プルメリアを鉢植えで育てよう!失敗しない冬越しと外に出すタイミング

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

プルメリアの育て方と、花が終わった後の失敗しない冬越しと翌年までの管理方法です。さらにプルメリアの花の外国語の名前や、花言葉、プルメリアの香りのルームフレグランスまで。プルメリアについて詳しくご紹介しています。

目次

プルメリア基本情報

学名:Plumeria 科名:キョウチクトウ科 属名:プルメリア属(インドソケイ属) 分類:高木、低木(日本では落葉) 日本本州ではなかなか地植えで管理するのは難しいプルメリア。習慣的に見かけることがないからこそ魅力的に見えるのかもしれません。 キョウチクトウ科に属するので、樹液は有毒だと言われています。気を付けて扱いましょう。

  • 学名:Plumeria
  • 科名:キョウチクトウ科
  • 属名:プルメリア属(インドソケイ属)
  • 分類:高木、低木(日本では落葉)

日本本州ではなかなか地植えで管理するのは難しいプルメリア。習慣的に見かけることがないからこそ魅力的に見えるのかもしれません。
キョウチクトウ科に属するので、樹液は有毒だと言われています。気を付けて扱いましょう。

プルメリア

  • プルメリアは、ハイビスカスと並びハワイの人々に愛されている花です。公園や街路など、多くの場所で見ることができます。ハワイでは、花の中心が黄色い「シンガポール」という品種が通年栽培されていて、レイなどの装飾品に使われています。人をリラックスさせてくれるようないい香りがあります。

目次に戻る≫

プルメリアの花

プルメリアの花は、ハワイのレイに良く使われることでも有名な花です。南国の花特有の香りの良さと可愛らしい見た目が印象的な花です。  プルメリアは学名をPlumeria(プルメリア)、英名をfrangipani (フランジパニ)と言います。ハワイではpuamelia(プアメリア)と呼ばれ、神聖な花としてレイや髪飾りに使われます。バリではjepun(ジュプン)と呼ばれ、ハワイと同じく神聖な意味を持つ花とされ、毎日のチャナンやチャルと言った供物にも入っているし、歓迎の印にも使われています。  プルメリアの花が咲く季節 プルメリアの花が咲く季節は、日本では夏です。プルメリアはある程度高木にならないと花が咲かないため、花が咲いた状態で購入してもその後は大きくなるまで、何年も咲かないということもあります。  最近では小さなサイズで花を咲かせる矮性種も出回るようになりました。あまり大きくしたくないのであれば、矮性種を探して購入するといいでしょう。

プルメリアの花は、ハワイのレイに良く使われることでも有名な花です。南国の花特有の香りの良さと可愛らしい見た目が印象的な花です。

プルメリアは学名をPlumeria(プルメリア)、英名をfrangipani (フランジパニ)と言います。ハワイではpuamelia(プアメリア)と呼ばれ、神聖な花としてレイや髪飾りに使われます。バリではjepun(ジュプン)と呼ばれ、ハワイと同じく神聖な意味を持つ花とされ、毎日のチャナンやチャルと言った供物にも入っているし、歓迎の印にも使われています。

プルメリアの花が咲く季節

プルメリアの花が咲く季節は、日本では夏です。プルメリアはある程度高木にならないと花が咲かないため、花が咲いた状態で購入してもその後は大きくなるまで、何年も咲かないこともあります。

最近では小さなサイズで花を咲かせる矮性種も出回るようになりました。あまり大きくしたくないのであれば、矮性種を探して購入すると良いでしょう。

目次に戻る≫

プルメリアの花言葉

上品 気品 恵まれた人 どれをとってもきれいな花言葉です。国によっては神聖な花であり、花言葉もきれいな、魅力的な花です。

  • 上品
  • 気品
  • 恵まれた人

どれをとってもきれいな花言葉です。国によっては神聖な花であり、花言葉もきれいな、魅力的な花です。

目次に戻る≫

プルメリアの育て方

プルメリアは耐寒性が弱いので、日本では屋外で越冬が難しい植物です。プルメリアを購入したら鉢植えで管理することをおすすめします。  プルメリアの置き場所 プルメリアは日光を好みます。春から初秋までは屋外で管理し、気温が下がってきたら室内の日当たりの良い場所に取り込むようにしましょう。  プルメリアの水やり 春から秋にかけては表土が乾いたら、たっぷりと水やりを行います。気温が下がり葉が落ちたら、プルメリアが休眠期に入った印です。休眠期のプルメリアは地上部だけでなく根も休んでいます。水やりは控えるようにしましょう。月に1~2回で十分です。  プルメリアの肥料 プルメリアは花を咲かせるのに栄養を必要とします。春になって芽吹いてきたら、緩効性肥料を与えます。

プルメリアは耐寒性が弱いので、日本では屋外で越冬が難しい植物です。プルメリアを購入したら鉢植えで管理することをおすすめします。

プルメリアの置き場所

プルメリアは日光を好みます。春から初秋までは屋外で管理し、気温が下がってきたら室内の日当たりの良い場所に取り込むようにしましょう。

プルメリアの水やり

春から秋にかけては表土が乾いたら、たっぷりと水やりを行います。気温が下がり葉が落ちたら、プルメリアが休眠期に入った印です。休眠期のプルメリアは地上部だけでなく根も休んでいます。水やりは控えるようにしましょう。月に1~2回で十分です。

プルメリアの肥料

プルメリアは花を咲かせるのに栄養を必要とします。春になって芽吹いてきたら、緩効性肥料を与えます。

目次に戻る≫

 

 

\次はプルメリアの植え替え、冬越し、香りまでご紹介!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「プルメリアを鉢植えで育てよう!失敗しない冬越しと外に出すタイミング」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ