新生活グリーン特集

森のサボテン!? 人気上昇中の「リプサリス」に注目!

持永久美子

持永久美子

公開日 :

最近お店でよく見かけるようになったリプサリス。育てやすいのはもちろん、その垂れ下がるようにして育っていく独特な容姿がおしゃれなインテリアにもぴったり!ありがちな植物ではなくちょっと通っぽく見えるリプサリスは人気急上昇中の植物なんです。基本情報や飾り方、人気の種類をご紹介します。

 

目次

リプサリスとは

おすすめの種類と飾り方

増やし方

 

リプサリスとは

多肉植物のようにぷっくりしたものが多いリプサリスですがサボテン科のリプサリス属で葦サボテンの一種になります。様々な色や形状があり種類も約60種類と豊富です。 

サボテンと言えば日光大好き&乾燥した場所を好むイメージがありますが、リプサリスの自生地は熱帯雨林のジャングル。樹木や岩などに着生しているので「森のサボテン」とも呼ばれています。なのでサボテン科なのに直射日光は苦手、乾燥にも強いけど空中湿度が多い環境を好みます。基本的な育て方は直射日光の当たらない明るい室内で土が乾いたらたっぷりのお水やり、あとは霧吹きをまめにすること。まさに室内で育てるインドアグリーンとしてぴったりなんです。

 

おすすめの種類と飾り方

リプサリス・スティッキリー

学名 Rhipsalis steckel

円筒状のやや太めの茎を伸ばして成長します。まっすぐな茎なので絡まりにくくスタイリッシュな印象のお部屋にもぴったり。垂れ下がって伸びていくので高い棚に置いたりハンギング仕立てで楽しみましょう。

 

小さなクリーム色の花が咲きます。花後はぷっくり丸い実が付きます。しばらくすると半透明になって中に種が出来てました。

 

リプサリス・青柳

学名 Rhipsalis cereuscula

緑色の米粒のような小さな茎が密に連なり、うっすら毛が生えています。

 

育てていくと白い花が咲きます。プニプニ見ているだけでも癒されるのでオフィスの机の上やキッチンの窓辺にいかがでしょうか?

 

リプサリス・カスッサ

学名 Rhipsalis cassutha 別名 アマノカワ(糸葦)

リプサリスの中でも細長い茎が特徴的です。

 

いくつにも枝分かれしながら垂れ下がるように成長します。マクラメプラントハンガーとの相性もバッチリです。

 

新芽の色がかわいいですね!

 

リプサリス・フロストシュガー

学名 Rhipsalis pilocarpa

お砂糖をまぶしたように細かな毛にうっすら覆われています。飾り棚にちょこんと置いてもそのユニークな姿が目をひきますね。

 

リプサリス・エワルディアナ

学名 Rhipsalis ewaldiana

細い枝が枝分かれし上に伸びていきます。

 

ある程度の長さになったら垂れ下がってきますので吊りベースなどにも合います。

 

リプサリス・ホーレティアナ

学名 Rhipsalis houlletiana

ノコギリの様な葉が特徴的。大鉢のハンギングが一鉢あるだけでお部屋の雰囲気が良くなりますね。

 

増やし方

リプサリスの葉のように見えるのは茎の変化したもので「葉状茎」と呼ばれています。その茎には継ぎ目が沢山あり挿し木で簡単に増やせることが出来ます。リプサリスを扱っていてポキっと折れたりしても大丈夫。その茎をしばらく乾燥させてから土に挿しておくと根が出てきます。水栽培で花瓶に入れるだけでも根っこが出てくる位なので本当に丈夫な植物です。

海外では管理が楽なのでEasy Care Plants(イージーケアプランツ)とも呼ばれているリプサリス。サボテンだけどサボテンとは違うしなやかな容姿でどの種類も個性的。他の植物とはちょっと違う魅力たっぷりのリプサリスのご紹介でした。

▼関連記事

 

▼関連ワード

「森のサボテン!? 人気上昇中の「リプサリス」に注目!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

持永久美子
持永久美子

平田ナーセリーで園芸店勤務後、P2&Associates Inc.にてインドアプランツ専門店Plants・Plantsのマネージャーとして新店舗立ち上げ・接客・販売・在庫管理等の業務に従事。植物だけでなく、動物や雑貨も大好きです。結婚を機に東京に移り、子供と一緒に植物のある生活を楽しんでいます。LOVEGREENでは、観葉植物のおしゃれな飾り方や実践したくなるライフスタイル提案、実際に自宅で育てている植物の写真を使った記事を配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ