家庭菜園特集

季節の生花、ひまわりの様々な種類と扱い方

金子三保子

金子三保子

公開日 :

夏の花の代表花、ひまわり。切り花のひまわりは、中心が茶系で花びらが黄色の一般的なひまわりの他、毎年、新品種が作り出され、たくさんの品種がただいま出回り中です。定番のひまわりから、ちょっとユニークなひまわりまで、色々な品種と、ひまわりの扱い方、管理方法をご紹介します。

目次

ひまわりの生け方

いろんな種類のひまわり

ひまわりの出回り時期

 

ひまわりの生け方

ひまわりを花瓶に生ける時は、「浅水」で生けます。浅水とは、花瓶に水を少なく入れて花を生けることです。ひまわりは、深い水に入れて生けると、水が浸かっている部分の茎の途中が腐ってしまう可能性があるので、お水は最小限にして生ける方が長持ちします。

また、夏は水が腐りやすい時期です。花瓶の水は、まめに変えて、その際に茎を少しずつ切り戻して新鮮な切り口にすると、より長持ちします。水替えができない場合は、切り花延命剤などを利用しましょう。

ひまわりは、花より葉っぱの方が先にダメになることがあります。傷んだ葉は、つけっぱなしにしないで、その都度取り除くと見栄えが違います。

浅水・・・少なめの水に生けましょう

*写真はひまわりの茎ではありません。「浅水」のイメージになります。

目次に戻る≫

いろんな種類のひまわり

ひまわりとひとくちに言っても、最近では種類がとても豊富な花のひとつとなりました。色、咲き方、小輪から大輪まで大きさもいろいろ、中にはこれがひまわり?というものもあります。たくさんの品種の中から、いくつかご紹介します。

黄色いひまわりも中心の色やフォルムが違うと印象はがらりと変わりますね。

黄色いひまわりも中心の色やフォルムが違うと印象はがらりと変わりますね。

 

中心がグリーンのひまわり。ガーベラにも似ています。

中心がグリーンのひまわり。ガーベラにも似ています。

 

モネのひまわり

モネのひまわり

 

ひまわり・東北八重

ひまわり・東北八重

八重咲のひまわり。花びらは何枚あるのでしょう?

 

ひまわり・テディベア

ひまわり・テディベア

 

ひまわり・ジェイド

ひまわり・ジェイド

白に近い黄色で上品な雰囲気もあるひまわりです。

 

赤系やブラウン系のひまわりも最近人気です。

赤系やブラウン系のひまわりも最近人気です。

 

ひまわりと言えば、明るいイメージですが、レッド~ブラウン系はシックな雰囲気。

ひまわりと言えば、明るいイメージですが、レッド~ブラウン系はシックな雰囲気。

ご紹介したのはほんの一部。毎年のように新しい新品種のひまわりが登場しています。

目次に戻る≫

ひまわりの出回り時期

ひまわりが市場に出回るのは、初夏あたりから出回り始め、一番品種が多くみられるのは、7月~8月です。8月は、お盆を過ぎた頃から夏の花から秋の花へと少しずつシフトしていくので、たくさんの品種、変わった品種のひまわりが見たいなら、7月~8月中旬の頃に花屋さんに行ってみてください!

目次に戻る≫

これがひまわり?と思ってしまうような咲き方、色のひまわりもあるので、ぜひ生で見ていていただきたいです。ひまわりは暑い時期の花なので、暑くてもある程度日持ちします。おうちにひまわりを飾って、夏らしい花あしらいをしてみてはいかがでしょうか。

 

編集部のおすすめ

ヒマワリ(向日葵)

  • 北アメリカ原産の一年草ですくっと立ちあがった茎から太陽のような大輪の花をつけます。草丈の高いものばかりをイメージしがちですが、品種改良によって草丈10センチほどのプランター向きのものや八重咲き品種などもあり、バラエティに富んでいます。

    いわゆる花びらの部分はその1枚1枚が独立した花(舌状花)でおしべはありません。また黒っぽい中心部分もひとつひとつが花(筒状花トウジョウカ)で、こちらはおしべとめしべの両方を持つため、タネが出来ます。学名のヘリアンサスは「太陽の花」という意味で、漢字で書くと「向日葵」となります。

 

関連ワード

「季節の生花、ひまわりの様々な種類と扱い方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ