2019年の処暑(二十四節気)はいつ? |暦のある暮らし

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

処暑の場合

初侯-綿柎開く(わたのはなしべひらく) 
綿花の花が終わり、がくの部分(柎:はなしべ、うてな、花の萼のこと)が開いて綿花(綿糸の原料となる綿)をつける時期です。

次侯-天地始めて粛し(てんちはじめてさむし) 
天も地も、始めて粛す(身が引き締まるほど厳しい)気候になる時期です。

末侯-禾乃登る(こくものみのる) 
禾は、穀物のツンツンした先端の毛のような部分ですが、禾乃で穀物のことを表します。さまざまな穀物が実ってくる時期です。

暑さがひと段落するタイミングで、日によっては夏の服装だとハッと身が引き締まるほどの寒さを感じることがあるこの時期は、花が終わり穀物や綿花など実りの秋の始まりとなります。

目次に戻る≫

処暑(しょしょ)とは? どういう意味? 

処暑は二十四節気の第14節目です。

「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」

という言葉が江戸時代に発行された暦便覧(こよみびんらん)にあります。 暑さが処する、と書いて処暑。処には、止まるという意味があり、暑さもひと段落し、朝晩は涼しさのある風が吹き始めます。穀物をはじめとした実りの時期でもありますが、台風シーズンの到来でもあります。

目次に戻る≫

処暑(しょしょ)はいつごろ? 2019年はいつ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2019年の処暑は8月23日です。また、8月23日から次の二十四節気の次の第15節、白露の9月8日までの15日間ぐらいを指します。

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の処暑である新暦の8月23日ごろに咲く花を見てみましょう。

ケイトウ

ケイトウは熱帯地域では多年草ですが日本では寒さで枯れてしまうため一年草となっています。赤い穂状の花が鶏のとさかのようなところから、ケイトウ(鶏頭)という名前がついています。

植物名 ケイトウ(鶏頭)
学名 Celosia cristata
英名 Cockscomb
科名

ヒユ科

属名

ケイトウ属

原産地

アジア、アフリカ、アメリカの熱帯域

ケイトウは熱帯地域では多年草ですが日本では寒さで枯れてしまうため一年草となっています。赤い穂状の花が鶏のとさかのようなところから、ケイトウ(鶏頭)という名前がついています。

▼ケイトウについてはこちらの記事もチェック!

 

ホトトギス

ホトトギスはこの時期から秋まで開花する多年草です。花びらの斑点模様が特徴的です。鳥のホトトギスにある胸の斑点に似ていることからこの名前が付きました。

植物名  ホトトギス(杜鵑)
学名 Tricyrtis hirta
英名 Japanese toadlily
科名  ユリ科
属名

ホトトギス属

原産地

日本、東アジア

ホトトギスはこの時期から秋まで開花する多年草です。花びらの斑点模様が特徴的です。鳥のホトトギスにある胸の斑点に似ていることからこの名前が付きました。

▼ホトトギスについてはこちらの記事もチェック!

目次に戻る≫

季節を感じることば

二百十日

雑節(節分や八十八夜など)のひとつで、立春から数えて二百十日目のことを指します。2018年の二百十日は9月1日です。二百十日の日は台風が多い厄日として言われていますが、言い伝えです。富山県のお祭りである「おわら風の盆」などは風鎮めのためのお祭りです。

目次に戻る≫

処暑に旬を迎える食べ物

秋刀魚

秋刀魚を店頭で見かけるようになると、「ああ秋だなあ」と思いませんか。生の秋刀魚は9月から10月の一か月間が旬です。8月末ごろから北海道沖で水揚げが始まります。9月の初旬にはさんま祭なども各地で開催されますね。

みずみずしくおかおりが良い果実の梨。お盆のころになると梨を見るようになります。10月ごろまで出回りますが、出始めのこの時期の梨が一番おいしいと言われています。

目次に戻る≫

暑さが続いて梨や秋の香りがする植物・果物を生活に取り入れて、心持から涼しくすごすのもいいかもしれませんね。

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2019年の処暑(二十四節気)はいつ? |暦のある暮らし」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

『暮らし・インテリア』デイリーアクセスランキング

おすすめ