マハラジャ(ユウヤケサンゴ)の育て方|植物図鑑

植物名
マハラジャ(ユウヤケサンゴ)
学名

Euphorbia lactea

英名
Euphorbia lactea
科名
トウダイグサ科
属名
ユーフォルビア属
原産地
インド

マハラジャ(ユウヤケサンゴ)の特徴

「マハラジャ」は、トウダイグサ科ユーフォルビア属で、この属にはユニークな形の植物がたくさんあります。なかでも、マハラジャは街の園芸店ではあまり売られていない、珍しいユーフォルビアです。怪獣のような、扇のようなウネウネうねったユニークな形と独特な雰囲気で人気があります。全身に鋭いトゲがあるので、触る時には注意が必要です。また、表面を傷つけると白い液体がにじみ出てきますが、毒性があるので触れたら手を洗いましょう。

マハラジャ(ユウヤケサンゴ)の詳細情報

園芸分類 多肉植物、ユーフォルビア
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや強い

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング