前田有紀の一“花”言vol.71「桜(サクラ)」〜暮らしの中で、季節を楽しむ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

フラワーアーティストの前田有紀さんが、一家言ならぬ一“花”言と称して、その時期に気になる旬のお花や魅力、そして前田さんならではのアレンジ術などをお届けするこちらの企画。vol.71は「桜(サクラ)」をご紹介!卒業から入学の時期に咲く、日本の春の花代表ともいえる樹木です。

目次

桜(サクラ)

桜が咲きましたね!東京はすっかり満開のピークを過ぎていますが、私の住む鎌倉は少しだけ遅く咲くので、まだまだ楽しめそうです。去年は、ステイホーム期間でしたね。散歩の途中で、息子と桜を見上げていたのが、とても懐かしいです。そんな方も多いのではないでしょうか?

桜が咲きましたね!東京はすっかり満開のピークを過ぎていますが、私の住む鎌倉は少しだけ遅く咲くので、まだまだ楽しめそうです。去年は、ステイホーム期間でしたね。散歩の途中で、息子と桜を見上げていたのが、とても懐かしいです。そんな方も多いのではないでしょうか?

目次に戻る≫

桜(サクラ)|種類・選び方

さて、今年はお家で飾る人が増えてきているためか花屋でも桜がとても人気です。  桜の種類は本当にたくさんあります。お花見の定番のソメイヨシノや、濃いピンク色と細い枝ぶりが楽しめるひより桜、白に近く花びらが大きい吉野桜など。

さて、今年はお家で飾る人が増えてきているためか花屋でも桜がとても人気です。

桜の種類は本当にたくさんあります。お花見の定番のソメイヨシノや、濃いピンク色と細い枝ぶりが楽しめるひより桜、白に近く花びらが大きい吉野桜など。

 

切り花の中では一番人気が高いのが啓翁桜。淡いピンク色の桜で、水揚げの力が強くて、切り花として飾るのにとても適した桜です。葉桜になってからも楽しめるので、長く飾っておけます。

切り花の中では一番人気が高いのが啓翁桜。淡いピンク色の桜で、水揚げの力が強くて、切り花として飾るのにとても適した桜です。葉桜になってからも楽しめるので、長く飾っておけます。

 

そして、淡くて繊細な花をつける彼岸桜など。花屋さんで飾る時にも名前を確認して、違いを見比べられたらいいですね。少し寂しく見えても、花の咲いている数よりも、つぼみの数が多いものを選ぶと、部屋の中で長く楽しめます。満開に咲いたときはとても嬉しいですよ!

そして、淡くて繊細な花をつける彼岸桜など。花屋さんで飾る時にも名前を確認して、違いを見比べられたらいいですね。少し寂しく見えても、花の咲いている数よりも、つぼみの数が多いものを選ぶと、部屋の中で長く楽しめます。満開に咲いたときはとても嬉しいですよ!

目次に戻る≫

桜(サクラ)|おすすめの飾り方

我が家でも様々な飾り方をしているのでご紹介します。

玄関に飾る

まずは玄関。室内で飾る場合はどうしても暖かくてすぐに咲いてしまうので、まだまだ外が寒い時期は長く楽しむためにドアのすぐ脇のところに飾っています。

まずは玄関。室内で飾る場合はどうしても暖かくてすぐに咲いてしまうので、まだまだ外が寒い時期は長く楽しむためにドアのすぐ脇のところに飾っています。

小さな花瓶に1、2本生ける

 枝物というと、「ちゃんとした器がないと」と、ハードルが高い印象をお持ちの方も多いと思います。  枝が細めの小ぶりな桜なら、小さな花瓶ととてもよく馴染みます。少し長めに生けてあげると、より桜の枝ぶりまで楽しむことができますよ!

枝物というと、「ちゃんとした器がないと」と、ハードルが高い印象をお持ちの方も多いと思います。

枝が細めの小ぶりな桜なら、小さな花瓶ととてもよく馴染みます。少し長めに生けてあげると、より桜の枝ぶりまで楽しむことができますよ!

季節の枝物と合わせる

 桜と同じく、この時期に旬を迎えているコデマリと合わせて飾りました。  直線的な桜の枝に比べて、流れるような動きがあるコデマリ。一緒に生けることで、動きが出て、より自然な印象に仕上がります。どちらも枝物なので、ハサミを縦にいれて切り込みをいれてあげると、より水揚げがよくなります。  「桜は外で鑑賞するもの」そんな印象が強い方も多いかもしれませんが、お家に飾ってみると、花の細部までじっくり眺めたり、暮らしの中で、季節を楽しむことができて、明るい気持ちで過ごせますよ。「桜の花」が春の思い出の一つになっていったらいいなと願っています。

桜と同じく、この時期に旬を迎えているコデマリと合わせて飾りました。

直線的な桜の枝に比べて、流れるような動きがあるコデマリ。一緒に生けることで、動きが出て、より自然な印象に仕上がります。どちらも枝物なので、ハサミを縦にいれて切り込みをいれてあげると、より水揚げがよくなります。

「桜は外で鑑賞するもの」そんな印象が強い方も多いかもしれませんが、お家に飾ってみると、花の細部までじっくり眺めたり、暮らしの中で、季節を楽しむことができて、明るい気持ちで過ごせますよ。「桜の花」が春の思い出の一つになっていったらいいなと願っています。

目次に戻る≫

PROFILE
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

前田有紀さんのプロフィール写真

フラワーアーティスト 前田有紀さん

10年間テレビ局に勤務した後、2013年イギリスに留学。コッツウォルズ・グロセスター州の古城で見習いガーデナーとして働いた後、都内のフラワーショップで3年の修業を積む。「人の暮らしの中で、花と緑をもっと身近にしたい」という思いからイベントやウェディングの装花や作品制作など、様々な空間での花のあり方を提案する。2018年秋に自身のフラワーブランドguiを立ち上げる。

Facebook/前田有紀『一日一花』
instagram/前田有紀 『一日一花』
Instagram/“guiflower”

前田有紀の一“花”言 バックナンバー

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「前田有紀の一“花”言vol.71「桜(サクラ)」〜暮らしの中で、季節を楽しむ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A