観葉植物のおしゃれな飾り方。インテリアとうまく合わせるポイント!

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ポトス

*サトイモ科ハブカズラ属 *Epipremnum aureum *別名:黄金葛(オウゴンカズラ)  昔からおなじみのとても丈夫な観葉植物。水挿しでも簡単に増やすことが出来るのも魅力的ですね。

*サトイモ科ハブカズラ属
*Epipremnum aureum
*別名:黄金葛(オウゴンカズラ)

昔からおなじみのとても丈夫な観葉植物。水挿しでも簡単に増やすことが出来るのも魅力的ですね。ライムポトスやマーブルクイーンなどお好みの種類を選べます。

ポトス

  • ポトスは熱帯地域原産のツル性観葉植物で、モンステラなどと同じ定番の観葉植物です。日本では葉が小さくハンギング用の鉢に植えられていることが多いですが、ヘゴ棒などで上へ向かうように仕立てると葉が大きくなり、モンステラのような切れ込みが入るようになります。逆に、ポトスを下垂させるようにすると葉は小さくなり、よく見かける形状のものになります。

    ポトスの名前で一般的に流通しているのはEpipremnum aureum という種類で、多くの園芸品種が作られています。また、沖縄を含む世界の亜熱帯~熱帯に帰化・定着している例が見られます。

     

 

ハートカズラ

*ガガイモ(キョウチクトウ)科セロペギア属 *Ceropegia woodii *別名:ラブチェーン  ハート型の葉っぱとシックな色合いが特徴の植物。乾燥にも強く育てやすいです。垂れ下がるハート型がかわいいですね。

gi_logo_grey

*ガガイモ(キョウチクトウ)科セロペギア属
*Ceropegia woodii
*別名:ラブチェーン

ハート型の葉っぱとシックな色合いが特徴の植物。乾燥にも強く育てやすいです。垂れ下がるハート型がかわいいですね。

ハートカズラ

  • ハートカズラはセロペギア属、ガガイモ(キョウチクトウ)科で常緑ツル性多年草の多肉植物です。ハート型の葉がたくさん連なる姿から別名「ラブチェーン」とも呼ばれています。また、恋が実る植物とも言われているそう。夏に細長い棒状で赤紫色の花を咲かせます。

 

エレンダニカ

*ブドウ科シッサス属 *Cissus rhombifolia 'Ellen Danica'  同じブドウ科のツタと同じように巻きひげを使ってつるを伸ばしていきます。長さ5cmから10cmぐらいの切れ込みのある3枚の葉が特徴で、濃い緑色で光沢のある葉をしています。耐陰性があり明るい日陰でも育ちます。エレンダニカは大き目の葉が特徴のグレープアイビーの園芸品種の一つです。

gi_logo_grey

*ブドウ科シッサス属
*Cissus rhombifolia ‘Ellen Danica’

同じブドウ科のツタと同じように巻きひげを使ってつるを伸ばしていきます。長さ5cmから10cmぐらいの切れ込みのある3枚の葉が特徴で、濃い緑色で光沢のある葉をしています。耐陰性があり明るい日陰でも育ちます。エレンダニカは大き目の葉が特徴のグレープアイビーの園芸品種の一つです。

シッサス

  •  

    ブドウ科シッサス属に属するツル性植物及び低木の総称です。熱帯・亜熱帯を中心に300種類以上あると言われています。中でも観葉植物として有名なのは、シッサス・エレンダニカやカンガルーアイビー、グレープアイビーなどです。葉に切れ込みが入っているのが特徴で、育てやすく人気の品種です。繁殖力も旺盛で、剪定した枝を挿し木にすれば増やすことができます。

     

 

アイビー

*ウコギ科キヅタ属 *Hedera *別名:西洋木蔦(セイヨウキヅタ)  つる性のグリーンと言ったらアイビーを思い浮かべる方も多いのでは? 日陰でも屋外でも育つその丈夫さと種類の多さで人気者ですね。

gi_logo_grey

*ウコギ科キヅタ属
*Hedera
*別名:西洋木蔦(セイヨウキヅタ)

つる性のグリーンと言ったらアイビーを思い浮かべる方も多いのでは? 日陰でも屋外でも育つその丈夫さと種類の多さで人気者ですね。

アイビー

  • アイビーはウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物で、属名のヘデラの名前でも流通しています。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。アイビーは性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビーは家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。アイビーは水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。アイビーは耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

目次に戻る≫

観葉植物の管理について

水やり 土が乾いたら鉢底からお水が溢れ出すくらいたっぷりと与えましょう。土が乾かない状態が続くと、コバエやカビが発生したり病気となる原因になります。水やりをしたら、風通しのいいところで管理。冬場は寒いので観葉植物の生長も遅くなります。水やりの頻度も控えましょう。霧吹きで葉にお水をかけてあげると、葉にのっていた埃が取れたり、病害虫対策にもあります。  置き場所 観葉植物の種類によって異なります。育てる観葉植物のすきな環境を頭に入れて置き場所を考えましょう。春先から夏場は直射日光に当てると葉が焼けてしまうので注意。冬場は寒いので暖かい場所で管理します。

gi_logo_grey

水やり

土が乾いたら鉢底からお水が溢れ出すくらいたっぷりと与えましょう。土が乾かない状態が続くと、コバエやカビが発生したり病気となる原因になります。水やりをしたら、風通しのいいところで管理。冬場は寒いので観葉植物の生長も遅くなります。水やりの頻度も控えましょう。霧吹きで葉にお水をかけてあげると、葉にのっていた埃が取れたり、病害虫対策にもあります。

置き場所

観葉植物の種類によって異なります。育てる観葉植物のすきな環境を頭に入れて置き場所を考えましょう。春先から夏場は直射日光に当てると葉が焼けてしまうので注意。冬場は寒いので暖かい場所で管理します。

 

いかがでしたか? 観葉植物の飾り方はまだまだ沢山。自分好みのインテリアとあわせて植物のあるすてきなお部屋づくりをしてみてくださいね。

いかがでしたか? 観葉植物の飾り方はまだまだ沢山。自分好みのインテリアとあわせて植物のあるすてきなお部屋づくりをしてみてくださいね。

目次に戻る≫

▼観葉植物×インテリアの記事をあわせて読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「観葉植物のおしゃれな飾り方。インテリアとうまく合わせるポイント!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ