アジサイの花が咲かない原因は?~実例付き!

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

それでも咲かないこともある(実例その1)

剪定、肥料、日当たり、寒風、植え替え。

すべてきちんとやったのに咲かないこともあります。特にアジサイの鉢植えを購入した翌年は結構多いようです。

今回は我が家で育てているアジサイの実例でご紹介します。

2017年6月はじめ

アジサイ・長崎の恋  このアジサイは、秋色アジサイ系のアジサイで2017年に購入しました。咲き始めはこちらのような青紫色。

アジサイ・長崎の恋

このアジサイは、秋色アジサイ系のアジサイで2017年に購入しました。咲き始めはこちらのような青紫色。

2017年6月10日

10日後。最初は青みの強い紫色から、ピンク味を帯びた紫色とベージュピンクになってきました。

10日後。最初は青みの強い紫色から、ピンク味を帯びた紫色とベージュピンクになってきました。10日でびっくりするような色の変化です。

2017年6月20日

もとの色からは想像もつかない色合いに変化してきました。

最初の青紫色からは予想もつかない色に変化しました。

2017年6月24日

3週間後。色がほとんど抜けてきました。完全なアンティークカラーです。

色がほとんど抜けて、完全なアンティークカラーです。

このように同じ月の中で、かなり色合いが変化しました。とても美しい色合いの変化を楽しんだ2017年7月。花の咲いている茎を規定の位置で剪定して植え替えし、お礼肥えを与えました。

さて、翌年は?

2018年は花数0!

どんな色のアジサイが咲くのかと、わくわくして迎えた2018年の梅雨。

ひとつも花は咲きませんでした。

ガーン。一年に一度の花の時期、ちょっとショックです。

葉っぱの様子がおかしいわけでもなく生き生きとしていたので、2018年は植え替えをせずに様子見。ひたすら水やりだけをして、休眠期の1月に寒肥を株元にあげるのみにして迎えた2019年は・・・?

2019年6月3日

無事つぼみを付けました!

無事つぼみを付けました!

2019年6月6日

2019年6月14日

購入した年の最初とは少し違う色ですが紫系のアジサイが今年は無事開花しました。

購入した年の最初とは少し違う色ですが紫系のアジサイが今年は無事開花しました。

2019年6月18日

でも花のサイズは最初の年の半分くらいです。

でも花のサイズは最初の年の半分くらいです。

2019年6月28日

少しずつ色がアンティークカラーになってきています。7月の色の変化を楽しんだあとに、剪定をするつもりです。

少しずつ色がアンティークカラーになってきています。7月の色の変化を楽しんだあとに、剪定をするつもりです。

目次に戻る≫

2018年はどうして咲かなかった?

アジサイの鉢植えは、販売や流通の都合上、小さな鉢に花がたくさんついた状態で流通します。そのため最初から花を咲かせるために、株がエネルギーを使いすぎてしまったのが原因で、購入した翌年は咲かなかったのが原因であることが多いようです。  アジサイは一年草と違い、少しずつ株が立派になって生長していく花木なので、購入して3年目くらいからがたくさんの花を楽しめるようになる植物です。

アジサイの鉢植えは、販売や流通の都合上、小さな鉢に花がたくさんついた状態で流通します。そのため最初から花を咲かせるために、株がエネルギーを使いすぎてしまったのが原因で、購入した翌年は花が咲かないことがあります。

アジサイは一年草と違い、少しずつ株が立派になって生長していく花木です。適切な管理をしていれば、購入して3年目くらいからは、毎年花が開花することが多いようです。

目次に戻る≫

鉢植えのアジサイ・昨年と花の色が違う、小さい!(実例2)

もうひとつ鉢植えのアジサイの翌年をご紹介します。  こちらはマジカル系と呼ばれる、最近流行中の秋色アジサイの種類のアジサイです。2017年に購入した時は大輪の立派なアジサイの鉢でした。  開花後、鉢植えに植え替えて1年管理したところ・・・

もうひとつ鉢植えのアジサイの翌年をご紹介します。

こちらはマジカル系と呼ばれる、最近流行中の秋色アジサイの種類のアジサイです。2017年に購入した時は大輪の立派なアジサイの鉢でした。

開花後、鉢植えに植え替えて1年管理したところ・・・

 

翌年の2018年。なんだかつぼみが小さい。咲き始めの色も昨年とは違った雰囲気です。もう少ししたら色がアンティークカラーになるのかな?と思いつつ様子を見てみたところ・・・

翌年の2018年。花数は多いけど、なんだかつぼみが小さい。咲き始めの色も昨年とは違った雰囲気です。もう少ししたら色がアンティークカラーになるのかな?と思いつつ様子を見てみたところ・・・

2018年6月

いつまでたっても昨年の色合いとは違います。花のサイズは昨年の四分の一くらいの小さなサイズです。

いつまでたっても昨年の色合いとは違います。花のサイズは昨年の四分の一くらいの小さなサイズです。

 

2018年7月

7月に入るとベージュピンクのアンティークカラーになりました。昨年とは違う色ですが、これはこれで素敵色あいです。この後、剪定して今度はLOVEGREEN編集部の花壇に植え付けてみました。

7月に入るとベージュピンクのアンティークカラーになりました。昨年とは違う色ですが、これはこれで素敵な色あいです。この後、剪定して今度はLOVEGREEN編集部の花壇に植え付けてみました。

2019年6月

LOVEGREEN編集部の花壇は、深さがかなりある花壇です。2019年の花は、マジカル系を思わせる色合いで開花しました!まだ花のサイズは小さめですが、これから少しずつ大きくなるかなと期待しています。

LOVEGREEN編集部の花壇は、深さがかなりある花壇です。2019年の花は、マジカル系を思わせる色合いで開花しました!まだ花のサイズは小さめですが、これから少しずつ大きくなるかなと期待しています。

 

6月の終わり。グリーン色に変化しました。  このように、鉢植えで買ったアジサイが初年度と違う色、サイズになることはよくあります。原因は初年度に大輪の花を咲かせた関係で、株がお疲れ気味であることが多いようです。あと何年かするともう少し大きなサイズのアジサイになることでしょう。購入して数年は花より株を育てる期間です。

6月の終わり。グリーン色に変化しました。

このように、鉢植えで買ったアジサイが初年度と違う色、サイズになることはよくあります。原因は初年度に大輪の花を咲かせた関係で、株が疲れ気味なことが原因であることが多いようです。

あと何年かするともう少し大きなサイズのアジサイになることでしょう。購入して数年は花より株を育てる期間です。

目次に戻る≫

 

 

\次は庭植えにしたアジサイの実例をご紹介!/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アジサイの花が咲かない原因は?~実例付き!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

GARDEN IRON シャベル OVAL ナチュナルカラー

販売価格:1,650円(税込)

球根 チューリップ プルケラヒュミリス 5球入り

販売価格:666円(税込)

【LOVEGREEN 別注】ハンドクリエーション 生花用はさみ

販売価格:2,695円(税込)

SPECIAL

おすすめ