流れ出てくるくらい、たっぷりと水やりします。

肥料

特に必要ありません。土が痩せてきたと思ったら腐葉土をたっぷりと漉き込むか、緩効性肥料を与えます。

病害虫

特に病害虫の被害はありません。

ロウバイ(蝋梅)の詳しい育て方

選び方

ロウバイ(蝋梅)は主幹がしっかりとしていて、葉の色つやの良い株を選びましょう。

種まき

ロウバイ(蝋梅)の種まきは秋にまき、春に発芽するサイクルです。発芽から開花までには数年かかります。

ロウバイ(蝋梅)は種から育てると親株と同じ花が咲かないこともあります。

植え付け

ロウバイ(蝋梅)の植え付けは冬の厳寒期を避けた、落葉期に行いましょう。

仕立て方

ロウバイ(蝋梅)の若木は細く華奢なので、必要に応じて支柱を立てるようにしましょう。

剪定・切り戻し

ロウバイ(蝋梅)の剪定は、花後に混みあった枝やヒコバエを整理するように剪定します。ロウバイ(蝋梅)は自然樹形のきれいな庭木です。ほとんど剪定の必要はありません。

植え替え・鉢替え

鉢植えのロウバイ(蝋梅)は2~3年に1度鉢底から根が見えてきたら、1~2回り大きな鉢に植え替えます。植え替えはは冬の厳寒期を避けた、落葉期に行います。

ロウバイ(蝋梅)の花が咲くのは1~2月頃です。明るい黄色の砂糖菓子か蝋(ロウ)コーティングのような質感の花を咲かせます。花には芳香があります。

夏越し

ロウバイ(蝋梅)にとって夏は生長期です。高温と乾燥が続くような時は、様子を見て水やりを行います。夏の水やりは午前中に行うように注意してください。日中の水やりは土中の温度を上げて、根を傷める原因となりますので避けましょう。

冬越し

ロウバイ(蝋梅)は落葉して越冬します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ロウバイは種まきで増やせます。

雪中四友のひとつである蝋梅(ロウバイ)

雪中四友(せちゅうのしゆう)とは、冬の最中に花を咲かせる蝋梅(ロウバイ)、玉梅、茶梅、水仙の4種類の植物のことを指す言葉です。昔から絵画のテーマとして好まれてきました。 玉梅は、白い梅の花のこと。茶梅は山茶花(さざんか)を指します。

蝋梅(ロウバイ)は、まだ花が少なく寒い時期に春の到来を感じさせる花として、昔から愛されてきたことが分かります。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング