LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

新生活グリーン特集

ユーフォルビア|植物図鑑1-6件 / 全6件

ハナキリン(花麒麟)

  • 原産はマダガスカル。葉や茎、根に水分を貯める多肉植物です。砂漠などの劣悪な環境でも育つ為非常に丈夫です。ただ反対に寒さに弱いのが欠点です。室内で育てるのに適した植物と言えるでしょう。ハナキリンは茎にとげがあります。育てる場合は、水やりなどで手を痛めないように気を付けてください。ハナキリンは長い期間花を咲かせます。気温を一定に保てる場所に保存していると一年中花を楽しめるのが特徴です。花は茎の先端についている直径5mmほどの黄色い丸の部分を差します。その周りに二枚ほど色の付いた花弁の様なものが付いておりこれが花に見えますが、実は苞(ほう)という色つきの葉です。この苞を見てハナキリンを楽しみます。

マハラジャ(ユウヤケサンゴ)

  • 「マハラジャ」は、トウダイグサ科ユーフォルビア属で、この属にはユニークな形の植物がたくさんあります。なかでも、マハラジャは街の園芸店ではあまり売られていない、珍しいユーフォルビアです。怪獣のような、扇のようなウネウネうねったユニークな形と独特な雰囲気で人気があります。全身に鋭いトゲがあるので、触る時には注意が必要です。また、表面を傷つけると白い液体がにじみ出てきますが、毒性があるので触れたら手を洗いましょう。

ホワイトゴースト

  • その名の通り「白い幽霊」を思わせる不思議なフォルムです。美しい白い色味とフォルムで人気の多肉植物です。育てるのは意外と容易なので初心者の方でも安心です。お部屋のアクセントなどにもなるので、インテリアグリーンとしても人気が高いです。大変希少な種であり、サボテンと同じように乾燥気味の環境を好みます。

白樺麒麟(シラカバキリン)

  • 白樺キリンは、多肉植物のユーフォルビアの一種。まるでサボテンのような外見をしています。比較的育てやすい品種です。乾燥を好み暑さにもある程度耐えます。一方冬の寒さには弱いため、冬越しをする際は霜や凍結に注意します。

スザンナエ(瑠璃晃)

  • 「ユーフォルビア・スザンナエ」は多肉植物で、ユーフォルビアの中でも人気があります。流通名で「ドラゴンボール」と呼ばれているのも目にします。個体によって様々な形があり、またトゲトゲも触っても痛くなく、育てやすさ見た目のユニークさからも初心者にオススメの多肉植物です。日光が好きではありますが、あまりにも直射日光を当てすぎてしまうと葉焼けしてしまう場合があるので、その点だけ注意しましょう。

ミルクブッシュ

  • 乾燥した地域に自生している植物で、棒状の茎をいくつも分岐させながら生長します。「ブッシュ」という名の通り、薮状に生い茂ります。自生地での樹高は、9mくらいにまで大きくなります。新芽が次々と出て全体的なボリュームを増していきますので、小さな鉢から大きな鉢まで好みの大きさで仕立てる事が可能な多肉植物です。

人気の植物ランキング