クリスマスに咲く、クリスマスローズを見に行こう。

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

クリスマスローズの開花時期はクリスマスと名前がついていても年明けから春にかけて。そう思っていたのですが、長野県の蓼科にあるバラクライングリッシュ ガーデンで、クリスマスの時期に開花するクリスマスローズに出会えました。

目次

クリスマスローズとは

クリスマスに咲く!クリスマスローズ・ニゲル

冬のバラクラ イングリッシュ ガーデン

 

クリスマスローズとは

キンポウゲ科の植物で、クリスマス時期に開花するヘレボレス・ニゲル(Helleborus niger)のことを指します。一般的にクリスマスローズと総称している中には、春先に咲くヘレボレス・オリエンタル(Helleborus orientallis)も含まれている場合があり、わたしも混同していましたが、クリスマスの時期に咲くヘレボレス・ニゲルをクリスマスローズと呼ぶんだそうです。ヘレボレス・ニゲルは白花で、ローズのような可愛らしい花です。クリスマスのころに咲くローズのような花、ということでこの名前が通っているようですね。ちなみに春咲きのヘレボレス・オリエンタルは、レンテンローズという名前で呼ばれます。

▼関連記事

クリスマスローズ

  • クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。冬の花が少ない時期に花を咲かせる、常緑の植物です。

    日本ではヘレボラス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボラス・ニゲル」を指す名前です。

    他には、咲き方や色が豊富な「ヘレボラス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボラス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。

    クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。

    クリスマスローズは、クレマチス、ラナンキュラス、アネモネなどと同じキンポウゲ科の植物です。冬の花が少ない時期に花を咲かせる、常緑の植物です。  日本ではヘレボラス属を全てひとくくりにクリスマスローズと呼びますが、本来のクリスマスローズはクリスマスの頃に開花する「ヘレボラス・ニゲル」を指す名前です。  他には、咲き方や色が豊富な「ヘレボラス・オリエンタリス」や、グリーンの特徴的な花の形状が面白い「ヘレボラス・フェチダス」等、たくさんの種類があります。  クリスマスローズにはグリーンの葉を低く繁らせた中から茎を長く伸ばす有茎種と、茎の低い無茎種があります。

    ニゲル

     

 

目次に戻る≫

クリスマスに咲く! クリスマスローズ・ニゲル

大きな木はすっかり葉をおとし、抜けるような冬の青空に映えていました。

ヘレボレス・ニゲルを見に、長野県茅野市蓼科にあるバラクラ イングリッシュ ガーデンへ。

日本のイングリッシュガーデンの第一人者であるケイ・山田さんがオーナーのガーデンは、ゴールデンウィークから初夏、秋など花が存分に楽しめる時期も素敵ですが、今の時期もとっても素敵です。

大きな木はすっかり葉をおとし、抜けるような冬の青空に映えていました。

 

ガーデンはそこかしこにベンチやチェアがあるので、散策しながらくつろぐこともできます。

ガーデンはそこかしこにベンチやチェアがあるので、散策しながらくつろぐこともできます。

ヘレボレス・ニゲルがあるのは庭園の一番奥です。メドウ・ガーデンを抜けていくと、見えてきました。

 

 

ありました!可憐なつぼみです。うつむいていて奥ゆかしいですね。

クリスマスローズが日本へ輸入されたのは、近年ではなくなんと江戸時代末期から明治初期なんだそうです。当初は薬用植物として輸入されたそうです。

茶花としても人気で、「雪起こし」「寒芍薬」という名で好まれています。確かに、雪が降った後も陽がさせば茎をもたげてまた花が前を向くのでそういった名前で親しまれたのでしょうね。

他に、「八手花笠」「節分草」という和名がありますが、これは春咲きのレンテンローズのことを指します。

 

柏やユリノキの落ち葉のなかから、色濃いギザギザとした葉がたくさん出ています。その中に純白のクリスマスローズが咲いている様子を見ることができました。

柏やユリノキの落ち葉のなかから、色濃いギザギザとした葉がたくさん出ています。その中に純白のクリスマスローズが咲いている様子を見ることができました。

 

まわりの木々が葉を落として冬の景色になっている中、クリスマスローズの花が咲いていることで、このあたりだけ明かりが灯っているようです。

まわりの木々が葉を落として冬の景色になっている中、クリスマスローズの花が咲いていることで、このあたりだけ明かりが灯っているようです。

目次に戻る≫

冬のバラクラ イングリッシュ ガーデン

ガーデンではガーデナーとボランティアの方がたくさんの球根を植えている最中でした。

ガーデンでは、ガーデナーとボランティアの方がたくさんの球根を植えている最中でした。

 

ツツジの花芽と葉芽がよくわかりました。ふっくらしている方が花芽で、小さいマッチ棒の先くらいのものが葉芽だそうです。

ツツジの花芽と葉芽がよくわかりました。ふっくらしている方が花芽で、小さいマッチ棒の先くらいのものが葉芽だそうです。

このツツジは毒があるので鹿も食べないというお話をガーデナーさんがしてくださいました。レンゲツツジの仲間でしょうか。

 

秋に初めてバラクラ イングリッシュ ガーデンを訪れました。

秋に初めてバラクラ イングリッシュ ガーデンを訪れました。

そこから何度か足を運んでいますが、毎回新しい発見があります。花のない時期かに初めてガーデンを見たので、春はどのように花が咲いていくのか、今からとても楽しみです。冬には冬の良さがあります。ガーデンは標高1100mほどの場所に位置しているため、バラの葉もきれいに紅葉している様子がみられます。また、バラの実がたくさんついていて、品種によってまったく形や大きさが違宇様子を観察することができます。枝の色やとげの形や付き方もまったく違うのです。

葉がたくさん茂り、花が開花していく時期にはわからない植物の美しさを探しに行ってみてはいかがでしょうか。

>>>バラクラ イングリッシュ ガーデン

目次に戻る≫

クリスマス時期に見ることができるクリスマスローズ、ヘレボレス・ニゲルをぜひ探してみてくださいね。

クリスマスローズの関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「クリスマスに咲く、クリスマスローズを見に行こう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ