2018年の立冬(二十四節気)はいつ?暦のある生活

小野寺葉月

小野寺葉月

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

立冬(りっとう)とは? どういう意味?

立冬(りっとう)はいつごろ? 2018年はいつ?

季節を感じる花

季節を感じることば

立冬に旬を迎える食べ物

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

立冬の場合

初侯-山茶始めて開く(つばきはじめてひらく) 
サザンカが始めて開く時期。つばき、とあるがサザンカのことを指します。

次侯-地始めて凍る(ちはじめてこおる) 
地面が始めて凍る時期。

末侯-金盞香ばし(きんせんこうばし) 
金盞は水仙のこと、というのが現在の定説です。水仙の花がかぐわしく咲くころ。

サザンカが咲き始める時期です。緑輝く照葉樹のサザンカは、仲間のツバキより先んじて花をつけます。外気温がぐっと下がり、地面が凍りだします。また、球根植物であるスイセンが咲き始めるころ、とありますが、この記事をお読みの皆さんは「ん?」と思うのではないでしょうか。水仙って、早くても12月中旬から開花ですよね。立冬は

目次に戻る≫

立冬(りっとう)とは? どういう意味? 

立冬は二十四節気の第19節目です。

「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也」

という言葉が江戸時代に発行された暦便覧(こよみびんらん)にあります。今年初めて冬の気配(気立ち)を感じ、いよいよ寒くなって行く時期です。

目次に戻る≫

立冬(りっとう)はいつごろ? 2018年はいつ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2018年の立冬は11月7日です。また、11月7日から次の二十四節気の次の第20節、小雪の11月22日までの15日間ぐらいを指します。

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の立冬である新暦の11月8日ごろに咲く花を見てみましょう。

ヒイラギ

植物名 ひいらぎ(柊)
学名 Osmanthus heterophyllus
英名 Chinese-holly
科名

モクセイ科

属名

モクセイ属

原産地

東アジア

クリスマスに飾るヒイラギはセイヨウヒイラギですが、こちらのヒイラギは節分に飾るヒイラギです。ヒイラギはこの時期に白いちいさな花を咲かせます。この花、何かに似ているんです。そう、キンモクセイ!キンモクセイと同じモクセイ科であるヒイラギは、キンモクセイよりは柔らかな、いい香りがします。

サザンカ

植物名 山茶花(サザンカ)
学名 Sasanqua (camellia)
英名 Sasanqua (camellia)
科名

ツバキ科

属名

ツバキ属

原産地

日本

サザンカは照緑樹で、ツバキにそっくりですが歯の大きさがツバキよりやや小さく、葉のうちにギザギザがある場合が多いです。花が、一重のタイプと八重のタイプがあり、花の咲く時期が10月~12月です。ツバキの花が咲く時期は12月~4月と春にかけてなので、この時期に咲いているのはサザンカです。

▼サザンカについてはこちらの記事もチェック!

目次に戻る≫

季節を感じることば

七五三

七五三は、七つまでは神様の子どもとして考えれらていたことをベースに、3歳、5歳、7歳それぞれに神社へお参り(七五三詣で)に行き、子供の成長を神様に見ていただき、今後の健やかな成長を願う、というものです。千歳飴は、「細く長く」長寿を願っています。

目次に戻る≫

立冬に旬を迎える食べ物

ほうれん草

アカザ科の葉物野菜です。一年中スーパーで見かけるほうれん草ですが、旬のほうれん草は栄養価が高くなります。また、関東地方の路地物で、寒気に触れさせることでほうれん草の甘味を引き出した、縮みほうれん草も最近人気です。

白菜

白菜が美味しくなってくる時期は、霜が降りたごろから始まります。寒さに触れると、ぎゅっと葉の密度が濃くなり(結球)、味が濃くなります。

目次に戻る≫

立冬の七十二侯・末侯-金盞香ばし(きんせんこうばし)についてですが、水仙は11月に咲く花ではありませんよね。七十二侯が作られた時代は今と気候が違い、水仙が咲いていたのでしょうか?

ニホンスイセンは中国で「金盞銀台(きんさんぎんだい)」という名前で呼ばれていました。これは、白い花弁(正確には萼片)を銀色のお盆、山吹色の副花冠を金の盃に見立てたものです。このことから、この七十二侯は水仙がかぐわしく咲くころ、と言われるようになったものと思われます。

「金盞」という名がつく花はもう一つあります。「金盞花」キンセンカです。キンセンカの花期は長く、12月ごろから5月ごろにかけてです。また、キンセンカにはアロマにも使われるような強い芳香があります。水仙はおおむね1月から2月にかけて咲くため、「金盞香ばし(きんせんこうばし)」はキンセンカのことを指すのではないかな・・・?と、個人的見解では思っています。

▼編集部のおすすめ

 

▼関連ワード

「2018年の立冬(二十四節気)はいつ?暦のある生活」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
小野寺葉月
小野寺葉月

短大で草木染など染織を学び、卒業後雑貨チェーンで観葉植物などのバイヤーに従事。産後、高知の牧野記念植物園へ行ったことがきっかけで植物絵を描き始める。植物に備わっている美しさを共有するためにイラストを描く。Botapiiでもエディブルガーデン12ヶ月や星占いページでイラストを連載中。LOVEGREENでは、家族がお掃除のプロとして働いているので、植物を絡めたお掃除術など、実践したくなる記事やイベントなどの情報や実践したくなる記事をメインに配信。自身のイラストを盛り込んだ記事も作成。

おすすめ