セージの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

セージの花言葉や特徴をご紹介。セージは爽やかな香りがするハーブ。丈夫で育てやすく、古くから薬草としても用いられてきた歴史があり、現在では料理の臭みとりや香りづけ、ハーブティー、アロマなどに使われています。

セージの花言葉

セージの花言葉は「尊敬」「知恵」「家族愛」「幸せな家庭」

 

セージについて

科・属 シソ科・サルビア属
和名 ヤクヨウサルビア
英名 Sage
学名 Salvia officinalis
原産地 地中海沿岸
開花期 品種によって異なる

 

セージの特徴

セージは、地中海沿岸を原産とするシソ科のハーブ。全草に爽やかな香りがあります。古くから薬効があると信じられ、料理や治療、魔除けにも使われてきたこともあり、和名では「ヤクヨウサルビア」と呼ばれています。また、ソーセージを作るときによくセージが使われることから、セージはソーセージの語源だという説もあります。セージは肉料理の臭み消しや香りづけの他、お茶、精油などにも使われています。セージの香りは主に葉にあり、ハーブとして使うのも花ではなく葉の部分です。

セージには多くの種類がありますが、ハーブのセージといえばコモンセージで、料理のスパイスや臭み消し、ハーブティーなどに使われます。コモンセージは、古い時代から免疫力を助ける薬草や香辛料として活用されてきたことから「長寿のハーブ」の呼び名もあります。

セージは、暑さ寒さに強く、手をかけなくても枯れずに育つ丈夫なことから「不死の植物」とされていたとも言われています。セージには不老不死や長寿をもたらす力があると信じられていたことや、そんなセージを家の庭に植えると家族が健康で幸せになるイメージから、花言葉が「尊敬」「知恵」「家族愛」「幸せな家庭」になったのではないでしょうか。

 

セージの種類

コモンセージ

コモンセージ

料理のスパイスや臭み消し、ハーブティーに使われます。5月~7月頃、青紫の花を咲かせます。

コモンセージ

  • コモンセージはヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。コモンセージは古代ギリシア・ローマの時代から免疫力を助ける薬草や香辛料として活用され長寿のハーブの呼び名もあります。ハーブの「セージ」いえばコモンセージで、料理のスパイスや臭み消し、ハーブティーなどに利用されています。 コモンセージは初夏に咲く花も美しく、鑑賞用としても利用されています。葉の色はシルバーグリーンなので、花のない季節はカラーリーフとしても美しいハーブです。

ホワイトセージ

ホワイトセージ

茎や葉など全体が白っぽいセージです。ネイティブアメリカンは、ホワイトセージの葉をいぶして浄化に使用したと言われています。6月~8月頃、青紫の花を咲かせます。

ホワイトセージ

  • ホワイトセージは正式名称がサルビア・アピアナで高さ1.5mほどになる常緑の低木です。アメリカのカリフォルニア州南西部に分布しており、茎や葉など全体が白っぽく見えることからホワイトセージと呼ばれています。葉は長さ15センチほどの楕円形で両面に細かな毛が生えています。葉には油分を含み、こするとセージの香りを一層強くしたような芳香があります。1mほど花茎をのばした先端に春に咲く花は白から淡いラベンダー色になり、ミツバチにとっての蜜源植物でもあります。特にネイティブアメリカンの生活に利用される機会が多く、宗教儀式の香として焚いたり薬草として葉を食べたり煙をかぶったり、また食用にも用いられています。

チェリーセージ

チェリーセージ

葉に甘い香りがあります。5月~11月頃までの長い期間花を咲かせます。花色は赤、ピンク、白、赤と白が混ざっているものなどがあります。

チェリーセージ

  • チェリーセージは、初夏から晩秋までの長い期間開花するシソ科の多年草です。葉や花にフルーティーな甘い香りがするのが名前の由来です。丈夫で暑さに強く、環境に合えば植えっぱなしで毎年開花するため、夏から秋の庭の彩として取り入れる方も多い花です。 チェリーセージという名は、サルビア・ミクロフィラとサルビア・グレッギー、およびミクロフィラとグレッギーの交雑種のサルビア・ヤメンシスなどの総称です。 セージ類はブルー・紫系の花が多いですが、チェリーセージは花色が豊富なのが特徴のひとつです。毎年新品種が作り出され、最近は斑入り品種もあります。どの品種も丈夫で花期が長いことに変わりはありませんが、草丈や耐寒性は品種によって違いがあります。

ペインテッドセージ(サルビアホルミナム)

ペインテッドセージ(サルビアホルミナム)

ミントに似た葉の形をしています。4月~7月頃、紫、ピンク、白などの花を咲かせます。

ペインテッドセージ(サルビア・ホルミナム)

  • ペインテッドセージは、ミントに似た葉の形をしたハーブです。利用用途は主に観賞用で、春から初夏まで開花する一年草です。 頂点の色づいている花に見える部分は苞(ホウ)で、苞の下の部分にあるのが花です。花と葉の中間のような雰囲気なので、カラーリーフとして花壇や寄せ植えなどに使うと効果的です。花は切り花やドライフラワになり、市場でも流通しています。

クレベラントセージ

クレベラントセージ

葉に甘い香りがあります。5月~10月頃に淡い紫色の花が咲きます。

クレベラントセージ

  • クレベラントセージは、カルフォルニア原産の常緑低木で、初夏から秋にかけて、淡い紫色の花を咲かせる観賞用のセージです。クレベラントセージの花は、茎に段々とリング状の小さな花が集合している姿で咲きます。茎は柔らかい毛に覆われて、葉っぱには甘い香りがあります。葉っぱのシルバーグリーンと、花の淡い紫色の色合わせがとても美しく、涼しげな雰囲気があります。

メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)

メドーセージ

花はシソ科特有のリップ状の特徴的な形状をしています。6月~10月頃、青~紫色の花が咲きます。

メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)

  • メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)は、シソ科の多年草です。流通名のメドーセージは日本国内のみの流通名です。メドーセージいう名前は、本来は他のシソ科の植物を指します。 メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)は非常に強健で、暑い夏の盛りから秋まで花を咲かせてくれます。花色は濃い青から深い紫まであります。ガクが黒いのが特徴です。花は長さ3~4cm程度、シソ科特有のリップ状の特徴的な形状をしています。すっと伸びた茎に縦に連なるように10輪前後の花を咲かせます。 メドーセージ(サルビア・ガラニチカ)は、開花期に切り戻しを行うと長く花を楽しめます。また、思い切って切り戻すことで小さめに仕立てて楽しむことが出来ます。地下茎で増えるので、庭植にすると群生します。  

ボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)

澄んだブルーの花を咲かせます。花期は5月~10月頃です。

ボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)

  • ボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)は、初夏から秋にかけて澄んだブルーの花を咲かせる耐寒性多年草です。ハーブの仲間ですが、用途は主に観賞用です。 名前のボックは湿地を意味する言葉で、数多くの種類のあるサルビア、セージ類は乾燥を好みますが、このボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)は湿地を好み、極端に乾燥している土地への植栽は向かない種類です。 暑さ寒さに強く、春に植栽すればその年中にたくさんの花が咲く丈夫で生長の早い草花です。穂状の花のひとつひとつが小ぶりで繊細で優しい風情があり、澄んだブルーの花色は涼やかな雰囲気です。 ボックセージ(サルビア・ウルギノーサ)は、背丈がとても高くなるセージのひとつです。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

アメジストセージ

ベルベットのような質感の花穂をもちます。花期は9月~11月頃です。

アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)

  • アメジストセージはメキシコから中米原産の観賞用のセージの一種です。学名はSalvia leucantha(サルビア・レウカンサ)ですが、アメジストセージの名前で流通しています。 とても丈夫で植えっぱなしで年々大株になります。花は秋から開花し、大株になると紫色の長い花穂が株一面を覆うように咲き誇り、秋の庭を美しく彩ります。 花に見えるベルベットのような肌触りの部分はガクで、花はガクから突き出すように咲き、色は白や紫、ピンクなどがあります。暑さにもとても強く、春に植え付けると一年目からたくさんの花が楽しめるため、秋の庭に植えておきたい一株です。 アメジストセージ(サルビア・レウカンサ)は、とても生長が早く、株元は次第に木化します。あまり大きくしないためには春から初夏に剪定して仕立てるとよいでしょう。また、株はまっすぐ上には伸びず、広がるように生長します。強風で倒れてしまうこともあるので、必要に応じて支柱を立てましょう。

ラスティセージ

ラスティセージ

ピンク~グリーン色のアンティークな色合いの花色とシルバーグリーンの葉が特徴的です。花期は5月~11月頃です。

ラスティセージ

  • ラスティセージは、ピンク~グリーン色のアンティークな色合いの花色とシルバーグリーンの葉が特徴の南アフリカ原産のセージです。 ラスティセージの花は、初夏から秋まで長く咲き続けます。花が散った後も、微妙な色合いのガクが残るので、ひとつの花を長い期間楽しむことができます。

コバルトセージ

コバルトセージ

草姿がとても繊細な雰囲気ながらとても丈夫です。8月~10月頃に青い花を咲かせます。

コバルトセージ

  • コバルトセージは、コバルトブルーの美しい花を夏の終わりから秋にかけて咲かせる宿根草のサルビアです。冬は地上部分が無くなりますが、春に芽吹き、大きく育てると1m以上になります。 株は大きくなりますが、花のひとつひとつは小さいのと葉が細いので、繊細な雰囲気もあります。性質が強いため、環境に合えば植えっぱなしで毎年開花する丈夫な宿根草です。

 

セージの育て方はこちら

セージ

  • セージは、ヨーロッパ地中海原産のシソ科のハーブ。和名は「ヤクヨウサルビア」と呼ばれてます。セージは「コモンセージ」「ホワイトセージ」、「ゴールデンセージ」、「パープルセージ」、他にも種類が豊富にあるのも人気の理由のひとつ。コモンセージは古代ギリシア・ローマの時代から免疫力を助ける薬草や香辛料として活用され長寿のハーブの呼び名も。料理のスパイスや臭み消し、ハーブティーなどに利用されてます。

▼編集部のおすすめ

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「セージの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス