ハロウィンとは?始まりや由来、仮装やかぼちゃの意味、本当の楽しみかた

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

ハロウィンとは本当は何のイベント?ハロウィンの起源や由来、本来の楽しみかた、かぼちゃの意味、仮装の意味について。また、自宅で楽しめるハロウィンの過ごし方も紹介します。

目次

2021年のハロウィンはいつ?

2021年のハロウィンは10月31日日曜日です。ハロウィンは暦に関わらず毎年10月31日。キリスト教(カトリック)の祭日である、11月1日の諸聖人の日の前夜祭です。

2021年のハロウィンは10月31日日曜日です。ハロウィンは暦に関わらず毎年10月31日。キリスト教(カトリック)の祭日である、11月1日の諸聖人の日の前夜祭です。

目次に戻る≫

ハロウィンとは?由来や起源

ハロウィンの起源はケルト民族のお祭り ハロウィンの起源はキリスト教より古く、紀元前に行われていたケルト民族の祭事であったと言われています。ケルトの人たちは1年を大きく2つに分けていました。前半は猟をして過ごす夏の時期、5月1日のペルティナから始まり11月1日のサウィンまでです。この前半が終わるサウィン祭の前夜祭がハロウィンの起源だと言われています。  サウィン祭は収穫を祝う日であり、神々や祖先の霊に食べ物を供える日です。サウィンの前夜には「丘」が開き、祖先の霊や妖精たちと共に歓迎しない死者の霊や悪霊が地上に現れる日だと信じられていました。  同じように夏の盛りを祝う夏至祭の前夜にも「丘」が開くので、妖精たちがいたずらをすると言い伝えられています。

ハロウィンの起源はケルト民族のお祭り

ハロウィンの起源はキリスト教より古く、紀元前に行われていたケルト民族の祭事であったと言われています。ケルトの人たちは1年を大きく2つに分けていました。前半は猟をして過ごす夏の時期、5月1日のペルティナから始まり11月1日のサウィンまでです。この前半が終わるサウィン祭の前夜祭がハロウィンの起源だと言われています。

サウィン祭は収穫を祝う日であり、神々や祖先の霊に食べ物を供える日です。サウィンの前夜には「丘」が開き、祖先の霊や妖精たちが現れる日です。同時に歓迎しない死者の霊や悪霊が地上に現れていたずらをするとも信じられていました。

同じように夏の盛りを祝う夏至祭の前夜にも「丘」が開くので、妖精たちがいたずらをすると言い伝えられています。

ハロウィンの由来

やがてキリスト教が広がり、ケルト民族の信仰や文化と融合していきました。ケルトのサウィン祭はキリスト教の万聖節、諸聖人の日へと変わります。諸聖人の日とは聖人と殉教者を記念する日。サウィン祭が諸聖人の日に変わってからも、前夜祭としての慣習が残ったものがハロウィンの由来とされています。

ケルト民族とは?

ケルト民族は紀元前にアイルランドやブリテン島、他ヨーロッパ各地に住んでいたとされています。ケルト民族は単一で国家を作りませんでした。またケルト民族は文字を持たない民族だったため、その歴史や文化についてはまだまだ謎に包まれています。ケルト民族にはドルイドと呼ばれる神官たちがいて、このドルイド僧によって歴史や神話が語り継がれてきました。

ケルト神話によれば、「丘」の地下には常若の国があり、美しい宮殿に神族や妖精、英雄たちが暮らしているとされています。アーサー王を始めとする英雄たちは年に一度、ハロウィンの日には地上に現れ、馬に乗って「丘」を一巡りするそうです。

目次に戻る≫

ハロウィンのかぼちゃの意味は?

ハロウィンの飾り付けでよく見かけるかぼちゃ。お化けの顔のようにくりぬいてランタンに仕立ててあるものが有名です。ハロウィンの象徴のようなかぼちゃのランタンはジャック・オー・ランタンと言います。  ハロウィンは祖先の霊や妖精たちと共に悪霊も地上に現れる日。かぼちゃで怖い顔のランタンを作って悪霊を追い払おうとしたのが由来とされています。

ハロウィンの飾り付けでよく見かけるかぼちゃ。お化けの顔のようにくりぬいてランタンに仕立ててあるものが有名です。ハロウィンの象徴のようなかぼちゃのランタンはジャック・オー・ランタンと言います。

ハロウィンは祖先の霊や妖精たちと共に悪霊も地上に現れる日。かぼちゃで怖い顔のランタンを作って悪霊を追い払おうとしたのが由来とされています。

▼とっても簡単で怖くて可愛い!かぼちゃランタンの作り方

 

目次に戻る≫

ハロウィンの仮装の意味は?

ハロウィンの仮装にはちゃんと意味があります。ハロウィンには祖先の霊や妖精たちに混じって悪霊や悪い精霊も人間の世界に現れるとされています。  この悪霊たちに悪さをされないように、自分も悪霊のような仮装をして気付かれないようにするという意味。または悪霊のような仮装をすることで、反対に悪霊をびっくりさせて追い払うなどの意味があるそうです。  ハロウィンのコスプレは? ハロウィンの仮装の始まりは悪霊を避けるためでした。ハロウィンには魔女や吸血鬼、フランケンシュタインなど、異形の仮装をして楽しみます。  最近のハロウィンは仮装そのものが目的になっているようです。さらに仮装からコスプレを楽しむ日と目的が変化しているようです。日常を離れて好きなキャラクターのコスプレを楽しむ人も増えています。  せっかくですからハロウィン本来の目的に立ち返って、悪霊がびっくりするような仮装を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ハロウィンの仮装にはちゃんと意味があります。ハロウィンには祖先の霊や妖精たちに混じって悪霊や悪い精霊も人間の世界に現れるとされています。

この悪霊たちに悪さをされないように、自分も悪霊のような仮装をして気付かれないようにするという意味。または悪霊のような仮装をすることで、反対に悪霊をびっくりさせて追い払うなどの意味があるそうです。

ハロウィンのコスプレは?

ハロウィンの仮装の始まりは悪霊を避けるためでした。ハロウィンには魔女や吸血鬼、フランケンシュタインなど、異形の仮装をして楽しみます。

最近のハロウィンは仮装そのものが目的になっているようです。さらに仮装からコスプレを楽しむ日と目的が変化しているようです。日常を離れて好きなキャラクターのコスプレを楽しむ人も増えています。

せっかくですからハロウィン本来の目的に立ち返って、悪霊がびっくりするような仮装を楽しんでみてはいかがでしょうか。

目次に戻る≫

ハロウィンの本来の楽しみかた

ハロウィンは祖先の霊や妖精が私たちの世界にやってくる日。かつてはご馳走を作って玄関先に置いたり、家族で食べたりしてお迎えしていたそうです。  またご馳走を用意していないと悪霊にいたずらされてしまうという言い伝えが元となって、「トリックオアトリート」の遊びに発展したと言われています。「トリックオアトリート(Trick or Treat)」は「お菓子をくれないといたずらしちゃうよ」という意味です。  ハロウィンには仮装をした子供たちが家々の玄関をノックし、「トリックオアトリート!」と言います。仮装した子供たちに訪問された家では用意しておいたお菓子を配ります。子供たちはお菓子をたくさんもらえ、大人たちは恐ろしい仮装をした可愛らしい子供たちを迎える楽しい遊びです。

ハロウィンは祖先の霊や妖精が私たちの世界にやってくる日。かつてはご馳走を作って玄関先に置いたり、家族で食べたりしてお迎えしていたそうです。

またご馳走を用意していないと悪霊にいたずらされてしまうという言い伝えが元となって、「トリックオアトリート」の遊びに発展したと言われています。「トリックオアトリート(Trick or Treat)」は「お菓子をくれないといたずらしちゃうよ」という意味です。

ハロウィンには仮装をした子供たちが家々の玄関をノックし、「トリックオアトリート!」と言います。仮装した子供たちに訪問された家では用意しておいたお菓子を配ります。子供たちはお菓子をたくさんもらえ、大人たちは恐ろしい仮装をした可愛らしい子供たちを迎える楽しい遊びです。

ハロウィンにやってはいけないこと

ハロウィンにやってはいけないことは、本当に悪質ないたずらです。お菓子がもらえなかったからってカラースプレーで建物に落書きしたり、他所の家にたまごを投げたりしてはいけません。夜中に大騒ぎをしたり、ゴミを散らかすのもいけないこと。 誰かに迷惑をかけることようなことは絶対にやってはいけないことです。

ハロウィンにやってはいけないことは、本当に悪質ないたずらです。お菓子がもらえなかったからってカラースプレーで建物に落書きしたり、他所の家にたまごを投げたりしてはいけません。夜中に大騒ぎをしたり、ゴミを散らかすのもいけないこと。
誰かに迷惑をかけることようなことは絶対にやってはいけないことです。

目次に戻る≫

自宅でできるハロウィンの過ごし方

自宅でハロウィンパーティーを楽しんでみませんか。友人や近所の人を招いて楽しむ、節度あるハロウィンの過ごし方を紹介します。  ハロウィンの食べ物 本来のハロウィンは収穫と先祖を迎え入れるお祭りです。昔ながらのハロウィンに倣って、秋の収穫を祝うご馳走を楽しみましょう。ハロウィンの象徴のようなかぼちゃ、栗やキノコ、他にもお肉を焼いたり、ハロウィンのお菓子も用意して。  10月31日の夜はもうずいぶんと冷え込みます。暖かい部屋のなかでみんなでご馳走を食べるひと時は至福の時間となるでしょう。  ハロウィンの飾り ハロウィンには自宅も賑やかに飾り付けましょう。視覚からハロウィンを楽しめます。ハロウィンの飾りつけにはジャック・オー・ランタンは必須です。他にもガーランドやキャンドル、ドライフラワーなどを飾り付けます。オレンジ色や黒、紫など、秋の実りと魔女を思わせるような色がハロウィンカラーです。

自宅でハロウィンパーティーを楽しんでみませんか。友人や近所の人を招いて楽しむ、節度あるハロウィンの過ごし方を紹介します。

ハロウィンの食べ物

本来のハロウィンは収穫と先祖を迎え入れるお祭りです。昔ながらのハロウィンに倣って、秋の収穫を祝うご馳走を楽しみましょう。ハロウィンの象徴のようなかぼちゃ、栗やキノコ、他にもお肉を焼いたり、ハロウィンのお菓子も用意して。

10月31日の夜はもうずいぶんと冷え込みます。暖かい部屋のなかでみんなでご馳走を食べるひと時は至福の時間となるでしょう。

ハロウィンの飾り

ハロウィンには自宅も賑やかに飾り付けましょう。視覚からハロウィンを楽しめます。ハロウィンの飾りつけにはジャック・オー・ランタンは必須です。他にもガーランドやキャンドル、ドライフラワーなどを飾り付けます。オレンジ色や黒、紫など、秋の実りと魔女を思わせるような色がハロウィンカラーです。

▼ハロウィンを賑やかに飾りましょう。

子供たちと「トリックオアトリート!」

子供たちを誘って「トリックオアトリート」を楽しみましょう。子供たちも仮装をしてお菓子をもらうのは楽しいもの。大人も可愛らしいお客様を迎えることは楽しいものです。

目次に戻る≫

ハロウィンの始まりは収穫を祝い、祖先の霊を迎え入れるためのお祭りでした。さらに異世界と私たちの世界が繋がるミステリアスな夜です。

ハロウィンは大人も子供も楽しめるイベント。ハロウィンをもっと身近なイベントとして楽しんでみませんか。

 

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハロウィンとは?始まりや由来、仮装やかぼちゃの意味、本当の楽しみかた」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】〈爽やかなライトグリーンの花〉クリスマスローズ 原種リグリクス 1株(開花予定株 13.5cmポット苗)

販売価格:4,235円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A