8月のガーデニング | 庭仕事とおすすめの庭木、宿根草、一年草

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

8月のガーデニングは強い日差しや高い気温で庭仕事が大変な時期ですが、そろそろ来シーズンの庭の準備も始める時期でもあります。8月のガーデニングにおすすめの花木、宿根草、一年草と8月の庭仕事をご紹介します。

目次

8月の庭仕事|真夏の水やり

最近では都心を中心に、昼だけでなく夜まで高温が続く8月。鉢植えで育てている植物の土も一番乾きやすい時期です。夏場の水やりや管理で気をつけたいことをご紹介。

 

泊りがけで出かけることも多い8月。長期間家を空けるときの植物の水やりは、どうすればいいか困りますよね。留守中の水やりの方法を日数別にご紹介します。

 

▼たっぷりと水やりができる4Lジョーロ

目次に戻る≫

8月の庭仕事|夏越し

年々気温が上昇して熱帯かと思うほどの日本の真夏。気温が30℃くらいまでなら問題なく夏越しできた植物も、35℃以上の日が続くと「夏バテ」を起こしてしまいます。そうならないための対策を梅雨が明けるまでに済ませておきましょう。

年々気温が上昇して熱帯かと思うほどの日本の真夏。気温が30℃くらいまでなら問題なく夏越しできた植物も、35℃以上の日が続くと「夏バテ」を起こしてしまいます。そうならないための対策、夏越しを行いましょう。

真夏の肥料は控えめに

人間も夏バテしやすい真夏。長くたくさんの花を咲かせる草花への肥料やりは大切な庭仕事ですが、弱っている植物は水や肥料を吸い上げる力が弱まっているので、濃い肥料を与えるのは逆効果となり根が弱ってしまう可能性があります。いつもより薄めの液肥を様子を見ながら与えましょう。

人間も夏バテしやすい真夏。長くたくさんの花を咲かせる草花への肥料やりは大切な庭仕事ですが、弱っている植物は水や肥料を吸い上げる力が弱まっているので、濃い肥料を与えるのは逆効果となり根が弱ってしまう可能性があります。いつもより薄めの液肥を様子を見ながら与えましょう。

鉢の移動

日当たりが好きな草花も強すぎる日差しだと葉焼けを起こしたり、水切れを起こしてしまいます。育てている鉢植えの植物の中で、強い日差しが苦手な植物は、真夏になったら午前中は日が当たり午後は明るめの日陰になるような場所に鉢を移動してやりましょう。

コンクリートは要注意!

真夏のコンクリートの気温は、高い日は50℃以上になるのだとか。コンクリートの上に直置きしている鉢は、日差しの照り返しで鉢の中が蒸れてしまいます。その対策として、レンガのような安定した鉢の重みに耐えられるものの上に鉢を置いて、コンクリートと鉢の間に隙間をあけてやるとよいですよ。

グリーンカーテン

昔から夏には葦簀(よしず)や簾(すだれ)を設置して暑さを和らげる工夫がされてきました。その現代版ともいえるグリーンカーテンを作ってみませんか。

昔から夏には葦簀(よしず)や簾(すだれ)を設置して暑さを和らげる工夫がされてきました。その現代版ともいえるグリーンカーテンを作ってみませんか。

グリーンカーテンは室内に入ってくる直射日光を遮ることができるので、室内の温度を下げる効果があります。

 

部屋の中から見えるグリーンカーテンは気温だけでなく、気分的にも癒しの効果満点。それと同時に庭の美観がアップするので、道行く人にも楽しんでもらえます。

部屋の中から見えるグリーンカーテンは気温だけでなく、気分的にも癒しの効果満点。それと同時に庭の美観がアップするので道行く人にも楽しんでもらえます。

 

切り戻し

春から初夏に植え付けた草花やハーブ。植物によっては、切り戻した方が秋まで長くたくさんの花を見ることができたり、収穫量が増えたりします。

春から初夏に植え付けた草花やハーブ。植物によっては、切り戻した方が秋まで長くたくさんの花を見ることができたり、収穫量が増えたりします。

夏に買ったばかりの草花は切り戻しの必要がありませんが、ゴールデンウィークごろに植え付けた草花で花が咲かずに徒長してきたな…と感じたら切り戻しをしましょう。ただし、切り戻すと約1ヶ月くらいは花がない状態になります。秋の陽気の良い時期に花を咲かせるには、逆算して8月半ばまでには作業を済ませることをおすすめします。

▼切り戻しについて詳しくご紹介しています。

 

▼切り戻しをした方がよい草花

 

▼切り戻しをした方がよいハーブ

 

▼草花の摘み取りにおすすめ

目次に戻る≫

8月の家庭菜園

8月の家庭菜園

秋冬野菜の準備スタート

毎日暑い日が続いているので気が早いと思うかもしれませんが、8月は秋冬野菜の用意を始める時期です。収穫がひと段落したら春夏野菜の片付けと秋冬栽培の準備を始めましょう。

 

夏の日差しを利用した天日干し

天日干しとは、お日様の力を借りて野菜を乾燥させる方法です。大根の切干大根が有名です。太陽の紫外線をあびた干し野菜は、ミネラル分などの栄養価もアップすると言われています。バジルやミント、ローズマリー......切り戻したハーブを天日干ししてみませんか?お茶やスパイスとして使うことができます。

天日干しとは、お日様の力を借りて野菜を乾燥させる方法です。大根の切干大根が有名です。太陽の紫外線をあびた干し野菜は、ミネラル分などの栄養価もアップすると言われています。バジルやミント、ローズマリー……切り戻したハーブを天日干ししてみませんか?お茶やスパイスとして使うことができます。

 

簡単、手軽なスプラウト栽培!

真夏でも簡単に始められるスプラウト栽培。スプラウトとは、野菜や豆類などの種子を発芽させた、新芽の部分を食べる発芽野菜のことです。夏のサラダの彩にもなりますよ。

▼スプラウトの育て方

 

目次に戻る≫

雑草対策

夏の雑草の生長スピードがぐんとアップ!気づいたら通り抜けできないほどの雑草が伸びてしまっていた……なんてことも珍しいことではありません。雑草対策のマルチングとグランドカバーをご紹介します。

マルチング

マルチングとは、植物を植えた表面の土をビニールや小石、バークチップ、ワラなどで覆うことです。畑で作物の根元部分をビニールシートやワラ、腐葉土などで覆っているのを見たことある方も多いのではないかと思います。主に屋外で雑草防止や地面の乾燥を防ぐ役割で使われることが多い手法です。

 

グランドカバー

グランドカバーは庭や花壇、通路の土がむきだしになっているスペースを埋めてくれる植物。グランドカバーを上手に取り入れると、夏の雑草防止になったり見た目の植栽のレベルもぐんとアップします。

グランドカバーは庭や花壇、通路の土がむきだしになっているスペースを埋めてくれる植物。グランドカバーを上手に取り入れると、夏の雑草防止になったり見た目の植栽のレベルもぐんとアップします。

管理ができてかわいい花が咲く雑草は残して、手に負えない雑草を整理する際にお気に入りのグランドカバーを植え付けてみませんか。

 

▼雑草対策で試してみたいグッズ

目次に戻る≫

病害虫対策

夏のガーデニングで困るのが蚊の存在。手作りの蚊取り線香の作り方をご紹介します。

 

梅雨の時期に比べると真夏は病害虫が少なくなりますが、それでも油断大敵。毎日の水やりで花や葉っぱをチェックするのを習慣づけて、症状が出たらすぐに対策をしましょう!

梅雨の時期に比べると真夏は病害虫が少なくなりますが、それでも油断大敵。毎日の水やりで花や葉っぱをチェックするのを習慣づけて、症状が出たらすぐに対策をしましょう!

目次に戻る≫

8月の花

長時間のお散歩が厳しい8月ですが、少し早起きして季節ならではの花木や草花を見がてらお散歩してみませんか?その際は荷物はなるべく少なめで身軽に、水と塩分の熱中症対策はお忘れなく。

長時間のお散歩が厳しい8月ですが、少し早起きして季節ならではの花木や草花を見がてらお散歩してみませんか?その際は荷物はなるべく少なめで身軽に、水と塩分の熱中症対策はお忘れなく。

 

目次に戻る≫

短時間のガーデニングでも美しさを保つ工夫をしつつ、秋の準備をする8月。まずは体調に気を配りつつ、夏ならではの素敵な植物を楽しみましょう。

 

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「8月のガーデニング | 庭仕事とおすすめの庭木、宿根草、一年草」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

GARDEN IRON シャベル OVAL ナチュナルカラー

販売価格:1,650円(税込)

球根 チューリップ プルケラヒュミリス 5球入り

販売価格:666円(税込)

【LOVEGREEN 別注】ハンドクリエーション 生花用はさみ

販売価格:2,695円(税込)

SPECIAL

おすすめ