冬でも育てられる寒さに強い観葉植物

fukamidori

fukamidori

19520views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey-e1480498673143

観葉植物の多くは、熱帯など暖かいところが原産なので日本の寒さはかなり厳しい環境です。

しかし、冬でも育てやすい植物は意外にもたくさんあります!そんな中でも比較的寒さに強い植物をまとめました。

 

アイビー

耐陰性:あり

耐寒性:0℃以上

耐寒温度は、0℃~3℃くらいでも育ちます。アイビーは暑さにも寒さにも比較的強い植物です。暖かい地方であれば冬でも戸外で育てることも可能です。室内で育てる場合は温度を気にする必要は特にないでしょう。

13816913_1075140105940880_1658027940_n

 

オリーブ

耐陰性:なし

耐寒性:0℃以上

日当たりが大好きです。0℃以上であれば耐寒性があります。基本的な管理方法では、風通しの良い戸外で育てます。ただ、寒冷地では、冬は霜の当たらない軒下や、夜は室内に入れるなどの工夫が必要でしょう。

Gubbio, Italy

 

シュガーパイン

耐陰性:なし

耐寒性:0℃以上

窓辺のカーテン越しの明るいところや風通しの良いところで管理しましょう。ある程度、耐陰性があるので明るい日陰で育てることも可。光が足りないと、葉っぱの間隔の幅が大きくなったりするので置く環境を見極めましょう。直射日光に当てると葉焼けするので注意しましょう。

13570221_1062941863827371_222728233_o-1

 

オリヅルラン

耐陰性:あり

耐寒性:5℃以上(シャムオリヅルランは10℃以上)。

日当たりを好みます。真夏以外はできるだけ日光に当てるといいでしょう。真夏の直射は避け、真冬は軒下や室内など霜のあたらない場所に置きます。

Chlorophytum Comosum

 

オーガスタ

耐陰性:なし

耐寒性:5℃以上

丈夫で枯れにくく育てやすく人気のある観葉植物です。直射日光のあたる高めの温度の場所か、冬は5℃以上の場所で育てましょう。

IMG_3851

 

ガジュマル

耐陰性:なし

耐寒性:5℃以上

日光に当たる場所がいいです。生命力のあるガジュマル。冬場は室内であればある程度の寒さにも耐えられます。

10182014

 

いかがでしたか?

観葉植物は、一般的に水やりの頻度を控えることで寒さへの耐性が向上するそうです。

目安としては気温が5℃以下になる時期は、土が完全に乾いてから4~5日おいてから水をたっぷり与えるといいでしょう。ただし、すべての観葉植物に適応できるわけではなく、もともと寒さに弱い植物はその限りではありませんのご注意を。

十分に準備をしてきちんと冬越しをさせてあげましょう!

 

「冬でも育てられる寒さに強い観葉植物」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

fukamidori
fukamidori

1996年生まれの学生、カメラと歌が趣味です。小さな頃から植物に囲まれて育ってきました。LOVEGREEN編集部でアシスタントとして記事を書いています。