蝋梅(ロウバイ)とは?名前の由来や花言葉、育て方、剪定方法、香りの魅力

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

蝋梅(ロウバイ)の花をご存じですか?花の少ない季節に香りの良い花を咲かせてくれる庭木です。蝋梅(ロウバイ)の名前の由来や花言葉、育て方、剪定方法、香りの魅力や英語の名前まで、詳しく紹介します。

目次

蝋梅(ロウバイ)とは?基本情報

ロウバイ

  • 学名:Chimonanthus praecox
  • 科名・属名:ロウバイ科ロウバイ属
  • 分類:落葉低木

蝋梅(ロウバイ)の特徴

蝋梅は中国原産の落葉低木。寒い季節に淡いクリーム色の花を咲かせます。蝋梅の花は香りが良く、花びらには厚みがあります。花の後から出てくる葉は楕円形でツヤはありません。

蝋梅にはいくつかの品種があります。花の中心部が赤紫色をしているロウバイの他に、中心部が黄色や白のソシンロウバイという園芸品種があります。ソシンロウバイは香りが良く花も大きいことや、花芯まで黄色で美しいことから人気があります。

ロウバイ(蝋梅)

  • ロウバイ(蝋梅)はロウバイ科の中国原産の落葉低木です。初春に蝋(ロウ)でコーティングしたような質感の淡い黄色の花を咲かせます。花には芳香があります。ロウバイ(蝋梅)と名がついていますが、梅の仲間ではありません。花の少ない1~2月頃に明るい黄色の小花を枝の先に咲かせます。葉は花の後に出てきます。 ロウバイ(蝋梅)の仲間は園芸品種も数種あります。従来のロウバイ(蝋梅)は花の中心部が赤黒くなっているのが特徴です。園芸品種の中には花芯まできれいなクリーム色のロウバイ(蝋梅)もあります。 ロウバイ(蝋梅)は非常に強健で、あまり土壌を選びません。半日陰くらいでも花を咲かせます。昔から庭木として人気の花木です。初心者でも育てやすいと言えます。

蝋梅(ロウバイ)の名前の由来

蝋梅は花の質感が蝋でコーティングしたようだから「蝋梅」という名前が付けられたと言われています。

また別説では、花の咲く時期が臘月(ろうげつ)と呼ばれる太陰暦12月の頃だから、臘月の臘の字と梅を併せて「臘梅」と呼ばれるようになったとも言われています。

蝋梅(ロウバイ)と梅の違い

梅と蠟梅

蝋梅はロウバイ科ロウバイ属の落葉低木、梅はバラ科サクラ属の落葉低木です。蝋梅と梅の違いは、まったく違う植物であるということ。

蝋梅は梅の花が咲く頃に香りの良い花を咲かせること、花が蝋を塗ったような質感であることから「梅」に例えられて蝋梅と名が付いたと言われています。

蝋梅(ロウバイ)と黒花蝋梅(クロバナロウバイ)の違いとは?

  • 植物名:クロバナロウバイ
  • 学名:Calycanthus floridus
  • 科名・属名:ロウバイ科クロバナロウバイ属
  • 分類:落葉低木

蝋梅と名の付く植物に黒花蝋梅(クロバナロウバイ)という植物があります。北アメリカ原産のロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木。初夏にチョコレート色の香りの良い花を咲かせます。蝋梅はロウバイ科ロウバイ属なので、近いけれど厳密には違う植物です。

目次に戻る≫

蝋梅(ロウバイ)の花言葉

蠟梅の花言葉を紹介します。

  • 慈愛

蝋梅らしい優しい花言葉です。

 

目次に戻る≫

蝋梅(ロウバイ)の花咲く季節

蠟梅(ロウバイ)

蝋梅の花の咲く季節は1月~2月。まだ鼻の先が赤くなるくらい寒い時期に蝋梅の花は咲き始めます。冬の寒いさなかに目の覚めるような優しい香りの花を咲かせます。

蝋梅の花はカスタードクリームのような柔らかく明るい黄色で、蝋でコーティングしたような半透明の質感が魅力です。

蝋梅は切り花でも楽しめます。花き市場では12月頃から花の咲いた蝋梅の枝が流通し始めます。水揚げが良く、長く花を楽しめる枝物です。蝋梅を玄関に飾ると、帰宅時にうっとりするほどの芳香を楽しめます。

目次に戻る≫

蝋梅(ロウバイ)の実

ロウバイの実

初春の花が終わり、楕円形の大きな葉が青々と繁っている夏に、葉の間をかき分けるように探すと蝋梅の実を見つけられます。楕円形でラグビーボールのような独特のフォルムをしています。

蝋梅の実を割ると中に数個の種子が入っています。蝋梅の種子は発芽率が高く、土にまいておくと割と容易に発芽してくれます。ただし、この発芽したものが木になって花を楽しめるようになるには数年の時間がかかるようです。

蝋梅の実の毒

蝋梅の実は食用にはなりません。アルカロイドを含んでいるとのことなので、間違っても口にしないように注意してください。

目次に戻る≫

蝋梅(ロウバイ)の香り

蠟梅(ロウバイ)

蝋梅の花には何とも言えない香りがあります。梅と同じ時期に開花し、同じように香りの良い花を咲かせることから「梅」と名前に付きますが、梅とはまったく違う香りです。

蝋梅の香りは、梅のように目の覚めるような爽やかな香りではなく、もっと甘く優しい香りです。水仙のすっきりとした香りとも違います。風に乗ってどこからともなく優しい香りがしてきたら、周囲を見回してみてください。蝋梅のクリーム色の花が咲いているかもしれません。

目次に戻る≫

蝋梅(ロウバイ)の育て方

蠟梅(ロウバイ)

場所・用土

日当たりと水はけの良い場所を好みます。鉢植えの蝋梅は市販の園芸用培養土で問題なく育てられます。

水やり

庭植えの蝋梅は根付いてからは特に水やりの必要はありません。降雨に任せます。鉢植えは表土が乾いて白っぽくなったら、鉢底から流れ出てくるくらいたっぷりと水やりしましょう。

肥料

寒肥として12月に緩効性肥料を施します。

剪定

花後の3月に剪定を行います。横に枝を広げるので暴れた枝や込み合った枝を整理します。またこの時に植えている場所に応じてサイズを整えるようにしましょう。

挿し木

蝋梅は接ぎ木か種まきで増やします。挿し木では根付きにくいと言われています。

接ぎ木を自宅で行うのは少し難しいので種まきで増やす方法がおすすめです。蠟梅は発芽率が高く、種まきで容易に増やせます。ただし、成木になり花を楽しめるようになるには5~7年の辛抱が必要です。

目次に戻る≫

蝋梅(ロウバイ)を英語で

蝋梅の英語の名前を紹介します。

  • winter sweet(ウィンタースウィート)

寒いさなかに甘く優しい香りの花を咲かせる、蝋梅にぴったりの名前です。学名のChimonanthusもギリシャ語で冬を意味するcheimonと、花を意味するanthosに因んでいるそうです。

目次に戻る≫

蝋梅はお庭に植えれば良く花を咲かせてくれて、切り花にしても長く楽しめる花木です。冬の乾燥した青い空の下で明るいクリーム色の花を咲かせる蝋梅。蝋梅の魅力を知って、もっと身近に感じてください。

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「蝋梅(ロウバイ)とは?名前の由来や花言葉、育て方、剪定方法、香りの魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス