寒い冬も元気!うさぎ型ビオラを使った春まで楽しめる寄せ植えの作り方

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

まるで「うさぎの耳」のような可愛いビオラを、クローバーと寄せ植えします。うさぎの耳のように咲くビオラは、よく見てみると形も大きさも色もみんな違って本当に可愛いです。寄せ植えを作る前に、ビオラとクローバーを着せ替えのように色々組み合わせてみました。あなたの好きな雰囲気の組み合わせはどれですか?春まで楽しめる寄せ植えを作りましょう。

目次

ビオラについて

クローバーについて

ビオラとクローバーを着せ替えのように組み合わせてみよう

ビオラとクローバーの寄せ植えの作り方

ビオラとクローバーの寄せ植えのその後

春まで楽しめる寄せ植え

ビオラについて

ビオラはスミレ科の耐寒性一年草。寒さに強く、10月~5月頃までの長期間を屋外で楽しめる育てやすい花です。  今回はビオラの中でも、まるで「うさぎの耳」のように咲くビオラを選びました。  細長い花弁がうさぎの耳のように見えることから、うさぎ型のビオラとして人気があります。小さなうさぎが太陽に向かって咲きそろう姿は、とってもキュートです。  日なたと水はけのよい用土を好みます。花がらを摘み、次の花をどんどん咲かせましょう。定期的に追肥します。

ビオラはスミレ科の耐寒性一年草。寒さに強く、10月~5月頃までの長期間を屋外で楽しめる育てやすい花です。

今回はビオラの中でも、まるで「うさぎの耳」のように咲くビオラを選びました。

細長い花弁がうさぎの耳のように見えることから、うさぎ型のビオラとして人気があります。小さなうさぎが太陽に向かって咲きそろう姿は、とってもキュートです。

日なたと水はけのよい用土を好みます。花がらを摘み、次の花をどんどん咲かせましょう。定期的に追肥します。

▼ビオラの花をたくさん咲かせるコツはこちらの記事でご紹介しています。

 

目次に戻る≫

クローバーについて

クローバーはマメ科の耐寒性多年草。寒さに強く、春に白くて丸い花を咲かせます。最近は様々な色合いのクローバーがありますね。  日なたと水はけのよい用土を好みます。特に肥料は必用ありません。草姿が乱れたら切り戻して整えましょう。  クローバー3種類でこのまま寄せ植えしても可愛いですね。

クローバーはマメ科の耐寒性多年草。寒さに強く、春に白くて丸い花を咲かせます。最近は様々な色合いのクローバーがありますね。

日なたと水はけのよい用土を好みます。特に肥料は必用ありません。草姿が乱れたら切り戻して整えましょう。

クローバー3種類でこのまま寄せ植えしても可愛いですね。

目次に戻る≫

ビオラとクローバーを着せ替えのように組み合わせてみよう

ウッドプランターに、ビオラとクローバーのポット苗を組み合わせて入れてみました。

ウッドプランターに、ビオラとクローバーのポット苗を組み合わせて入れてみました。

 

ビオラを1ポット変えるだけで雰囲気が変わりますよね。

ビオラを1ポット変えるだけで雰囲気が変わりますよね。

 

色だけでなく咲き方や形、大きさなどもそれぞれ違います。

色だけでなく咲き方や形、大きさなどもそれぞれ違います。

 

こちらは少し花が大き目。

こちらは少し花が大き目。

 

こちらはすっきり面長でシャープなイメージ。

こちらはすっきり面長でシャープなイメージ。

 

こちらは少し丸いフォルムで可愛い雰囲気ですね。

こちらは少し丸いフォルムで可愛い雰囲気ですね。

 

組み合わせるクローバーの色を変えるとまた違います。

組み合わせるクローバーの色を変えるとまた違います。

 

淡い色のクローバーを合わせると、ナチュラルなイメージになりますね。

淡い色のクローバーを合わせると、ナチュラルなイメージになりますね。

 

クローバーは、どんな色でもどんな色のビオラにも似合うことがわかりました。クローバーはビオラとの相性がとっても良いですね。

クローバーは、どんな色でもどんな色のビオラにも似合うことがわかりました。クローバーはビオラとの相性がとっても良いですね。

 

組み合わせは本当に好みでいろいろ。ピンと来た組み合わせはありましたか?  同じうさぎ型でも、色や形や大きさが微妙に違うので見ていて飽きませんね。  気に入った組み合わせが決まったら、寄せ植えを作りましょう。ポット苗をそのまま器にセットするだけでも可愛く飾ることはできますが、やっぱりひと手間かけて土に植えてあげると育ち方が全然違いますよ。

組み合わせは本当に好みでいろいろ。ピンと来た組み合わせはありましたか?

同じうさぎ型でも、色や形や大きさが微妙に違うので見ていて飽きませんね。

気に入った組み合わせが決まったら、寄せ植えを作りましょう。ポット苗をそのまま器にセットするだけでも可愛く飾ることはできますが、やっぱりひと手間かけて土に植えてあげると育ち方が全然違いますよ。

▼ポット苗を器にセットするだけのゆる~いガーデニングのご紹介はこちら

 

目次に戻る≫

ビオラとクローバーの寄せ植えの作り方

ビオラとクローバーの寄せ植えの材料

・器 ・苗3ポット(ビオラ1、クローバー2) ・肥料入り培養土 ・鉢底ネット ・ココヤシファイバー ・土入れ ・はさみ ・手袋

・器
・苗3ポット(ビオラ1、クローバー2)
・肥料入り培養土
・鉢底ネット
・ココヤシファイバー
・土入れ
・はさみ
・手袋

ビオラとクローバーの寄せ植えの作り方

器に鉢底ネットを敷いてから肥料入り培養土を入れます。(今回は使っていませんが、底面に鉢底石を敷くとさらに水はけが良くなります。)

器に鉢底ネットを敷いてから肥料入り培養土を入れます。(今回は使っていませんが、底面に鉢底石を敷くとさらに水はけが良くなります。)

 

器の真ん中に植えるビオラをポットから出します。

器の真ん中に植えるビオラをポットから出します。

 

苗の根もとに黄色い枯れた葉がある場合は取り除きます。

苗の根もとに黄色い枯れた葉がある場合は取り除きます。

 

真ん中に、一番美しく見える向きに配置します。

真ん中に、一番美しく見える向きに配置します。

 

次に、クローバーをポットから出し、ポットの底に根がまわっている場合は底の部分の根を取り、根を少しくずします。

次に、クローバーをポットから出し、ポットの底に根がまわっている場合は底の部分の根を取り、根を少しくずします。

 

このように根をくずすことで、根が活性化されて根付きやすくなります。

このように根をくずすことで、根が活性化されて根付きやすくなります。

 

ビオラの隣に配置します。

ビオラの隣に配置します。

 

もう一つのクローバーも根がしっかりとまわっていました。

もう一つのクローバーも根がしっかりとまわっていました。

 

こちらも根をくずしてから植えます。

こちらも根をくずしてから植えます。

 

苗の隙間に、後ろ側から土を入れていきます。

苗の隙間に、後ろ側から土を入れていきます。

 

苗がぐらつかないように、一周土を入れましょう。

苗がぐらつかないように、一周土を入れましょう。

 

隙間を少し指でつっつきながらしっかりと土を入れることがポイントです。ウォータースペースは1㎝ほど残します。

隙間を少し指でつっつきながらしっかりと土を入れることがポイントです。ウォータースペースは1㎝ほど残します。

 

周りにココヤシファイバーをふんわり敷きます。ココヤシファイバーを敷くことで、土が流れ出るのを防ぐことができます。

周りにココヤシファイバーをふんわり敷きます。ココヤシファイバーを敷くことで、土が流れ出るのを防ぐことができます。

 

完成です。株もとからたっぷりお水をあげましょう。日のあたる屋外に飾ります。

完成です。株もとからたっぷりお水をあげましょう。日のあたる屋外に飾ります。

目次に戻る≫

ビオラとクローバーの寄せ植えのその後

ビオラは5月頃まで美しいのですが、暑くなってくると姿も乱れて元気もなくなってきます。その頃がビオラの植え替え時です。クローバーは周年楽しめますので、ビオラの部分だけ、春から秋まで楽しめるペチュニアやサフィニアなどに植え替えてもいいですね。

目次に戻る≫

春まで楽しめる寄せ植え

寒い時から春まで楽しめる寄せ植えは、ひとつあると長い期間とても重宝します。凍えてしまいそうな寒い冬にも庭やベランダで花が凛と美しく咲く姿を見ると、自分もしゃんとして頑張らねばといつも元気をもらいます。冬でも太陽に向かって咲きそろうビオラを見ると、茎や葉がやわらかく繊細なのにどうしてこんな寒い中で元気でいられるのだろうと毎年感動してしまいます。  今回の寄せ植えに使ったビオラは見元園芸さんの「ラビットランド」、クローバーは見元園芸さんの「エンジェルクローバー」です。  寒さに強く、春まで楽しめる寄せ植えをぜひ作ってみてください。

寒い時から春まで楽しめる寄せ植えは、ひとつあると長い期間とても重宝します。凍えてしまいそうな寒い冬にも庭やベランダで花が凛と美しく咲く姿を見ると、自分もしゃんとして頑張らねばといつも元気をもらいます。冬でも太陽に向かって咲きそろうビオラを見ると、茎や葉がやわらかく繊細なのにどうしてこんな寒い中で元気でいられるのだろうと毎年感動してしまいます。

今回の寄せ植えに使ったビオラは見元園芸さんの「ラビットランド」、クローバーは見元園芸さんの「エンジェルクローバー」です。

寒さに強く、春まで楽しめる寄せ植えをぜひ作ってみてください。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「寒い冬も元気!うさぎ型ビオラを使った春まで楽しめる寄せ植えの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ