桜(サクラ)の育て方|植物図鑑

植物名
桜(サクラ)
学名

Cerasus

英名
Cherry blossom
和名
科名
バラ科
属名
サクラ属
原産地
日本、中国、朝鮮半島、ヨーロッパ、北米

桜(サクラ)の特徴

桜(サクラ)はバラ科サクラ属の総称です。

日本の春の花代表である桜(サクラ)は種類が多く、自生している種類だけでも15種類位あります。園芸用に品種改良された桜は300品種以上もあります。一般家庭の庭、公共施設の公園、街路にも植えられている樹木です。早咲き種は2月くらいから、それに続くように3月から4月にかけて多くの種類が次々と咲き続けます。

花色は白から薄桃色、濃い桃色、薄黄色まであります。咲きかたも一重のものから八重咲まで多様です。さくらんぼが実るセイヨウミザクラも桜(サクラ)の一種です。

春のお花見シーズンに華やかに咲くのはソメイヨシノという品種です。このソメイヨシノは若木でも花を咲かせる特徴があり、戦後日本中に植えられました。今では桜(サクラ)の代名詞のようになっています。

桜(サクラ)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 3m~10m以上
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白、薄桃色、濃い桃色、薄い黄色
開花時期 2月~4月頃

桜(サクラ)の種類・品種

桜(サクラ)の種類は品種は、山桜が約15種類、品種改良された桜は300種類以上あると言われています。淡紅色をした日本の代表的な桜(サクラ)はソメイヨシノという品種です。濃い紅色の花を咲かせる河津桜は、一重の桜で2月の終わり頃から開花します。また、大輪の花を咲かせる大島桜や小さい花が特徴な深山桜等があります。

生活の中で活用されている桜(サクラ)

桜(サクラ)は、花が綺麗な樹木のイメージが強いですが、私たちの生活の中で沢山活用されている樹木でもあるのです。桜(サクラ)は、綺麗な花を楽しませてくれるだけでなく、我々の生活の身近なところで活用されている樹木です。例えば、桜(サクラ)の樹木は保存性があるので家具や建築等の材料に使われています。楽器にも活用されています。樹皮は茶筒などの装飾用だけでなく咳止めの漢方薬としても利用されています。花や葉は和菓子の材料として桜餅などに活用されています。

国の天然記念物になっている「日本三大巨桜」

日本には桜(サクラ)の名所と呼ばれているところが沢山ありますが、その中でも国の天然記念物に登録されている「日本三大巨桜」と呼ばれている古木の桜(サクラ)が3本あります。

最初の1本は、テレビやマスコミ等で何度も取り上げられている福島県田村郡三春町の「常楽院」にある「三春滝桜」と呼ばれている紅枝垂れ桜です。この桜は江戸彼岸桜の品種で、樹齢が1000年以上あると推定されています。

2本目の桜(サクラ)は、山梨県北杜市武川町山高にある「山高神大桜」です。この桜(サクラ)も江戸彼岸桜の品種です。「日本三大巨桜」の中では最も古木の桜であり、樹齢が1800年から2000年と推定されています。

3本目の桜(サクラ)は、岐阜県の本巣市内にある淡墨公園内に植えられている「淡墨桜」です。この桜(サクラ)は樹齢が約1500年以上と推定されている古木で、江戸御彼岸と呼ばれている品種です。 これらの「日本三大巨桜」は、開花時期になると春の知らせてと共に多くの人々に美しい花を咲かせて楽しませてくれます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング