寒さに強い観葉植物と冬越しで気をつけるポイント

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

観葉植物の多くは熱帯など暖かいところが原産です。そのため、日本の冬の寒さは観葉植物にとってはかなり厳しい環境となります。しかし、耐寒性があり寒さに強い種類もあります。 観葉植物の中でも比較的冬の寒さに強い植物の種類と、気をつけたいことをまとめました。

目次

「寒さに強い」けど気をつけること

ここで紹介する観葉植物は低温にも強い種類ではあります。とは言え、環境によっては寒さで傷むこともあります。朝晩は気温が低くても、昼間は温かくなる日があるように1日を通しても気温は上下します。ラベルなどに記載してある耐寒温度より、余裕を持って管理をすることをおすすめします。特に屋外で管理をしている場合、室内へ取り込むようにしてください。また、室内で管理する際は、冬場の窓辺は夜間に極端に気温が下がります。置き場所も工夫しましょう。それぞれの観葉植物の耐寒性を調べ、十分に準備をしてきちんと冬越しをしましょう。

水やりは控えめにし、葉水で乾燥予防

冬は一般的に水やりの頻度を控えることで寒さへの耐性が向上します。

ただし、すべての観葉植物に適応できるわけではないので、育てている植物のことを確認してから適した管理をしましょう。室内で管理をしていると空調で空気は乾燥します。適度な湿度を保つためにも霧吹きを使って葉水をするようにしてください。

耐寒性の強い観葉植物

アイビー(ヘデラ)

耐陰性:あり 耐寒性:0℃以上  暑さ寒さに強く、温暖な地域ならば冬でも屋外越冬が可能な観葉植物です。耐陰性もあるため室内で管理することもできますが、日光が当たっている方が葉の模様が綺麗にでるため、出来るだけ昼間は日光に当てましょう。

アイビーはウコギ科キヅタ属に分類されるつる性植物。

暑さ寒さに強く、温暖な地域ならば冬でも屋外越冬が可能な観葉植物です。耐陰性もあるため室内で管理することもできますが、日光が当たっている方が葉の模様が綺麗にでるため、できるだけ昼間は日光に当てましょう。

アイビー

  • アイビーはウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物で、属名のヘデラの名前でも流通しています。葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。アイビーは性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。 また、地面に植えたアイビーは家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。アイビーは水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。アイビーは耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

 

目次に戻る≫

シュガーパイン

耐陰性:あり 耐寒性:0℃以上  シュガーパインは窓辺のカーテン越しの明るいところや風通しの良いところで管理しましょう。ある程度耐陰性がある観葉植物で明るい日陰で育てることも可能ですが、日光が足りないと徒長してしまうので置く環境を育てながら見極めると良いでしょう。直射日光に当てると葉焼けするので注意しましょう。

常緑つる性植物で、ブドウ科の仲間のシュガーパイン。観葉植物としてだけではなく、寄せ植えなどにも使われています。冬は窓辺のカーテン越しや、明るく風通しの良いところで管理しましょう。ある程度耐陰性がある観葉植物なので日の入る日陰で育てることも可能です。しかし日光が足りないと徒長してしまうので、できるだけ日当たりの良い場所での管理が望ましいです。直射日光に当てると葉焼けするので注意しましょう。

シュガーバイン

  • インテリアグリーンとしても人気のシュガーバイン。爽やかな常緑つる性植物で、ブドウ科の仲間です。シュガーバインは、パルテノシッサスの交配種であり、オランダでの品種改良されたと言われています。葉の裏に甘い樹液をつけるから、sugar(砂糖)vine(つた)と名付けられたようです。

 

目次に戻る≫

アガべ

アガべ

南アメリカやメキシコが原産のアガべ。多肉植物の中でも、寒さには強い方です。3度までは屋外でも育つ種類が多いのですが、霜が降りたりすると傷んでしまいます。余裕をもって室内に取り込んでください。種類によって耐寒性は異なるので耐寒温度を調べることをおすすめします。

アガベ(リュウゼツラン)

  • メキシコを中心にアメリカ大陸全体に分布している多肉植物です。その品種は300種類以上もあると言われています。先の尖った葉がロゼット状に広がります。直径5cm程度の小さなものから5mを超すような大きなものまでサイズも様々です。耐寒性があり品種によっては屋外で越冬可能です。開花までに10年から数十年かかるのも特徴で、花を咲かせた後に親株は枯死してしまいます。酒のテキーラはアガベ・テキラーナ(Agave tequilana)という種類の樹液を原材料として作られており、テキーラの生産地では多くのアガベ・テキラーナが栽培されています。

 

目次に戻る≫

パキラ

寒さに強い観葉植物 パキラ
熱帯アメリカ原産のパキラ。乾燥、寒さ、日陰にも強いというタフな観葉植物です。春から秋は屋外でも管理が可能です。寒さに強いからと言って屋外での越冬は避けてください。耐陰性があり、日の入る部屋ならば育てることはできますが、日光が不足いしてると下葉が落ちてしまうことも。日がよく当たる窓辺などで管理するほうが健やかに育ちます。。

パキラ

  • パキラは原産地では熱帯の日当たりが良い場所に生育する常緑高木です。その高さは20mにもおよびます。大きく育った樹木には果実が実り、その種子は焼いて食用にされています。手を広げた様に放射状に広がる葉は5~7枚くらいのボート型をしており、つやがあります。棍棒状に肥大する幹がポイントで、観葉植物として流通するパキラは実生繁殖による細い幹のものと、挿し木による太い幹のものがあります。複数のパキラをよじって仕立てたものなど樹形のバリエーションも豊富です。

 

目次に戻る≫

ストレリチア

ストレリチア

濃い緑色の大きな葉が広がり、エキゾチックな印象のストレリチア。ぱっと見では南国風な見た目とは裏腹に寒さには強い種類です。それだけではなく、乾燥、日陰にも強いので日の入る場所ならば育てることができます。耐寒性があるとは言え、冬は室内のよく日の当たる場所で育ててください。

オーガスタ

  • オーガスタは、バナナの葉のような葉がトロピカルなイメージで丈夫で枯れにくく育てやすく人気のある観葉植物です。 学名は 「Strelitzia nicolai」と言い、皇帝ニコライ一世の名前から nicolai が由来です。オーガスタは、白い綺麗な花も咲くことから「天国の白い鳥」とも呼ばれています。 葉のボリュームがあるので、玄関や廊下など、ある程度スペースのある場所に置くといいでしょう。オーガスタを置くだけでリゾート感たっぷりの雰囲気を楽しむことができます。  

 

目次に戻る≫

 

▼関連記事

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「寒さに強い観葉植物と冬越しで気をつけるポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】クリスマスローズ おまかせ3株セット (開花予定株 約13.5cmポット苗)

販売価格:5,940円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A