丈夫で花期が長い宿根草!チェリーセージの育て方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

チェリーセージは植えっぱなしで初夏から秋まで長く咲く宿根草(多年草)。長くきれいに咲かせるためのチェリーセージの育て方をご紹介します。

目次

チェリーセージとは?

チェリーセージ

チェリーセージは、初夏から晩秋までの長い期間開花するシソ科の宿根草。葉や花にフルーティーな甘い香りがするのが名前の由来です。丈夫で暑さに強く、環境に合えば植えっぱなしで毎年開花するため、夏から秋の庭の彩として取り入れる方も多い花です。

チェリーセージという名は、サルビア・ミクロフィラとサルビア・グレッギー、およびミクロフィラとグレッギーの交雑種のサルビア・ヤメンシスなどの総称です。

セージ類はブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージは花色が豊富なのが特徴のひとつです。毎年新品種が作り出され、最近は斑入り品種もあります。どの品種も丈夫で花期が長いことに変わりはありませんが、草丈や耐寒性は品種によって違いがあります。

チェリーセージの入手方法

サルビア・ミクロフィラ「ホット・リップス」  このホットリップスの赤と白の割合は、気温によって変化します。気温が低い春は白の割合が多く、高くなってくると赤の割合が多くなってくるおもしろい品種です。

サルビア・ミクロフィラ「ホット・リップス」

チェリーセージの苗は春ごろから苗が出回りはじめます。ひとくちにチェリーセージと言っても、とにかく品種が豊富です。

よく見かける品種は、ミクロフィラ系の「ホットリップス」。赤と白のツートンカラーの品種です。このホットリップスの赤と白の割合は、気温によって変化します。気温が低い春は白の割合が多く、高くなってくると赤の割合が多くなってくるおもしろい品種です。

チェリーセージはハーブの一種ですが、ハーブティー、料理やサラダなどの飾り付けとして食用利用されるのは限られた品種で、ほとんどは観賞用です。花は、切り花やポプリ、ドライフラワー、押し花などにして楽しむことができます。

観賞用と食用では、生産過程で使用する薬剤が違うことがあります。ハーブショップなどで食用可能と確認できたもの以外は観賞用として利用することをおすすめします。また、食用にしたい場合は、必ず確認して購入しましょう。

目次に戻る≫

チェリーセージを育てる環境

チェリーセージ

チェリーセージを育てる場所

チェリーセージは日当たりと風通しの良い場所に植えましょう。明るめの半日陰なら栽培可能ですが、日照不足になると花付きが悪くなります。品種によっては大株になるので、隣の植物との株間は余裕をもって植え付けましょう。

鉢植えでも地植えでも栽培可能ですが、チェリーセージは品種によっては最終的には丈も幅も1メートル以上になるものもあるので、少しずつ鉢を大きくしていく必要があります。

目次に戻る≫

チェリーセージの日々の管理

水やり

地植えのチェリーセージは、根付いてしまえば水やりの必要はありません。土が割れてしまうほどの日照りの場合だけ水やりをします。

鉢植えのチェリーセージの水やりは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

肥料

チェリーセージは肥料は少なめで育つ草花です。鉢植えのチェリーセージは、春の生長期と秋にゆっくりと効果のある緩効性の肥料を施します。

開花

チェリーセージの花は5月ごろから11月まで長く咲く宿根草です。チェリーセージは何年もすると、とても大きな株になりますが、ポット苗として購入した初年度は、さほど花がたくさん咲かないこともあります。宿根草はチェリーセージに限らず植え付けた翌年以降にがぜん花つきが多くなってきます。

花がら摘み

チェリーセージは一茎一花の花ではなく、1本の茎に穂状にいくつもの花がついて、下から上に順に咲いてきます。穂状の花が上まで咲き終わったら、ピンクの線を引いた部分で剪定をします。  ピンクの線を引いた剪定位置の真下、矢印の所に少し芽が伸びていますが、これが次の花となり、剪定後は2本の穂状の花になります。終った花はいつまでもつけておかず、次の花のためにエネルギーを回した方がいいので、花が散ったらどんどん剪定していきます。

チェリーセージは一茎一花の花ではなく、1本の茎に穂状にいくつもの花がついて、下から上に順に咲いてきます。穂状の花が上まで咲き終わったら、ピンクの線を引いた部分で剪定をします。

ピンクの線を引いた剪定位置の真下、矢印の所に少し芽が伸びていますが、これが次の花となり、剪定後は2本の穂状の花になります。終った花はいつまでもつけておかず、次の花のためにエネルギーを回した方がいいので、花が散ったらどんどん剪定していきます。

チェリーセージの病害虫

チェリーセージは病害虫の害がほとんどない性質の強い花です。夏は病害虫の害に悩む時期の中で、植えっぱなしで長い間咲いて病害虫にも強い草花はありがたいですね。

目次に戻る≫

チェリーセージの切り戻しと枝の整理

初夏から秋まで長く咲くチェリーセージは、夏前に一度、切り戻しておくとすっきりとした株姿になり秋からまた花が咲き始めます。

チェリーセージは、品種によっても様々ですが、何年も管理した古株はとても大株になり、枝も混みあってきます。2年目以降の枝は木質化して、剪定をあまりしないで育てると、年々、上の方で芽吹くので株姿が乱れてきます。定期的に切り戻しをしつつ、細い枝は根元でどんどん切って、若い枝を出すようにしていくときれいな株姿を保ちます。何年も経過すると株が乱れるので、年に2回くらい切ったほうがきれいな株姿を保ちます。

チェリーセージの冬越し

チェリーセージの耐寒性は品種によってやや違いますが、最低気温-5℃~-10℃くらいです。地際で切り詰めなくても関東南部であれば問題なく冬越しできます。

目次に戻る≫

チェリーセージは色数豊富

LOVEGREEN編集部がチェリーセージの生産者さんを取材した時に撮影させていただいたチェリーセージです。素敵な色のチェリーセージがたくさん!花期が長くて手入れが簡単な夏の宿根草って貴重ですね。

LOVEGREEN編集部がチェリーセージの生産者さんを取材した時に撮影させていただいたチェリーセージです。素敵な色のチェリーセージがたくさん!花期が長くて手入れが簡単な夏の宿根草って貴重ですね。

 

ピンク~クリーム色の複色カラーのチェリーセージ

ピンク~クリーム色の複色カラーのチェリーセージ

 

チェリーセージ

斑入りのチェリーセージ

 

葉っぱがライムグリーンのチェリーセージ

葉っぱがライムグリーンのチェリーセージ

目次に戻る≫

チェリーセージは手入れが簡単で長く咲く宿根草です。初夏から苗が流通しはじめるのでお気に入りの色をみつけて夏のガーデニングに取り入れてみてはいかがでしょうか。

チェリーセージの関連記事

チェリーセージ

  • チェリーセージは、初夏から晩秋までの長い期間開花するシソ科の多年草です。葉や花にフルーティーな甘い香りがするのが名前の由来です。丈夫で暑さに強く、環境に合えば植えっぱなしで毎年開花するため、夏から秋の庭の彩として取り入れる方も多い花です。 チェリーセージという名は、サルビア・ミクロフィラとサルビア・グレッギー、およびミクロフィラとグレッギーの交雑種のサルビア・ヤメンシスなどの総称です。 セージ類はブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージは花色が豊富なのが特徴のひとつです。毎年新品種が作り出され、最近は斑入り品種もあります。どの品種も丈夫で花期が長いことに変わりはありませんが、草丈や耐寒性は品種によって違いがあります。

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「丈夫で花期が長い宿根草!チェリーセージの育て方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス