面白い形が多い「ユーフォルビア」って知ってる?

kumaken

kumaken

22804views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、雑誌でも話題になった「珍奇植物」といった、一見カタチの変わった植物がブームになっています。

特に変わった形の植物は、多肉植物に分類されるものが多く、たくさんの種類がいます。サボテンや塊根植物(コーデックス)も多肉植物になります。

そして、今回紹介する「ユーフォルビア」には、サボテンにそっくりのものや、形が非常に面白い種類が多く存在します。今回は、そんな「ユーフォルビア」についてご紹介したいと思います。

そもそもユーフォルビアって?

ユーフォルビアとは、トウダイグサ科の属名であり、つまりトウダイグサ科の中のひとつの分類された植物ということになります。

そしてユーフォルビアは、地球上におよそ2000種以上もいると言われています。
Euphorbia sp. on Mount Ribaue

 

その中でも、多肉植物だけでなく、一年草、多年草などの植物と多く分類されています。どの種類の植物も、ユニークな個性的な容姿をしています。

この種の特徴は、茎や葉、幹の切り口から白くて粘着質のある液体を出します。

この白い液体は毒性があり、人によっては触れてしまうと皮膚かぶれることもあります。もし液体が手に付いてしまった場合、目をこすらないように注意しましょう。

知らない方も多いかもしれませんが、クリスマス前に多く出回る「ポインセチア」も実はユーフォルビアの仲間です。
Euphorbia columnaris

 

多肉系のユーフォルビア

彼らの形態は、とてもユニークで、アフリカやマダガスカル、アラビア、インド、メキシコに生息しています。砂漠地を好むものもいれば、湿地を好むものまで多くの仲間がいると言われています。

まるまるとしたかわいいオベサ。サボテンではないのです。
%e3%82%aa%e3%83%99%e3%82%b5  

多肉系のユーフォルビアは、およそ500種ほどの種類がいるそうです。多いですね。

こちらの南国感あふれる植物は、怪魔玉(かいまぎょく)と言われる種。
%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%82%ae%e3%83%a7%e3%82%af

 

 

多肉系のユーフォルビアは、日光が大好きです。

春先や夏場の強い直射日光は気を付けましょう。水のあげすぎには注意です。

 

続きを読む

Pages: 1 2

「面白い形が多い「ユーフォルビア」って知ってる?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

kumaken
kumaken

花屋さんで2年半店舗に配属していました。農業高校出身で、畑やビオトープでの実習、植物バイオテクノロジーを学び、高校3年次にはタンポポの在来種の研究をしていました。幼少期から生き物が好きで、山や自然で過ごしたことも多い根っからの植物男子です。 現在は、LOVEGREEN編集部ディレクターとして花・植物の記事を編集、ライティングしています。自宅では、たくさんの個性的な植物たちと暮らしています。

オススメ特集