LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

「し」からはじまる植物31-49件 / 全79件

Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT) 胡蝶

  • 深く落ち着いた色調のブルーと圧倒的な豪華さが際立つ「Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT)」は、日本トップクラスの育種力と生産技術力をもつ高橋康弘(たかはしやすひろ)氏と、「青い花」シリーズをプロデュースし続けるサントリーフラワーズのコラボレーションによりうまれた究極のブルーシクラメンです。 上品で落ち着いた雰囲気のあるブルーシクラメンは大切な方への贈り物にも最適。ご自宅用としてお好きなかごなどに入れてアレンジし、リビングや寝室に置いてもぴったりです。 胡蝶は、白く縁取りされ少し反りのある花弁は、まるで蝶が踊っているような愛らしい咲き姿です。

Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT)

  • 深く落ち着いた色調のブルーと圧倒的な豪華さが際立つ「Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT)」は、日本トップクラスの育種力と生産技術力をもつ高橋康弘(たかはしやすひろ)氏と、「青い花」シリーズをプロデュースし続けるサントリーフラワーズのコラボレーションによりうまれた究極のブルーシクラメンです。 上品で落ち着いた雰囲気のあるブルーシクラメンは大切な方への贈り物にも最適。ご自宅用としてお好きなかごなどに入れてアレンジし、リビングや寝室に置いてもぴったりです。

Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT) 月下

  • 深く落ち着いた色調のブルーと圧倒的な豪華さが際立つ「Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT)」は、日本トップクラスの育種力と生産技術力をもつ高橋康弘(たかはしやすひろ)氏と、「青い花」シリーズをプロデュースし続けるサントリーフラワーズのコラボレーションによりうまれた究極のブルーシクラメンです。 上品で落ち着いた雰囲気のあるブルーシクラメンは大切な方への贈り物にも最適。ご自宅用としてお好きなかごなどに入れてアレンジし、リビングや寝室に置いてもぴったりです。 月下は、月光を受けた雪のように花色を際立たせる銀葉。花弁の先端は月光が差しこんでいるような薄い青色になってます。

Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT) 江戸ノ青

  • 深く落ち着いた色調のブルーと圧倒的な豪華さが際立つ「Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT)」は、日本トップクラスの育種力と生産技術力をもつ高橋康弘(たかはしやすひろ)氏と、「青い花」シリーズをプロデュースし続けるサントリーフラワーズのコラボレーションによりうまれた究極のブルーシクラメンです。 上品で落ち着いた雰囲気のあるブルーシクラメンは大切な方への贈り物にも最適。ご自宅用としてお好きなかごなどに入れてアレンジし、リビングや寝室に置いてもぴったりです。 江戸ノ青は、非常に多く咲く、深い青色のシャープな花弁とふちがギザギザでハート型の葉。ひねりのある花弁のため、上から花を見ると横から見る花からは想像できないフォルムも楽しむことができます。

Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT) 瑠璃玉

  • 深く落ち着いた色調のブルーと圧倒的な豪華さが際立つ「Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT)」は、日本トップクラスの育種力と生産技術力をもつ高橋康弘(たかはしやすひろ)氏と、「青い花」シリーズをプロデュースし続けるサントリーフラワーズのコラボレーションによりうまれた究極のブルーシクラメンです。 上品で落ち着いた雰囲気のあるブルーシクラメンは大切な方への贈り物にも最適。ご自宅用としてお好きなかごなどに入れてアレンジし、リビングや寝室に置いてもぴったりです。 瑠璃玉は、思わず触れたくなる丸く滑らかな花びら。「CCYT」の中で、大きな花を咲かせます。

Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT) 冬化粧

  • 深く落ち着いた色調のブルーと圧倒的な豪華さが際立つ「Cyclamen Creator Yasuhiro Takahashi(CCYT)」は、日本トップクラスの育種力と生産技術力をもつ高橋康弘(たかはしやすひろ)氏と、「青い花」シリーズをプロデュースし続けるサントリーフラワーズのコラボレーションによりうまれた究極のブルーシクラメンです。 上品で落ち着いた雰囲気のあるブルーシクラメンは大切な方への贈り物にも最適。ご自宅用としてお好きなかごなどに入れてアレンジし、リビングや寝室に置いてもぴったりです。 冬化粧は、冬の富士山を思わせるような美しい白と青のコントラスト。垂れ下がった麗しい花姿もお楽しみください。

ジャーマンカモミール

  • 「カモミール」は、ヨーロッパから西アジアに生息しているハーブの一種で、乾燥させカモミールティなどお茶や薬草として昔から使われています。苗と種がありますが、比較的育てやすいため種から育てるのもおすすめです。 ハーブティーにする場合は、飲みやすいジャーマン種をおすすめします。甘い香りは林檎にも似ており、「ジャーマンカモミール」は一年草、「ローマンカモミール」は多年草です。日当たりのよい場所を好みますが、プランターで育てる事もできます。暑さや乾燥には弱いため、夏場に種まきは向かないので気を付けましょう。ジャーマンカモミールは花にしか香りがありません。ハーブティーにすると苦味がないので飲みやすいです。カモミールはヨーロッパでは昔から民間薬として使われてきたハーブのひとつです。

十二の巻(じゅうにのまき)

  • 白いしま模様が特徴の硬い葉を持つ「硬葉系」の種類で、ハオルシアの中では身近に手に入れることができる品種です。比較的丈夫で育てやすく、可愛い見た目から親しまれています。生長はゆっくりなので、あまり大きくさせたくない方にもおすすめです。

シーグレープ(ハマベブドウ)

  • 「海のブドウ」と直訳すれば沖縄名物の居酒屋メニューを想像してしまうかもしれませんが、こちらはフロリダ名産の観葉植物です。 海辺に自生し、ブドウのような房状の実をつけることから名づけられました。原産地では2m以上に成長し、カリブ海沿岸の国々は砂浜沿いにシーグレープの並木を見ることができます。 日本では丸みのある葉と、うねるような枝の流れを楽しむ観葉植物になっています。ピンク色の葉脈を持つ新葉もポイントです。 切り戻してコンパクトな樹形を保ちながら、年間を通して明るい窓辺で管理するとよいでしょう。丸い葉を持つ観葉植物はあまり多くないので、訪れた人の話題になるはずです。 また、熟した果実は食用とされることもあるようです。味は酸味と渋みが強いようで、生で食べるというよりは、ジャムなどに加工されて食べられているようです。

シュガーバイン

  • インテリアグリーンとしても人気のシュガーバイン。爽やかな常緑つる性植物で、ブドウ科の仲間です。シュガーバインは、パルテノシッサスの交配種であり、オランダでの品種改良されたと言われています。葉の裏に甘い樹液をつけるから、sugar(砂糖)vine(つた)と名付けられたようです。

白ボタン(シロボタン)

  • 白いブルームがかった白い葉が美しい多肉植物です。触れると指の跡が付きます。見た目によらず丈夫で育てやすいので、初心者さんにもおすすめの品種。横に広がるように大きくなるというよりは、上に伸びて成長します。 冬は紅葉してほんのり葉先がピンクになります。 以前は「エケベリア」分類されていましたが近年は「グラプトベリア」に分類されたようです。

シマオオタニワタリ

  • アスプレニウムの定番種ともいえるタニワタリになります。数多く存在するアスプレニウム属の中でも特に巨大化し、大きいものでは人の背丈をも超える場合があります。 日本では沖縄などの温暖な地域に分布しており、街路樹やジャングルの中の樹皮や岩に着生している着生植物となります。 新芽は食用とされ、天ぷらやおひたしなどにして食べられているようです。近縁種のオオタニワタリとは胞子の付き方で判別が出来ます。逆に、胞子が付いていない状態では判別は難しいでしょう。

シュロチク(棕櫚竹)

  • 細い葉がシュロに似ているため、シュロチクと呼ばれています。名前こそ棕櫚竹(シュロチク)ですが、イネ科である竹の仲間ではなくヤシの仲間になります。寒さや日陰にも強く、常緑で四季を通じて緑の葉を楽しむことができ、環境合わせて育てやすく丈夫な観葉植物です。直射日光や強い風が当たる場所は避け、明るい日陰に置いて育ててください。室内屋外ともに生育が可能です。また水分を好みますので、生育期には水やりを多く行ってください。乾燥させてしまうと、葉先が枯れてしまったり落葉したりすることがあります。

ジャックと豆の木

  • 別名はブラックビーン、オーストラリアンビーンズ、グリーンボール、ジャイアントビーンズ、ラッキービーン、カスタノスペルマムなどがあります。 直径5cm位の豆からぱかっと割れ芽が伸び縦に成長していきます。自生地では樹高40mにもなる植物で本当に童話の「ジャックと豆の木」のようにすくすく大きくなる植物です。樹高が20m位になると花も咲きますが日本ではなかなか咲かせるまで大きく育てるのは難しいようです。販売されている苗は矮化剤で成長を抑えられている為しばらくの間は成長もゆっくりです。 葉や実には毒が含まれています。 ユニークな姿と育てやすさから近年観葉植物として人気があります。

白樺麒麟(シラカバキリン)

  • 白樺キリンは、多肉植物のユーフォルビアの一種。まるでサボテンのような外見をしています。比較的育てやすい品種です。乾燥を好み暑さにもある程度耐えます。一方冬の寒さには弱いため、冬越しをする際は霜や凍結に注意します。

シュラブ・ローズ(半つる性バラ)

  • イングリッシュローズなどのシュラブローズはブッシュローズとクライミングローズの中間的な樹形で、やや高性になるものや半つる性になるものです。オールドローズやイングリッシュローズの大部分、野生種やモダンローズの一部も含まれます。また、イングリッシュローズの中でも品種によってはシュラブタイプの樹形にならない品種もあります。 バラ科・バラ属の落葉性の低木・花木で、その多くは葉や茎にトゲを持ちます。樹形からブッシュローズ(木立ち性)、シュラブローズ(半つる性)、クライミング・ローズ(つる性、つるバラ)の3タイプに分けられています。イングリッシュローズはシュラブ・ローズとも呼ばれますがブッシュからクライマーまで幅広いタイプが含まれます。半つる性という特性をもった、仕立て方によってブッシュローズのようにもつるバラのようにも形を変えることが出来るのが特徴です。花の大きさ、花型はさまざまで開花もまちまちです。樹性は枝幹が斜めに伸び、横に広がります。樹高は全体的に高くなるので広いスペースが必要です。

ジャーマンアイリス

  • 和名「ドイツアヤメ」の他、「レインボーフラワー」、「ヒゲ(ビアデッド)アイリス」といった名前でも知られています。 レインボーフラワーの名は、アイリスの中では最も豊かな色のバリエーションを誇ることからきています。ヒゲアイリスは花弁のつけねにヒゲのような毛が密生することに由来しています。 野生種が自然交配されたものに、人の手を加えてバリエーションをひろげました。現在も花弁の形状に改良が進められており、フリルやフリンジの入ったものが登場しています。香りも豊かで、さらに開花期を前後にずらしたもの、矮小種も存在します。

シンビジウム

  • シンビジウムは多肉性の常緑植物です。原産地では樹に着生したり、根元に地生したりする半着生のランです。花茎が直立するタイプや弓状になるタイプ、下垂するタイプとあり、また花の大きさも10cm以上の大型種から3cm程度の小型種まであります。シンビジウムが最初に発見されヨーロッパに紹介された18世紀後半以降、インドからイギリスへ各種のシンビジウムが送られ、交配が進みました。 日本には明治以降に入り、鉢花として贈答用としても人気があります。花の観賞期間が長く、コチョウランと並ぶ人気の洋ランで最近は切り花にも出回っています。

ジャボチカバ

  • ジャボチカバは樹高およそ3mほどの常緑性果樹です。一番の特徴は花や実のつく場所。普通の果樹は枝の先に花を咲かせて実をつけますが、ジャボチカバは幹や太い枝に張り付くように花を咲かせ実をつけます。花は雄しべが長く放射状に広がる白い花で、果実は巨峰に似ていて紫色です。実がブドウに似ているため、「木葡萄」とも呼ばれているそうです。
«...234

人気の植物ランキング