十二の巻(じゅうにのまき)の育て方|植物図鑑

植物名
十二の巻(じゅうにのまき)
学名

Haworthia fasciata

科名
ユリ科
属名
ハオルシア
原産地
南アフリカ

十二の巻(じゅうにのまき)の特徴

白いしま模様が特徴の硬い葉を持つ「硬葉系」の種類で、ハオルシアの中では身近に手に入れることができる品種です。比較的丈夫で育てやすく、可愛い見た目から親しまれています。成長はゆっくりなので、あまり大きくさせたくない方にもおすすめです。

十二の巻(じゅうにのまき)の詳細情報

園芸分類 多肉植物、ハオルシア
草丈・樹高 ~20cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 普通
花色
開花時期 春~夏

十二の巻(じゅうにのまき)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植替え・株分け
肥料
開花

十二の巻(じゅうにのまき)の栽培環境

日当たり・置き場所

風都市の良い所、生育期の春と秋は午前中だけ日が当たるような所で管理をします。夏は直射日光を避け、風通しの良い半日陰の所が好ましいです。日当たりが強すぎると赤っぽくなりますので、そのような症状が出た場合は日差しが強いというサインです。

温度

冬は5度以上は保てるようにします。0度まで耐えることができますが、弱る可能性があります。

用土

水はけの良い用土を使用します。園芸店やホームセンターで手に入る多肉植物用の用土を使用しましょう。

十二の巻(じゅうにのまき)の育て方のポイント

水やり

春と秋は2,3週間に1度、または土がカラカラに乾いてから与えます。乾かし気味の管理で大丈夫です。
夏と冬は生育が鈍りますので、断水か与えても数カ月に1度
夏は朝や夕方などの涼しい時間帯に与えましょう。真夏は特に土の表面が湿るくらいの量に留めておきます。
冬は断水または表土が湿る程度、霧吹きで与える程度の量で与えます。与える時間帯は、昼間の気温が高い時がいいでしょう。

肥料

春と秋の生育期に薄めた液肥か少量の緩効性肥料を与えても良いでしょう。

病害虫

ワタ虫やカイガラムシがつくことがあります。見つけ次第、ピンセットなど使って取り除くか、たくさんいる場合はブラシでこすり落とすか薬剤を散布して殺虫・予防に努めましょう。それらの虫がつくと葉の表面がガタガタになったり、形が悪くなってしまいます。

十二の巻(じゅうにのまき)の詳しい育て方

選び方

がっしりとした株、ヒョロヒョロと伸びていない株を選びましょう。真ん中の新芽部分が茶色っぽくなって腐っていないかもチェックしましょう。

植え替え・鉢替え

1~2年に一度鉢がパンパンであれば植え替えをします。根についた古い土を全部落とし、根を3分の1くらい切ります。同時に茶色くなった古い根をすべて落とし、白い根を残します。新しい土を入れ、一回り大きな鉢か同じ大きさの鉢に植え替えましょう。生育時期である春か秋が適期です。

春から夏にかけて細長い茎を伸ばし小さいユリのような花を咲かせます。あまり目立たない花ですので、花より葉のほうが観賞価値が高いでしょう。

夏越し

真夏の日差しは強すぎるので木陰のような場所で管理します。日が強すぎると赤褐色色になりますので、そのような色になった場合はもう少し日陰の場所で管理をし様子を見ます。しばらくすると緑色に戻ります。
風通しを良くし、水やりはジョーロでサーっとやる程度、土の表面が湿る程度の量で与えます。

冬越し

5度以下にならない場所で管理をし、水やりを極力控えます。数か月に1度の頻度でいいでしょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分けで増やします。子株が横から出てきますので、それらを親株から根をなるべくつけて離していきます。古い土はすべて落としましょう。
時間はかかりますが葉挿しもできます。その際、きちんと付け根から葉を剥がします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング