まだまだ大きくなり続ける!世界一大きいシャーマン将軍の木。

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

世界で一番大きい木。それは、つまり縦も横も含めた体積の大きい木のことをさします。

アメリカ・セコイア国立公園にそびえ立つシャーマン将軍の木と名づけられたその木は、ジャイアント・セコイア(セコイアオスギ)という木で、樹齢はおよそ2200年といわれています。今回は、世界一大きい樹木といわれるシャーマン将軍の木についてご紹介します。

目次

シャーマン将軍の木

木が上に伸びる生長と幹を太くする生長

シャーマン将軍の木の名前の由来

シャーマン将軍の木

木の一番上が見えないほどの大きなシャーマン将軍の木。上の画像を見るだけでも、世界一大きいといわれるシャーマン将軍と名付けられた「ジャイアント・セコイア(セコイアオスギ)」の大きさが充分に伝わります。あまりにも大きく、圧倒的な存在感のあるシャーマン将軍の木を実際に目にしたら、私たちは感動を正確に表すことができるでしょうか。  高い空を背景にそびえる、高さ80mを超えるこのシャーマン将軍の木は、地球上でもっとも大きな樹木といわれています。樹齢はおよそ2200年ですが、本当のところは誰も判定できないと言っていいほどの長い長い樹齢を誇る木なのです。

木の一番上が見えないほどの大きなシャーマン将軍の木。上の画像を見るだけでも、世界一大きいといわれるシャーマン将軍と名付けられた「ジャイアント・セコイア(セコイアオスギ)」の大きさが充分に伝わります。あまりにも大きく、圧倒的な存在感のあるシャーマン将軍の木を実際に目にしたら、私たちは感動を正確に表すことができるでしょうか。

高い空を背景にそびえる、高さ80mを超えるこのシャーマン将軍の木は、地球上でもっとも大きな樹木といわれています。樹齢はおよそ2200年ですが、本当のところは誰も判定できないと言っていいほどの長い長い樹齢を誇る木なのです。

ジャイアント・セコイヤ(セコイアオスギ)

別名 セコイアオスギ、セコイアデンドロン
科 属名 ヒノキ科セコイアデンドロン属
学名 Sequoiadendron giganteum
英名 General Grant Tree
原産地  米国西海岸、オレゴン・カリフォルニア
分布(日本)  日本ではあまり植えられることがない
植物分類  針葉樹
樹高 100m~

シャーマン将軍の木は、高さは80m以上もありますが世界一高い木ではありません。世界一高い木は、コースト・レッドウッド(セコイアメスギ)という木で、高さは110mをゆうに超えるほどの大きさなんだそうです。

こんなに大きくて、樹齢およそ2,200年ともいわれるシャーマン将軍の木は、相当な長寿樹木ですが、世界最古の木でもありません。もっと上がいるなんて、もう想像がつきません!ちなみに樹齢が世界で一番長い木は、アメリカはカリフォルニア州にあるホワイトマウンテンに、太古の昔から散らばるように生えているブリッスルコーンパインという木々で、樹齢4000年を越える木々たちが存在しています。

目次に戻る≫

木が上に伸びる生長と幹を太くする生長

ここで問題です!  シャーマン将軍の木ような巨木で、今なお生長を続ける木に、私たちの背丈位の場所に長い杭を打ち込んだとします。ぐんぐん生長を続けると、この杭は数年後どうなるでしょうか?  1. 杭を打ちつけたために、木が枯れてしまう。  2. 木が生長して杭がはじき出される。  3. 生長とともに杭はぐんぐん上に上がる。  4. 杭は木に飲み込まれる。    正解は…    4. 杭は木に飲み込まれる。  これは、木が上に伸びる生長と幹を太くする生長が別々に行われるためです。上に伸びる生長は幹の先端や枝でおこるため、人の背の高さほどに打たれた杭は上に上がることはありません。また、幹の生長は幹の外へ外へとおこるため、生長した部分に飲み込まれてしまうのです。だから答えは「4の杭は木に飲み込まれる。」ということになるのです。

ここで問題です!

シャーマン将軍の木ような巨木で、今なお生長を続ける木に、私たちの背丈位の場所に長い杭を打ち込んだとします。ぐんぐん生長を続けると、この杭は数年後どうなるでしょうか?

1. 杭を打ちつけたために、木が枯れてしまう。

2. 木が生長して杭がはじき出される。

3. 生長とともに杭はぐんぐん上に上がる。

4. 杭は木に飲み込まれる。

 

正解は…

 

4. 杭は木に飲み込まれる。

これは、木が上に伸びる生長と幹を太くする生長が別々に行われるためです。上に伸びる生長は幹の先端や枝でおこるため、人の背の高さほどに打たれた杭は上に上がることはありません。また、幹の生長は幹の外へ外へとおこるため、生長した部分に飲み込まれてしまうのです。だから答えは「4の杭は木に飲み込まれる。」ということになるのです。

目次に戻る≫

シャーマン将軍の木の名前の由来

この「シャーマン将軍の木」の名前の由来は、アメリカ南北戦争における北軍の指導者ウィリアム・シャーマンにちなんで、1879年に博物学者のジェームズ・ウォルバートンによって付けられたそうです。

体積を決定的要因として、1931年にシャーマン将軍の木が世界一の大きさを持つ木として認められ、以来世界中の人に愛されている木のひとつになっています。

いかがでしたか?

アメリカ・セコイア国立公園に、その圧倒的な大きさに感動すること間違いなしの世界最大の生物「シャーマン将軍の木」に会いに旅に出かけませんか?

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「まだまだ大きくなり続ける!世界一大きいシャーマン将軍の木。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ