オタフクナンテン(お多福南天)の育て方|植物図鑑

植物名
オタフクナンテン(お多福南天)
学名

Nandina domestica cv. Otafukunanten

英名
Nandina
和名
お多福南天
科名
メギ科
属名
ナンテン属
原産地
日本

オタフクナンテン(お多福南天)の特徴

お正月の縁起物として知られる「ナンテン(南天)」の改良品種です。 剪定なしで放っておいても自然と丸い樹形になってくれます。丈が低く、日陰にも耐えるので北側のグランドカバーにもおすすめ。水やりの手間もほとんどかかりません。 常緑なので冬でも緑の葉を眺められる一方、秋霜にあたると紅葉してくれます。夏場にはやや黄緑がかるのも涼しげで。改良品種にありがちな病害虫への弱さもなく、いいことずくめのオタフクナンテンです。 和風のイメージが強い植物ですが、実は様々な相手にマッチします。紅葉する冬はハボタンと組み合わせるのもいいですね。

オタフクナンテン(お多福南天)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑

オタフクナンテン(お多福南天)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
増やし方
肥料
開花

オタフクナンテン(お多福南天)の栽培環境

日当たり・置き場所

半日陰で育てます。日陰でも耐えますが、鮮やかな紅葉になりません。また風が強く、乾燥した場所では葉が黒ずんでしまいます。

用土

水持ちのよい肥沃な粘土質の用土を好みます。

オタフクナンテン(お多福南天)の育て方のポイント

水やり

庭植えなら真夏に日照りが続く時以外、特に水やりの必要ありません。鉢植えは土の表面が乾いてから、たっぷり与えます。

肥料

肥料はさほど必要としません。春の生育期と秋の結実前に、リン酸を多く含む肥料を少量与えます。葉を育てる窒素分の肥料はあまり必要としません。

病害虫

カイガラムシがつきやすいので、見つけ次第すぐにこすり落としてします。結実した後は鳥による食害に気をつけましょう。
カイガラムシがつくと樹液を吸われてしまい、株が弱り生育も悪くなり衰え枯れてしまいます。カイガラムシは国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々であり、カイガラがあるのとないものもいます。野菜や果樹、草花、サボテン、ラン、観葉植物と様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。

オタフクナンテン(お多福南天)の詳しい育て方

選び方

徒長しておらず枝ぶりにボリュームのある苗木を選びます。最初から見ばえのする5号鉢以上の苗を購入するのがおすすめです。

種まき

原種であるナンテンと異なり、種をつけません。3月頃、挿し木で増やします。赤玉土や鹿沼土に挿し、発根まで日陰で管理します。

植え付け

庭植えの場合は周囲によく堆肥、牛糞を混ぜ込んでおきます。根に布の巻いてある苗はそのまま植え付けます。

剪定・切り戻し

成長が遅く、樹高もさほどではないので、剪定の必要はほとんどありません。蒸れないよう、込み合った枝を除く程度です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング