ゴムの木の植え替えなどの管理方法と挿し木での増やし方

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

ゴムの木って肉厚で楕円形の葉が可愛らしいですよね!ゴムの木は観葉植物の中でも育てやすいので、初めて買った観葉植物がゴムの木という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ゴムの木は園芸品種が多数あり、斑入りのゴムの木などは日光によく当てると赤く色づき非常に綺麗です。

今回はゴムの木の植え替え方法や管理方法、さらには挿し木での増やし方をご紹介します!

目次

ゴムの木とは

園芸品種が多数あり、斑入りのゴムの木などは日光によく当てると赤く色づき非常に綺麗です。

ゴムの木はクワ科フィカス属に分類されるインド~東南アジアが原産の植物です。ゴムの木はインドが原産地なので、インドゴムの木という名前で流通したりします。こちらの方が馴染みがあるという方も多いのではないでしょうか。

ゴムの木は現地や温暖な地域で地植えにすると30m以上にまで生長する植物です。日本での鉢植え栽培ではまずそこまで大きくなることはないので、安心してください。

ゴムの木は園芸品種が多数あり、斑入りのゴムの木は日光が良く当たる場所に置いておくと赤く色づき非常に綺麗です。通常のゴムの木も斑入りのゴムの木も強健で初心者の方にピッタリな観葉植物となっています。

目次に戻る≫

ゴムの木の植え替え

買ってきたばかりのゴムの木や1~2年経ったゴムの木は根詰まり(根が鉢いっぱいに張っている状態)を起こしていることがあるので、一回り大きい鉢に植え替える必要があります。

根詰まりを起こしていると根が水を吸えなくなり、根腐れを起こしてしまいます。また、植え替えのときにあまりに大きい鉢に植え込んでしまうと、根が水を吸う量と、土に含まれる水の量とのバランスが崩れてしまい、常に湿っている状態になってしまいます。そうすると蒸れてしまい根腐れを起こしてしまうので、植え替えのときに使用する鉢は一回り大きいものがおすすめです。

では早速植え替えをしてみましょう!

買ってきたばかりのゴムの木や1~2年経ったゴムの木は根詰まり(根が鉢いっぱいに張っている状態)を起こしていることがあるので、一回り大きい鉢に植え替える必要があります。  根詰まりを起こしていると根が水を吸えなくなり、根腐れを起こしてしまいます。また、植え替えのときにあまりに大きい鉢に植え込んでしまうと、根が水を吸う量と、土に含まれる水の量とのバランスが崩れてしまい、常に湿っている状態になってしまいます。  そうすると蒸れてしまい根腐れを起こしてしまうので、植え替えのときに使用する鉢は一回り大きいものがおすすめです。  では早速植え替えをしてみましょう!  まず、観葉植物用の土2、赤玉土1、鹿沼土1を用意します。

まず、観葉植物用の土2、赤玉土1、鹿沼土1を用意します。

 

よく混ぜ合わせれば完成です!

よく混ぜ合わせれば完成です!

 

土が用意出来たら鉢に鉢底石を入れます。  鉢底石は通気性と排水性を高める役目があるので必ず入れてください。

土が用意出来たら鉢に鉢底石を入れます。

鉢底石は通気性と排水性を高める役目があるので必ず入れてください。

 

土を少量入れます。

土を少量入れます。

 

ゴムの木を鉢から出し、古い土を丁寧に落とします。

ゴムの木を鉢から出し、古い土を丁寧に落とします。

 

ゴムの木をバランス良く配置して、周りに土を入れていきます。

ゴムの木をバランス良く配置して、周りに土を入れていきます。

 

最後に水をたっぷりあげれば植え替えの完成です!

最後に水をたっぷりあげれば植え替えの完成です!

目次に戻る≫

 

 

\ゴムの木を剪定するときのポイントとは?/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ゴムの木の植え替えなどの管理方法と挿し木での増やし方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ