観葉植物「フィカス・ウンベラータ」の植え替えをしよう。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

簡単にできる植え替え

今回は高さ約60cmのフィカス・ウンベラータを植え替えます。ポトスの植え替え時期は成長期前の5月や6月が一番ベストではあります。しかしウンベラータの様子によっては植え替えが必要な場合も。ウンベラータの様子を見て、根詰まりしないためにも1~2年に一度は植え替えをしましょう。

植え替えが必要な時って?

・鉢底から根が見えていたり、出ている。

・水を与えても吸水が遅い・水はけが悪い

こんな時は根詰まりの可能性や、水はけが悪いため根腐れの原因になりかねません。植え替えを考えた方がよいでしょう。

 

植え替えに用意するもの

・鉢
・鉢底ネット
・鉢底石
・スコップ
・土
IMGP8164 

土は市販の観葉植物の土でもよいです。今回は自分で配合しました。

ブレンド内容

赤玉土(小粒)6 腐葉土:2 バーミキュラ:1 鹿沼土:1

元の土にバーミキュライトと鹿沼土が入っていたので入れてみました。赤玉土:7 腐葉土:3でもよいでしょう。
IMGP8168
 

1.鉢底にネットと軽石を入れる

鉢底に鉢底ネットを敷いて、軽石を入れます。水はけが良いようにします。
IMGP8173    

 

2.ポットから出して、根の整理

やさしく手で古い土を払いましょう。根がポリポットの中で巻いていましたので古い根はハサミでカットします。
IMGP8167

 

3.土を入れる

フィカス・ウンベラータを鉢に入れ用土を入れていきます。隙間ができないように指やソイルスティック(割り箸などでもOK)を使って馴染ませながら植えていきます。
IMGP8174

 

ぐらつかないようにトントン。整えて完了です。
IMGP8179

 

5.たっぷりお水を!

植え替えたら、鉢底からお水が出るくらいに、たっぷりと与えます。水の後に鉢底皿に水が溜まったままにはならないように水は捨てましょう。葉水もお忘れなく。
IMG_4559

普段のお手入れは?

置き場所

フィカス・ウンベラータは耐陰性があり、室内で楽しむのに向いています。しかしながら日光は好みます。できるだけ日当たりの良い場所での管理が望ましいです。真夏の直射日光は苦手なので、ガンガン日が当たる窓辺の場合はレースカーテン越しにするか、少し窓辺から離すなどの工夫をしましょう。

水やり

春・秋:土が乾いたら
夏:土の表面が乾き始めたら
冬:土が乾いてから2~3日後

鉢底穴から水が流れ出るくらいたっぷりと与えましょう。葉が大きく蒸散作用が活発なので、1年を通じて、霧吹きで葉に水をかけてやることも大事です。。特に水やりを控えめにする冬場の霧吹きは必須です。
unbe

ウンベラータの様子をみて、植え替えが必要なときはメンテナンスをかねて植え替えをしましょう。

▼フィカス・ウンベラータの育て方はこちら

 

21q ▼観葉植物に関する記事
観葉植物の魅力や育て方などの記事を紹介します。
図1

 

▼関連ワード

「観葉植物「フィカス・ウンベラータ」の植え替えをしよう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ