【8月】みんなのガーデニング

無津呂 理沙

無津呂 理沙

このライターの記事一覧

公開日 :

暑い日差しや雑草の繁殖、病害虫の発生などで庭仕事が忙しい8月。しかし、8月は色あざやかな草花の開花や家庭菜園の収穫、秋の庭仕事の準備など楽しいことも盛りだくさん。今回は、真夏である8月の素敵なお庭や庭仕事をご紹介します。

目次

真夏の水やり

暑い日が続く8月。育てている植物の土も乾きやすい時期となってきます。日中の気温が高い季節は、早朝の涼しい時間か夕方の涼しい時間に水やりをするようにしましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

Ray(@ray_figaro)がシェアした投稿

気温が高い時間帯に水をあげてしまうと、土中で温度が上がってしまいます。まるで植物に熱湯を注いでるのと同じ状態に……。植物に負担がかからないように、早朝もしくは夕方の涼しい時間帯にあげましょう♪

▼夏場の水やりや管理で気をつけるポイント

 

長期間家を空けるときの植物の水やり

目次に戻る≫

グリーンカーテン

グリーンカーテンは室内への日差しを遮ることができるので、室内の温度を下げる効果があります。基本的につる性植物ならなんでもグリーンカーテンにできるので、この夏チャレンジしてみませんか?

 

この投稿をInstagramで見る

フットサロン ロンシャン(@foot_salon_ronshan)がシェアした投稿

グリーンカーテンと言えば、やっぱりゴーヤ。苦味のおかげで虫がつきにくいので、初心者さんにもおすすめです。こちらのグリーンカーテンでは、立派なゴーヤがなっていますね!

▼グリーンカーテンの作り方

 

目次に戻る≫

家庭菜園

8月の家庭菜園は夏野菜の収穫や秋冬野菜の準備を始める時期です。収穫がひと段落したら春夏野菜の片付けと秋冬栽培の準備を始めましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

mako(@mako23713411)がシェアした投稿

ご自宅で採れた季節の野菜や果物たち。ツヤツヤと瑞々しくとても美味しそうですね!

▼8月の家庭菜園

 

目次に戻る≫

雑草対策

夏の庭仕事の大敵、雑草。ぐんぐんと生長する雑草の繁殖を防ぐためにグランドカバープランツを植えてみませんか?

 

この投稿をInstagramで見る

@sho.candyがシェアした投稿

グランドカバー プランツとは、地表を覆うように育つ植物のこと。雑草対策以外にも地面の乾燥や太陽の照り返しを防ぐなど、とっても優秀。種類が豊富にあるので、好みやお庭の環境に合わせて選びましょう。グリーンが庭を明るしてくれますよ♪

▼グランドカバー

 

目次に戻る≫

夏の花

夏の強い日差しや高い気温にも負けずに元気に咲く花を花壇に植えて、夏の庭を彩りましょう。

ハイビスカス

この投稿をInstagramで見る

keko(@keko._.garden)がシェアした投稿

夏の花と言えばハイビスカス。世界の熱帯~亜熱帯地方で栽培されています。花の開花期間も長く、赤・ピンク・黄色・白などカラーバリエーションも豊富で、花の大きさも小さいものから大きいものまであり、その品種数は数えきれないほど。ハイビスカスの花は、朝開いて夜に閉じる1日花ですが、最近は品種改良で1つの花が2~3日咲くハイビスカスも登場しています。

ハイビスカス

  • 「ハイビスカス」は、世界の熱帯~亜熱帯地方で栽培されています。南国のイメージ感がたっぷりの花は、各地でアクセサリーなど様々なモチーフに使用されてます。暖かい地域では、庭木としても利用されてます。花の開花期間も長く、赤・ピンク・黄色・白などカラーバリエーションも豊富で、花の大きさも小さいものから大きいものまであり、その品種数は数えきれないほどです。 ハイビスカスは、在来系、大輪系、コーラル系の3つの系統に分けることができます。 ・在来系の花は、中大輪で花付きがとてもよいです。葉は大輪系より小さく、縁にギザギザしています。耐暑性は比較的強く挿し木で増やすことが可能です。 ・大輪系は、花は大輪ですが、花数は少なめ、葉は大きくて丸いものが多いです。耐暑性は弱く、挿し木で増やすことは難しいです。 ・コーラル系は、小輪が垂れ下がって咲き、花付きがとてもよいです。葉は小さくて縁にギザギザがあります。耐暑性は強く挿し木で増やすことが可能です。

 

アサガオ

この投稿をInstagramで見る

keko(@keko._.garden)がシェアした投稿

子供の頃、多くの方が育てたことのある花のひとつ、アサガオ。花の形は円錐形で、ラッパの先端のように開きます。花が開いたあとは、内側に籠る様にして閉じていきます。ツル性植物なので、最近ではグリーンカーテンの素材としても人気の夏の花です。

朝顔(アサガオ)

  • 朝顔は朝に咲くと言いますが、実は夜明け前から花は開いていきます。花の色は青や紫、中にはピンクがかった色や複色などさまざまな品種があります。花の形は円錐形で、ラッパの先端のように開きます。花開いたあとは、内側に籠る様にして閉じていきます。 江戸時代の育種により、朝顔の変異体である「変化朝顔(ヘンカアサガオ)」が誕生しました。つるが伸びない「木立」、細かいひだ状の花弁が細く筒咲の「南天」など、葉や花の形が違う、これが本当に朝顔なの?と疑うほど様々な変化朝顔が栽培されていました。 木立   西洋アサガオ 他に「西洋アサガオ」も8月以降から霜のころまで長く咲き続けるため、とても人気があります。葉は丸葉で、さわやかな空色をした花です。生育がよいため「緑のカーテン」にも適している品種です。

 

バタフライピー

この投稿をInstagramで見る

keko(@keko._.garden)がシェアした投稿

バタフライピーは、マメ科のツル性のハーブ。暑さにとても強く、真夏でもツルをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。

バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれ、お茶として煎じると、きれいな青いお茶になります。最近、美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

バタフライピー(チョウマメ、クリトリア)

  • バタフライピーは、マメ科のつる性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バタフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもつるをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。 バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれています。お茶として煎じるときれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと青からピンクに変化します。また、バタフライピーの若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。 最近、メディアでバタフライピーのの美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

 

目次に戻る≫

みんなのガーデニング

「みんなのガーデニング」では、毎月、その月のお庭のお写真をご紹介しています。

うちではこんなガーデニングをしています!こんな植物を育てています!という方は、LOVEGREENの公式インスタグラムアカウントをフォローして、ハッシュタグ「#みんなのガーデニング」をつけて投稿してみませんか?もしかしたら、あなたの投稿がLOVEGREENの記事に掲載されるかも!?

来月もお楽しみに♪

 

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【8月】みんなのガーデニング」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

無津呂 理沙
無津呂 理沙

福岡県出身。幼いころから家族の影響でボーイスカウトに所属し、自然が身近にある環境でのびのびと育つ。高校からはデザインの勉強をし、大学ではエディトリアルデザインを専攻。卒業後に上京し、現在イラストの勉強中。好きな植物は花苗とハーブ。特に花苗はチューリップとパンジーが好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A