秋ならではの人気の花!秋色アジサイの魅力

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

秋色アジサイとは、もともとは品種名ではなく、通常のアジサイの開花時期である初夏に咲いた花が、気温の変化などの気象条件によって、時間をかけて秋色に変化した状態のことを「秋色アジサイ」と言います。生花として、リースやスワッグ作りの材料に、最近とても人気のある花材です。秋色アジサイの魅力をご紹介します。

目次

切り花の秋色アジサイ

秋色アジサイ、もしくはアンティークカラー系の色合いの西洋アジサイは、最近では秋だけではなく、輸入物を入れると通年出回る花材ですが、秋は国産の秋色アジサイが豊富に出回る季節です。この時期の秋色アジサイは値段的にも買いやすい価格なのでおすすめです。

 

このアジサイのもともとの色は、写真だと右端にうっすらと残っているブルー系だったと思われます。それが数か月かけて、淡いグリーンや紫色に変化しました。  ひとつの花の中に、様々な色が含まれて、素敵なニュアンスカラーに。気温や日の当たり具合などによって、色の変化は様々なので、ひとつとして同じ色合いがないのが秋色アジサイの魅力です。

このアジサイのもともとの色は、写真だと右端にうっすらと残っているブルー系だったと思われます。それが数か月かけて、淡いグリーンや紫色に変化しました。

ひとつの花の中に様々な色が含まれて素敵なニュアンスカラーに。気温や日の当たり具合などによって色の変化は様々なので、ひとつとして同じ色合いがないのが秋色アジサイの魅力です。

 

なんとも言えないニュアンスカラー。ガク一枚、一枚、微妙に色合いが違います。

なんとも言えない優しい色あいのニュアンスカラー。ガク1枚、1枚、微妙に色合いが違います。

目次に戻る≫

秋色アジサイの楽しみ方

生花として

お花屋さんで水揚げ処理はされていますが、写真のように枝の切り口を一文字、または十文字に切ってから、水の吸い上げがよくなります。

生花として秋色アジサイを楽しむときは通常の西洋アジサイと同様、深水で生けます。

お花屋さんで水揚げ処理はされていますが、生ける時に写真のように枝の切り口を一文字、または十文字に切ってから生けると、より水の吸い上げがよくなります。

ドライフラワーとして

秋色アジサイはドライフラワーにしても素敵です。  ドライフラワーとして楽しむ時は、早めに水から切って乾燥させた方がきれいな状態のドライフラワーに仕上がります。生花として長く楽しみたいところですが、長く生けていると茶色くなってきたりするので、新鮮なうちにドライフラワーにするときれいに色が残ります。  出来上がったアジサイのドライフラワーは、アレンジ、リース、スワッグなどで楽しむことができます。

秋色アジサイはドライフラワーにしても素敵です。

ドライフラワーとして楽しむ時は、早めに水から切って乾燥させた方がきれいな状態のドライフラワーに仕上がります。生花として長く楽しみたいところですが、秋色アジサイは長期間生けていると、部分的に茶色く変化してきます。新鮮なうちにドライフラワーにするときれいに色が残ります。

出来上がったアジサイのドライフラワーは、アレンジ、リース、スワッグなどで楽しむことができます。

アジサイのドライフラワーの作り方

 

▼作りながらドライフラワーにしていく方法もあります

 

目次に戻る≫

\次のページでは秋色アジサイ(紫陽花)の色の変化をご紹介/

 

続きを読む

Pages: 1 2
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋ならではの人気の花!秋色アジサイの魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス