ハイビスカスの育て方! 剪定、冬越しや挿し木の増やし方~生長記録

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

ハイビスカスは、南国のトロピカルなイメージを代表する植物です。熱帯花木の中でも人気の高いハイビスカスは夏の花と思われがちですが、実は春から秋までの長い期間に花が楽しめます。今回は、植え替えや剪定方法、冬越しや挿し木の手順、挿し木で増やしたハイビスカスが生長する様子を紹介していきます。

目次

ハイビスカスの育て方
・ハイビスカスの系統
・置く場所
・水やり
・肥料
・病害虫

ハイビスカスの植え替え

ハイビスカスの花がら摘みと剪定

ハイビスカスの冬越し
・冬越しの方法
・冬越し後の様子

ハイビスカスの増やし方~挿し木
・挿し木の方法
・挿し木後の鉢上げ
・鉢上げ後の生長の様子

ハイビスカスのまとめ

ハイビスカスの育て方

ハイビスカスは、アオイ科の非耐寒性常緑低木で、開花期は5月~10月です。  華やかな美しい花が魅力の熱帯花木として人気があります。日本では一般的に鉢植えで楽しまれていますが、沖縄や霜が降りない暖地では庭木などとしても使われています。  ハイビスカスの花は、通常朝開いて夜に閉じて1日で終わってしまう1日花です。しかし最近は品種改良により、1つの花が2~3日咲くハイビスカスも出てきています。

ハイビスカスは、アオイ科の非耐寒性常緑低木で、開花期は5月~10月です。

華やかな美しい花が魅力の熱帯花木として人気があります。日本では一般的に鉢植えで楽しまれていますが、沖縄や霜が降りない暖地では庭木などとしても使われています。

ハイビスカスの花は、通常朝開いて夜に閉じて1日で終わってしまう1日花です。しかし最近は品種改良により、1つの花が2~3日咲くハイビスカスも出てきています。

ハイビスカスの系統

ハイビスカスは、在来系、大輪系、コーラル系の3つの系統に分けることができます。

  在来系 大輪系 コーラル系
中大輪、花つき◎ 大輪、花つき△ 小輪が垂れ下がって咲く、花つき◎
大輪系より小さく、縁にギザギザがある。 大きくて丸いものが多い。 小さくて縁にギザギザがある。
耐暑性 比較的強い 弱い 強い
挿し木 できる 難しい できる

置く場所

ハイビスカスは日光を好む植物なので、できるだけ日あたりの良い場所に置きます。  しかし、ハイビスカスは実は大輪系の品種を中心に猛暑には弱いものが多くあります。気温35℃以上が続くような暑さは苦手で、真夏には花数が少なくなったり、花の大きさが小さくなったりします。  真夏に株の調子が良くない場合は、午前中だけ日があたる場所や、明るい半日陰などに置いてみましょう。鉢をコンクリートの床の上に直接置くと、照り返しによる高温で株が弱ります。棚の上に置くなど、できるだけ風通しを良くしてあげましょう。

ハイビスカスは日光を好む植物なので、できるだけ日あたりの良い場所に置きます。

しかし、ハイビスカスは実は大輪系の品種を中心に猛暑には弱いものが多くあります。気温35℃以上が続くような暑さは苦手で、真夏には花数が少なくなったり、花の大きさが小さくなったりします。

真夏に株の調子が良くない場合は、午前中だけ日があたる場所や、明るい半日陰などに置いてみましょう。鉢をコンクリートの床の上に直接置くと、照り返しによる高温で株が弱ります。棚の上に置くなど、できるだけ風通しを良くしてあげましょう。

水やり

春から秋は、土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。水が切れると蕾が花を咲かせずに落ちることがあります。真夏は、朝と夕方の二回に分けて水をあげてもいいでしょう。  一方、冬の水やりは乾かし気味で土が乾いたらあげましょう。

春から秋は、土が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。水が切れると蕾が花を咲かせずに落ちることがあります。真夏は、朝と夕方の二回に分けて水をあげてもいいでしょう。

一方、冬の水やりは乾かし気味で土が乾いたらあげましょう。

肥料

ハイビスカスは肥料が好きです。春から秋まではゆっくり効く緩効性の肥料を適量あげましょう。花がたくさん咲いている時期は、やや薄めの倍率にした液体肥料も併用すると効果的です。猛暑が続く時や冬は肥料は控えましょう。

ハイビスカスは肥料が好きです。春から秋まではゆっくり効く緩効性の肥料を適量あげましょう。花がたくさん咲いている時期は、やや薄めの倍率にした液体肥料も併用すると効果的です。猛暑が続く時や冬は肥料は控えましょう。

病害虫

ハイビスカスには、アブラムシ、カイガラムシなどが発生しやすいです。病気には比較的強い植物です。

目次に戻る≫

ハイビスカスの植え替え

購入してきたハイビスカスの鉢は、すぐに一回りか二回り大きい鉢に植え替えましょう。  ハイビスカスは根の成長が早いので、鉢が小さいと根詰まりを起こして成長が衰え、花つきが悪くなることがあります。1~2年ごとに植え替えることをおすすめします。

購入してきたハイビスカスの鉢は、すぐに一回りか二回り大きい鉢に植え替えましょう。

ハイビスカスは根の成長が早いので、鉢が小さいと根詰まりを起こして成長が衰え、花つきが悪くなることがあります。1~2年ごとに植え替えることをおすすめします。

目次に戻る≫

 

\続いてハイビスカスの花がら摘みと剪定、冬越しについてお話しします!/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハイビスカスの育て方! 剪定、冬越しや挿し木の増やし方~生長記録」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ