紫陽花(あじさい)のリースを作ろう♪アーティフィシャルフラワー

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

アーティフィシャルフラワーのあじさいを使ったリースの作り方をご紹介します。使うアーティフィシャルフラワーはあじさいのみなので、色のグラデーションを考えるだけでとても簡単にリースを作ることができます。ひとつ作っておくと、あじさいの季節に毎年飾ることができるのでとってもおすすめです。梅雨の季節にあじさいのリースを飾って爽やかな気分で過ごしましょう!

目次

アーティフィシャルフラワーとは

アーティフィシャルフラワーのおすすめポイント

あじさいのアーティフィシャルフラワーを使ってリースを作ってみよう!

あじさいのアーティフィシャルフラワーで梅雨の季節を爽やかに

アーティフィシャルフラワーとは

アーティフィシャルフラワーとは、「生花」の代わりとしてつくられた高品必な「造花」です。 造花と聞くとあまり良いイメージが無いかもしれませんが、この頃は近くから見ても生花に劣らないリアルな造花がたくさんあります。生花のような自然な色彩で染色され、茎や葉も本物にとても近い仕上がりになっています。インテリアの中に造花を取り交ぜて飾るととってもおしゃれな空間になります。

アーティフィシャルフラワーとは、「生花」の代わりとしてつくられた高品必な「造花」です。
造花と聞くとあまり良いイメージが無いかもしれませんが、この頃は近くから見ても生花に劣らないリアルな造花がたくさんあります。生花のような自然な色彩で染色され、茎や葉も本物にとても近い仕上がりになっています。インテリアの中に造花を取り交ぜて飾るととってもおしゃれな空間になります。

目次に戻る≫

アーティフィシャルフラワーのおすすめポイント

質の良いアーティフィシャルフラワーは生花より値段が少し高い場合もありますが、とにかくお手入れが簡単。枯れることが無いので、時々ほこりをはたいてあげるだけで長い間楽しめます。植物は好きだけどなかなか生花を飾る自信が無い方や、忙しくて時間が無い方にもとってもおすすめです。  できるだけ直射日光を避けて飾ると、色あせを防ぐことができます。アーティフィシャルフラワーは、長い目で見ると実はとってもリーズナブルです。

質の良いアーティフィシャルフラワーは生花より値段が少し高い場合もありますが、とにかくお手入れが簡単。枯れることが無いので、時々ほこりをはたいてあげるだけで長い間楽しめます。植物は好きだけどなかなか生花を飾る自信が無い方や、忙しくて時間が無い方にもとってもおすすめです。

できるだけ直射日光を避けて飾ると、色あせを防ぐことができます。アーティフィシャルフラワーは、長い目で見ると実はとってもリーズナブルです。

目次に戻る≫

あじさいのアーティフィシャルフラワーを使ってリースを作ってみよう!

では、さっそくリースを作っていきましょう。

準備するもの

・アーティフィシャルフラワーのあじさい ・リース台

・アーティフィシャルフラワーのあじさい
・リース台

 

・はさみ ・グルーガン ・グルースティック ・ワイヤー

・はさみ
・グルーガン
・グルースティック
・ワイヤー

手順

リース台をうめられるくらいのボリュームのあじさいを使って、全体のグラデーションをイメージします。 この写真のグラデーションは、パープル、淡いグリーン、濃いグリーン、ホワイトの順で、同じ色をグルーピングして配置しています。  今回は、もう一工夫してパープルを2か所に分けて作成していきます。

リース台をうめられるくらいのボリュームのあじさいを使って、全体のグラデーションをイメージします。
この写真のグラデーションは、パープル、淡いグリーン、濃いグリーン、ホワイトの順で、同じ色をグルーピングして配置しています。

今回は、もう一工夫してパープルを2か所に分けて作成していきます。

 

あじさいの花を小分けにカットしします。

あじさいの花を小分けにカットしします。

 

ワイヤーをU字にして紫陽花の茎にひっかけて沿わせ、一本のワイヤーを軸にして巻きおろします。 この作業をワイヤリングといいます。

ワイヤーをU字にして紫陽花の茎にひっかけて沿わせ、一本のワイヤーを軸にして巻きおろします。
この作業をワイヤリングといいます。

 

ワイヤリングした紫陽花のワイヤーを、挿しやすい長さにカットしてリース台に挿していきます。  ぎゅうぎゅうに詰めすぎず、でもすかすかにならずふんわりとした雰囲気を保ちながらリース台を一周うめていきます。  リースの外側や内側から見た時にリース台がむき出しにならないようにバランスよく挿していきます。一周挿し終わったら、少し離れた所から全体を見てバランスが悪い所を直します。

ワイヤリングした紫陽花のワイヤーを、挿しやすい長さにカットしてリース台に挿していきます。

ぎゅうぎゅうに詰めすぎず、でもすかすかにならずふんわりとした雰囲気を保ちながらリース台を一周うめていきます。

リースの外側や内側から見た時にリース台がむき出しにならないようにバランスよく挿していきます。一周挿し終わったら、少し離れた所から全体を見てバランスが悪い所を直します。

 

グルーガンを使って外側から一周、内側から一周、残りの真ん中も、紫陽花のワイヤー部分とリース台を接着させて完成です。  裏側に麻紐やワイヤーで輪っかを付けると壁に飾ることができます。

グルーガンを使って外側から一周、内側から一周、残りの真ん中も、紫陽花のワイヤー部分とリース台を接着させて完成です。

裏側に麻紐やワイヤーで輪っかを付けると壁に飾ることができます。

目次に戻る≫

あじさいのアーティフィシャルフラワーで梅雨の季節を爽やかに

毎年、あじさいの季節になるとアーティフィシャルフラワーで作ったあじさいのリースを飾ります。  アーティフィシャルフラワーは直射日光や雨風にはそれほど強くないので室内に飾ることをおすすめしますが、その季節限定と決めて玄関ドアに飾ってとても美しいです。2~3シーズンくらいなら問題なく綺麗に使えると思いますよ。だんだんと色があせてきますが、それもアンティーク風として楽しめばいいかなと思います。  リース台やグルーガンは、最近では100均でも購入できます。初めての方は小さいリースからぜひ作ってみて下さい。

毎年、あじさいの季節になるとアーティフィシャルフラワーで作ったあじさいのリースを飾ります。 アーティフィシャルフラワーは直射日光や雨風にはそれほど強くないので室内に飾ることをおすすめしますが、その季節限定と決めて玄関ドアに飾ってとても美しいです。2~3シーズンくらいなら問題なく綺麗に使えると思いますよ。だんだんと色があせてきますが、それもアンティーク風として楽しめばいいかなと思います。 リース台やグルーガンは、最近では100均でも購入できます。初めての方は小さいリースからぜひ作ってみて下さい。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「紫陽花(あじさい)のリースを作ろう♪アーティフィシャルフラワー」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ