家庭菜園特集

お正月は縁起物の花“菊(マム)”を!種類や長持ちさせるポイント

金子三保子

金子三保子

公開日 :

もうすぐお正月。クリスマスが終わると、街は新しい年を迎える準備一色。そこで今回はお正月の花屋さんに欠かせない花、(マム)についてと(マム)の種類をご紹介します。

目次

お正月に菊(マム)が使われるのはなぜ?

菊(マム)を生けるときの管理ポイント

人気の菊(マム)の種類

お正月に(マム)が使われるのはなぜ?

もともとは、天皇の御紋にも使われたりしていることから、高貴な花とされています。また「を飾ると福が来る」「を生けると良い子に育つ」などの言い伝えもあるそうです。お節句のしきたりとしては、すたれてしまっていますが、9月9日の重陽の節句は別名、の節句とも言われ、「不老長寿」の意味合いもあるそうなので、縁起を担ぐお正月の生け花の材料として使われています。

というとお供えの花のイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんね。最近では、西洋・マムが流通してからウェディングにも使われたりしています。お供えなどの仏事に使うのは、白い輪や小なので、お正月には使わない方が良いでしょう。

マムって何?

日本の代表花、

花屋さんで出回っているは西洋がほとんどで、花業界では「マム」と呼んでいます。マムってなんだか可愛らしい響きですが、の英名「chrysanthemum(クリサンセマム)」を省略した名前です。

は大きく分けると2つに分類され、園芸の鑑賞用として昔からあるを「和」、最近、切り花として流通しているヨーロッパから入ってきたを「西洋」として分類されています。

ヨーロッパからきた西洋

西洋は、ヨーロッパで育種されて日本にやってきたもので、歴史はまだ浅いです。

現在では、日本でも素敵な品種を作ってくださる生産者さんがいて、色数の豊富さ、咲き方等のバリエーションがとっても豊富。毎年新しい品種が作り出されています。そして何と言っても(マム)の良いところは、扱いが簡単で日持ちすることです。

目次に戻る≫

マム()を生けるときの管理ポイント

選び方

菊(マム)は、とても日持ちのする花材です。花だけでなく、葉っぱが傷んでいないマムを選びましょう。

(マム)は、とても日持ちのする花材です。花だけでなく、葉っぱが傷んでいないマムを選びましょう。

扱い方

花屋さんで水揚げ処理をされている菊(マム)は、特別なことをしなくても、持ち帰ってすぐに生けることができます。長持ちさせるポイントは花瓶のお水を数日に一回は取り替えて、水を新鮮に保つことです。  また、特に新鮮な菊(マム)は水の吸い上げがよいので、水切れをしないように花瓶の水の量はチェックします。

花屋さんで水揚げ処理をされている(マム)は、特別なことをしなくても、持ち帰ってすぐに生けることができます。長持ちさせるポイントは花瓶のお水を数日に一回は取り替えて、水を新鮮に保つことです。

また、特に新鮮な(マム)は水の吸い上げがよいので、水切れをしないように花瓶の水の量はチェックします。

 

お正月の頃に生けた菊(マム)が、1カ月くらい日持ちするということもあります。  花よりむしろ日持ちしないのは、葉っぱです。生けて数週間すると、葉っぱが黒くなったりします。ある程度、葉っぱを取り去ってから生けた方がメンテナンスが楽です。

お正月の頃に生けた(マム)が、1カ月くらい日持ちするということもあります。

(マム)は花より日持ちしないのが、葉っぱです。生けて数週間すると、葉っぱが黒くなってきます。ある程度、葉っぱを取り去ってから生けた方がメンテナンスが楽です。

目次に戻る≫

人気の(マム)の種類

今回はお正月なので、大輪系の(マム)をご紹介します。

真っ赤な菊(マム)  一瞬、ダリアのように見える咲き方です。

真っ赤な菊(マム)

一瞬、ダリアのように見える咲き方です。

 

複色カラーのマム・ピップサーモン  絞りを入れたような色合いが美しいです。

複色カラーのマム・ピップサーモン

絞りを入れたような色合いが美しいです。

 

パステルカラーのマムも豊富です。

パステルカラーのマムも豊富。

 

グリーン色の花は、最近マムに限らず人気の色です。

グリーン色の花は、最近マムに限らず人気の色です。

 

ココア色のマム

ココア色のシックなマム。ブラウン系の花は、最近はマムに限らず人気です。

 

マム・シルキーガール

マム・シルキーガール

ふんわりやわらかな色合いの大輪種。

 

アナスタシア・ブロンズ

アナスタシア・ブロンズ

 

マム・シルキーガールとバラ、春の草花のパステル系のアレンジ

マム・シルキーガールとバラ、春の草花のパステル系のアレンジ

西洋は洋風のアレンジメントにも大活躍です。

年末年始は、素敵な(マム)が豊富に出回ります。花屋さんでお気に入りの(マム)を見つけてみてくださいね!新しい年が素敵な年になるように、大掃除のあとは素敵な花飾りで今年を結んでみませんか。

 

▼関連記事

関連ワード

「お正月は縁起物の花“菊(マム)”を!種類や長持ちさせるポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

おすすめ