秋も多肉植物~寄せ植え作りにチャレンジ!

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

多肉植物の寄せ植えの作り方

鉢の底にネットを敷き、赤玉土を鉢の1/5ほど入れます。  赤玉土は鉢底石の代わりになり、細かい土が底穴から流れ出ることを防ぐとともに、排水を良くする役目をします。

鉢の底にネットを敷き、赤玉土を鉢の1/5ほど入れます。

大粒の赤玉土は鉢底石の代わりになり、細かい土が底穴から流れ出ることを防ぐとともに、排水を良くする役目をします。

 

鉢の半分くらいまで土を入れます。

鉢の半分くらいまで土を入れます。

 

後ろ側に植える背の高い多肉植物から、根をほぐして土を落としながら株分けします。  今回は株分けした1/3を寄せ植えに使いました。

後ろ側に植える背の高い多肉植物から、根をほぐして土を落としながら株分けします。

今回は株分けした1/3を寄せ植えに使いました。

 

鉢の後ろ側に配置して、周りに土を足して多肉植物を立たせます。

鉢の後ろ側に配置して、周りに土を足して多肉植物を立たせます。

 

順にポットから出して、根をほぐしながら株分けして植えていきます。

順にポットから出して、根をほぐしながら株分けして植えていきます。

 

苗を足すごとに、周りに土を入れてしっかりと安定させます。

苗を足すごとに、周りに土を入れてしっかりと安定させます。

 

グリーンネックレスは、なるべく根を切らないようにしながらしっかりと土を落とします。土を落としてから、双方に根があるように2つにカットして使いました。

グリーンネックレスは、なるべく根を切らないようにしながらしっかりと土を落とします。土を落としてから、双方に根があるように2つにカットして使いました。

 

グリーンネックレスの1つは、後ろから前に流れるように植えます。

グリーンネックレスの1つは、後ろから前に流れるように植えます。

 

もう1つのグリーンネックレスを手前に垂れ下がるように植えてから、ポイントになる背が低くて大き目の多肉植物を植え、隙間がある部分に土を足します。スティックを使って土をつっつきながら土をたっぷり入れます。

もう1つのグリーンネックレスを手前に垂れ下がるように植えてから、ポイントになる背が低くて大き目の多肉植物を植え、隙間がある部分に土を足します。スティックを使って土をつっつきながら土をたっぷり入れます。

 

忘れがちな真ん中部分もスティックで隙間を確認して土を足していきます。隙間が残っていると、水をあげた時に土がしずみ、多肉植物がぐらついてしまいます。

忘れがちな真ん中部分もスティックで隙間を確認して土を足していきます。隙間が残っていると、水をあげた時に土がしずみ、多肉植物がぐらついてしまいます。

 

完成です。  株分けをしたり、根をカットしたりと多肉植物を傷つけているので、2、3日直射日光があたらない半日陰で管理した後に、鉢の底から流れ出るくらいお水をあげましょう。  その後は日当たりと風通しの良い場所で育てます。土が乾く前に水をあげると根腐れの原因になるので注意します。

完成です。

株分けをしたり、根をカットしたりと多肉植物を傷つけているので、2、3日直射日光があたらない半日陰で管理した後に、鉢の底から流れ出るくらいお水をあげましょう。

その後は日当たりと風通しの良い場所で育てます。土が乾く前に水をあげると根腐れの原因になるので注意します。

目次に戻る≫

多肉植物の寄せ植えのまとめ

LadyBirdたにく&さぼてん代表の福田洋一さんに「初心者でも育てやすい多肉植物の寄せ植え」を教えていただきました。笑顔の素敵な福田さん、ありがとうございました。  今回使った多肉植物は、風通しの良い日当たりを好み、高温多湿を嫌い、冬は霜にあたらなければ屋外で越冬できるものです。寒暖差によって紅葉がきれいに出ることもあるので、できれば屋外で育てた方が多肉植物たちにとっては環境が良いかもしれませんね。  夏の直射日光を避け、ベランダや軒下など、長雨にあたらない日の当たる風通しの良い場所で育てることをおすすめします。室内で育てたい場合も、午前中だけ外で日に当てるなどした方が徒長を防げますよ。  ぜひ、秋も多肉植物をお楽しみください!

LadyBirdたにく&さぼてん代表の福田洋一さんに「初心者でも育てやすい多肉植物の寄せ植え」を教えていただきました。笑顔の素敵な福田さん、ありがとうございました。

今回使った多肉植物は、風通しの良い日当たりを好み、高温多湿を嫌い、冬は霜にあたらなければ屋外で越冬できるものです。寒暖差によって紅葉がきれいに出ることもあるので、できれば屋外で育てた方が多肉植物たちにとっては環境が良いかもしれませんね。

夏の直射日光を避け、ベランダや軒下など、長雨にあたらない日の当たる風通しの良い場所で育てることをおすすめします。室内で育てたい場合も、午前中だけ外で日に当てるなどした方が徒長を防げますよ。

ぜひ、秋も多肉植物をお楽しみください!

目次に戻る≫

セダム・虹の玉(ニジノタマ)

  • 「虹の玉(ニジノタマ)」は暑さや寒さに強く、初心者でも育てやすい多肉植物です。秋から春にかけての寒い時期には、葉が赤く色づきとてもきれいで、多肉植物の寄せ植えなどにも用いられます。ぷっくりとした葉が特徴で、そのかわいい外見を好む人も多くいます。繁殖方法も簡単で、失敗することも少ないので、オススメの多肉植物です。大株に育てると、黄色い花が咲くことがあります。花はとても小さく、見落としてしまうこともあるので、花が咲いているか毎日観察するのも楽しみのひとつです。

  • ブルームがかった葉と淵の赤いラインが特徴の葉をしており、気温が落ちると葉先がより赤く染まります。人気のエケベリアの中でも丈夫で育てやすく、寄せ植えにも使いやすい種類です。

    背丈はあまり高くなりませんが、ロゼット状に広がるように大きく成長します。

グリーンネックレス

  • グリーンネックレスは名前の通り、グリーンピースのような玉状の葉が連なる姿が可愛らしい、つる性の多肉植物です。幅広い世代から知られる植物で、観葉としても親しまれています。丈夫で育てやすく関東以南では戸外での管理も可能です。また花も咲き、ほのかな芳香があります。花は白く花径は1㎝程度と小さめです。

    グリーンネックレスはつる性の多肉植物です。つる植物と言っても自分から何かに巻き付いていくようなことはありません。葉茎を長く伸ばし、下垂させていきます。玉状の葉を下垂させる姿が可愛らしいので、床や棚に置くよりもプラントハンガーなどで吊るして飾ると良いでしょう。

    グリーンネックレスは春秋に生長するタイプの多肉植物です。真夏や真冬の植え替えや過度な水やりは負担をかけることになるので避けるようにしましょう。

     

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋も多肉植物~寄せ植え作りにチャレンジ!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

migiwa フラワーベース ツヤあり

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】観葉植物 2個セット アクアテラポット ガラス鉢 グレー×ブルー

販売価格:4,950円(税込)

ラバーグローブ VOIRY STORE

販売価格:1,320円(税込)

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

SPECIAL

おすすめ