初めてでも簡単!グリーンカーテンの作り方とおすすめの植物10選

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

グリーンカーテンにチャレンジしてみませんか?グリーンカーテンのメリットや効果、すぐに始められる簡単なグリーンカーテンの作り方、グリーンカーテンにおすすめのつる植物とおすすめの理由まで。

グリーンカーテンを始めてみたい方、グリーンカーテンに興味のある方、ぜひ参考にしてください。

目次

グリーンカーテンとは?

グリーンカーテン、または緑のカーテンとは、つる植物を絡ませてカーテンのように仕立てることを言います。植物で作るグリーンのカーテンだから、グリーンカーテン。シンプルでわかりやすい呼び名です。

グリーンカーテン、または緑のカーテンとは、つる植物を絡ませてカーテンのように仕立てることを言います。植物で作るグリーンのカーテンだから、グリーンカーテン。シンプルでわかりやすい呼び名です。

目次に戻る≫

グリーンカーテンのメリットと効果

グリーンカーテンは主に夏、陽射しが強い時期に作ります。窓の外にグリーンカーテンを設置することで、室内に入ってくる直射日光を遮ることができます。グリーンカーテンによって日陰になるので、室内の温度が下がるという効果があります。日本では昔から夏には葦簀(よしず)や簾(すだれ)を設置して暑さを和らげる工夫がされてきました。グリーンカーテンはその現代版という感じでしょうか。

グリーンカーテンは主に夏、陽射しが強い時期に作ります。窓の外にグリーンカーテンを設置することで、室内に入ってくる直射日光を遮ることができます。グリーンカーテンによって日陰になるので、室内の温度が下がるという効果があります。日本では昔から夏には葦簀(よしず)や簾(すだれ)を設置して暑さを和らげる工夫がされてきました。グリーンカーテンはその現代版という感じでしょうか。

グリーンカーテンで窓辺を覆うことで壁面緑化の効果もあるので、景観の美化というメリットが得られます。さらに、室内にいながら森に来ているような心地好さを得られるというメリットもあります。

目次に戻る≫

グリーンカーテンの作り方

実際にグリーンカーテンを作ってみましょう。グリーンカーテンの作り方を紹介します。

実際にグリーンカーテンを作ってみましょう。グリーンカーテンの作り方を紹介します。

用意するもの

  • ネット
  • 支柱
  • プランター
  • 培養土
  • 鉢底石

ネットの上部は物干し竿など、足元はプランターに固定します。購入前に高さを計測しておきましょう。

グリーンカーテンの作り方

プランターに鉢底石を敷き、その上に培養土を入れます。

ネットに支柱を通し、動かないように固定します。この支柱がネットを支える役割を果たします。ネットがたわまないように、支柱は間隔を空けて何本かセットしてください。

物干し竿にネットの上部をしっかりと固定します。緩んで外れることがないようにワイヤーや結束バンドなどで何ヶ所か固定します。

支柱の根元をしっかりとプランターに埋め込んで固定し、最後にプランターにグリーンカーテンにしたい植物を植えたら出来上がりです。

植え付け直後はたっぷりと水やりをしましょう。植物が生長してネットに絡みついていけば、ネットの強度も上がります。

▼グリーンカーテンの水やりには4Lのジョーロがおすすめ!

目次に戻る≫

グリーンカーテンに向いている植物とは?

グリーンカーテンは夏の強い陽射しを和らげるためのもの。春や秋、冬は日光を室内に取り入れたいのであれば、一年中グリーンを絶やさない常緑植物は向きません。また、夏が終わったら片付けることを考えると多年草も不向きです。ただし、冬は落葉するつる性の植物であれば、夏はグリーンカーテンとして利用し、冬は日光を室内に取り入れることもできます。

ゴーヤ

グリーンカーテンは夏の強い陽射しを和らげるためのもの。春や秋、冬は日光を室内に取り入れたいのであれば、一年中グリーンを絶やさない常緑植物は向きません。また、夏が終わったら片付けることを考えると多年草も不向きです。ただし、冬は落葉するつる性の植物であれば、夏はグリーンカーテンとして利用し、冬は日光を室内に取り入れることもできます。

夏だけのグリーンカーテンに向いているのは、暑さに強いつる性一年草です。夏の暑い盛りに繁茂して気温が下がってくると自然に枯れていく一年草であれば、夏が終わって片付けることになってもそれほど罪悪感を感じずに済みます。

夏だけのグリーンカーテンにしたいのか、それとも通年のグリーンカーテンにしたいのか……それぞれの住環境に合った植物を選びましょう。

目次に戻る≫

野菜のグリーンカーテン!おすすめの種類3選

せっかくグリーンカーテンを作るなら、食べられる植物を植えてみませんか?収穫の楽しみまで味わえます。グリーンカーテンにおすすめの食べられるつる性一年草を紹介します。

ゴーヤ

科名:ウリ科 分類:つる性一年草(熱帯地域では常緑) ゴーヤはレイシ、ニガウリとも呼ばれるウリ科の植物です。濃いグリーンの表面にボツボツとした突起のある沖縄料理で人気の野菜です。

  • 科名:ウリ科
  • 分類:つる性一年草(熱帯地域では常緑)

ゴーヤはレイシ、ニガウリとも呼ばれるウリ科の植物です。濃いグリーンの表面にボツボツとした突起のある沖縄料理で人気の野菜です。

葉は大きく薄いので、日光をしっかり遮り風を通します。実付きもよいので夏の間は何度も収穫を楽しめます。完熟するとグリーンからオレンジ色に変わります。完熟したゴーヤの種は、周りのゼリー状の部分を舐めると甘く果物のようです。

ゴーヤ

  • 正式和名は「ツルレイシ」といいますが、沖縄本島では「ゴーヤー」、宮古島では「ゴーラー」、八重山地方(石垣島や西表島など)では「ゴーヤ」、九州では「レイシ」「ニガゴリ、ニガゴイ」などとよばれており、本州などでは「ニガウリ」とも呼ばれています。テレビ番組をきっかけに全国的に普及し、ゴーヤという名前で親しまれるようになりました。独特な苦味のあるゴーヤは、温かい地方の夏バテ解消のメニューとしても全国的に有名です。

    家庭菜園としてゴーヤを育てる以外にも、つる性植物の特性を利用して夏の緑のカーテンとしても人気のゴーヤです。

    ネットに絡ませてカーテンやシェード風に仕立てるゴーヤのグリーンカーテンは、緑の森の中にいるような気分を味わえるだけでなく、室温を下げる効果もあり、暑い夏を乗り切るための人気ガーデニングアイテムになります。

 

キュウリ

科名:ウリ科 分類:つる性一年草 キュウリはウリ科の一年草です。通年スーパーや八百屋さんの店頭で見かけますが、夏の野菜です。キュウリは実が小さいうちにつるが巻きつくと、捩じれたようになったり、くるくると渦巻のようになったりと、不思議な形になります。これもキュウリの自然な姿なので、そのまま楽しんでみましょう。

  • 科名:ウリ科
  • 分類:つる性一年草

キュウリはウリ科の一年草です。通年スーパーや八百屋さんの店頭で見かけますが、夏の野菜です。キュウリは実が小さいうちにつるが巻きつくと、捩じれたようになったり、くるくると渦巻のようになったりと、不思議な形になります。これもキュウリの自然な姿なので、そのまま楽しんでみましょう。

気になる場合はこまめにつるを誘引して実に巻き付かないようにしてください。

きゅうり(キュウリ・胡瓜)

  • きゅうりはつる性の植物で、そばにあるものに巻き付くように伸びて生長していきます。

    きゅうりは未熟果を収穫する野菜のため、関東地方では5月初旬に植えつけると6月には収穫時期を迎え、代表的な春夏野菜の中では一番最初に収穫できる野菜です。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月間位しかかかりません。

    きゅうりの果実の生長は著しく、1日で3cm以上も大きくなるため採り遅れると巨大化してしまいます。

    きゅうりの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからきゅうりを守るために自然にできた物質です。最近のきゅうりの品種は、このブルームがあまりない、艶々のきゅうりが市場に多く出回っています。

    きゅうりの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培されていたとされています。そんな歴史あるきゅうりも、切り口が徳川家の葵の紋に似ていたことから江戸時代には大変不人気の野菜だったそうです。

 

パッションフルーツ

科名:トケイソウ科 分類:つる性一年草(熱帯地域では多年草) パッションフルーツはトケイソウ科のつる植物です。南国のイメージが強い果物ですが、日本でも結実します。

  • 科名:トケイソウ科
  • 分類:つる性一年草(熱帯地域では多年草)

パッションフルーツはトケイソウ科のつる植物です。南国のイメージが強い果物ですが、日本でも結実します。

濃いグリーンの光沢のある葉と変わったフォルムの花が特徴的です。色濃く厚みのある葉が、しっかりと日光を遮ってくれます。

結実したパッションフルーツの重みでネットがたわんでしまうので、しっかりと誘引しておきましょう。

パッションフルーツ

  • パッションフルーツはさわやかで甘い香りと心地よい酸味が特徴の果実を付ける熱帯原産のつる性の多年草です。別名はクダモノトケイソウといって時計の文字盤を思わせる独特の花が咲きます。果実は黒色の種を含む半透明のゼリー状の黄色い果肉で満たされ、種もプチプチと食べられます。

    生育適温は20℃~30℃前後で栽培場所は日当たりと風通しがいい場所を好みます。耐寒性の高い品種であれば日本の無霜地帯(霜が降りない地域)では冬越しが出来ます。つるをのばして1シーズンに5m近く伸びることもあるので、あんどん仕立てかネットにはわせるように誘引するとよいでしょう。

 

▼野菜のグリーンカーテンに使いたい!有機素材をベースにした安心の土

目次に戻る≫

花のグリーンカーテン!おすすめの種類7選

花咲くグリーンカーテンを作ってみましょう。部屋を涼しくしてくれる上に、見ているだけで癒されます。グリーンカーテンにおすすめの花や実がきれいなつる性一年草を紹介します。

朝顔

科名:ヒルガオ科 分類:つる性一年草 朝顔は日本の夏を代表するつる植物です。早朝に開花し、昼には閉じてしまいます。朝顔の花色は多様で、目の覚めるような濃い紫もあれば、桜を思わせるようなピンク色、また目に涼やかな水色などもあります。何色かの朝顔を混植して、色のグラデーションを楽しむのも素敵です。朝顔の花が見たくて、早起きするようになるかもしれません。

  • 科名:ヒルガオ科
  • 分類:つる性一年草

朝顔は日本の夏を代表するつる植物です。早朝に開花し、昼には閉じてしまいます。朝顔の花色は多様で、目の覚めるような濃い紫もあれば、桜を思わせるようなピンク色、また目に涼やかな水色などもあります。何色かの朝顔を混植して、色のグラデーションを楽しむのも素敵です。朝顔の花が見たくて、早起きするようになるかもしれません。

朝顔(アサガオ)

  • 朝顔は朝に咲くと言いますが、実は夜明け前から花は開いていきます。花の色は青や紫、中にはピンクがかった色や複色などさまざまな品種があります。花の形は円錐形で、ラッパの先端のように開きます。花開いたあとは、内側に籠る様にして閉じていきます。

    江戸時代の育種により、朝顔の変異体である「変化朝顔(ヘンカアサガオ)」が誕生しました。つるが伸びない「木立」、細かいひだ状の花弁が細く筒咲の「南天」など、葉や花の形が違う、これが本当に朝顔なの?と疑うほど様々な変化朝顔が栽培されていました。

    木立 朝顔

    木立

     

    他に「西洋アサガオ」も8月以降から霜のころまで長く咲き続けるため、とても人気があります。葉は丸葉で、さわやかな空色をした花です。生育がよいため「緑のカーテン」にも適している品種です。

    西洋アサガオ

    他に「西洋アサガオ」も8月以降から霜のころまで長く咲き続けるため、とても人気があります。葉は丸葉で、さわやかな空色をした花です。生育がよいため「緑のカーテン」にも適している品種です。

 

バタフライピー

科名:チョウマメ科 分類:つる性一年草(熱帯地域では常緑) バタフライピーは、チョウマメ、クリトリアとも呼ばれるチョウマメ科のつる植物です。夏の青空のような真青な花色が魅力です。

  • 科名:チョウマメ科
  • 分類:つる性一年草(熱帯地域では常緑)

バタフライピーは、チョウマメ、クリトリアとも呼ばれるチョウマメ科のつる植物です。夏の青空のような真青な花色が魅力です。

バタフライピーの花を煎じてバタフライピーティーにすると、真青なきれいなお茶が出来上がります。透明ガラスのカップで楽しんでみてください。

バタフライピー(チョウマメ、クリトリア)

  • バタフライピーは、マメ科のツル性のハーブです。原産地では多年草扱いですが、冬の寒さに弱いため、日本では一年草として扱われています。バタフライピーは暑さにはとても強く、真夏でもツルをぐんぐんと生長させ、たくさんの花を咲かせます。

    バタフライピーの花の青にはアントシアニンという天然の青い色素が含まれ、お茶として煎じると、きれいな青いお茶になります。ハーブのマロウティーと同じく、レモンなどの酸性の液体を垂らすと、青からピンクに変化します。また、バタフライピーの若いさやも食べることができます。花はフレッシュでもドライでも利用することができます。

    最近、メディアでバタフライピーのの美容や健康効果が紹介されて、一気に人気になったハーブのひとつです。

 

フウセンカズラ

科名:ムクロジ科 分類:つる性一年草 フウセンカズラは名前の通り、小さな風船のような実をつけるつる植物です。夏の暑さに強く、よく繁茂します。葉は薄く軽やかで風を通します。

  • 科名:ムクロジ科
  • 分類:つる性一年草

フウセンカズラは名前の通り、小さな風船のような実をつけるつる植物です。夏の暑さに強く、よく繁茂します。葉は薄く軽やかで風を通します。

フウセンカズラの実は秋になると茶色く熟します。熟したフウセンカズラの実を割ると、中には黒字にベージュのハート柄の小さな種が数粒入っています。この種にペンでちょんちょんと点を二つ描くと、サルの顔のようで可愛く見えます。

フウセンカズラ(風船葛)

  • フウセンカズラは、ムクロジ科の非耐寒性一年草です。

    フウセンカズラの開花期は7~9月で、小さな白い花が咲きます。草丈は50cm~3mで生長がとても速い植物です。フウセンカズラはつる性で、巻きひげでからみつきながらぐんぐんと育つので、夏のグリーンカーテンとしても使うことができます。フウセンカズラは、バルーンバインという別名があり、フウセンやバルーンと名がつくとおり、花の開花後、可愛らしい紙風船のような袋状の実をつけます。

 

オキナワスズメウリ

科名:ウリ科 分類:つる性一年草 オキナワスズメウリは夏から秋にかけて直径2~3㎝の実をつけるつる植物です。オキナワと名前についている通り、暑さに強いのが特徴です。  オキナワスズメウリの実には縦に白い筋が入っています。若い実はグリーン、塾巣に従って赤く変化していきます。オキナワスズメウリの実は茎ごとドライフラワーにて数か月楽しむことができます。

  • 科名:ウリ科
  • 分類:つる性一年草

オキナワスズメウリは夏から秋にかけて直径2~3㎝の実をつけるつる植物です。オキナワと名前についている通り、暑さに強いのが特徴です。

オキナワスズメウリの実には縦に白い筋が入っています。若い実はグリーン、熟すに従って赤く変化していきます。オキナワスズメウリの実は茎ごとドライフラワーにして数か月楽しむことができます。

オキナワスズメウリ

  • オキナワスズメウリは、ウリ科の一年草のツル植物です。名前に「オキナワ」とついているように暑さにはとても強く、生長力が旺盛で、発芽後、ツルがぐんぐんと伸びた後に、花が咲き、花の後にかわいい実ができます。

    オキナワスズメウリはの実は、とてもかわいい実ですが有毒成分があるので観賞用です。

 

ルコウソウ

科名:ヒルガオ科 分類:つる性一年草 ルコウソウは小さなラッパのような形状の花を咲かせる一年草のつる植物です。花色は赤、白、オレンジ、ピンクなどがあります。葉は糸のように細く、鳥の羽のように華奢で小さいので、風をよく通します。

  • 科名:ヒルガオ科
  • 分類:つる性一年草

ルコウソウは小さなラッパのような形状の花を咲かせる一年草のつる植物です。花色は赤、白、オレンジ、ピンクなどがあります。葉は糸のように細く、鳥の羽のように華奢で小さいので、風をよく通します。

ドリチョス・ラブラブ

科名:マメ科 分類:つる性一年草(熱帯地域では多年草) ドリチョス・ラブラブは紫色の花を咲かせるマメ科の一年草です。花後に深い紫色のサヤを持つ豆ができます。グリーンの葉と濃い紫色の豆が印象的です。  ドリチョス・ラブラブは豆になった状態で切り花としても流通しています。

  • 科名:マメ科
  • 分類:つる性一年草(熱帯地域では多年草)

ドリチョス・ラブラブは紫色の花を咲かせるマメ科の一年草です。花後に深い紫色のサヤを持つ豆ができます。グリーンの葉と濃い紫色の豆が印象的です。

ドリチョス・ラブラブは豆になった状態で切り花としても流通しています。

ドリチョス・ラブラブ

  • ドリチョス・ラブラブは藤豆の仲間のマメ科のツル性一年草です。品種名はルビームーンとして流通しています。

    ドリチョス・ラブラブの種は春にまき、夏にピンクの花が咲いた後、深い紫色の豆ができます。ツル性でとても生長力が強く、地植えにすると5m以上伸びるため、夏場のグリーンカーテンとして利用できます。深い紫色のさやの状態は、切り花としても流通しています。

 

ヒョウタン

科名:ウリ科 分類:つる性一年草 ヒョウタンは変わったフォルムの実が印象的なウリ科のつる植物です。昔は中身をくり抜いて水筒として利用されていたようです。西遊記に登場する金角、銀角が持っていたのもヒョウタンでした。

  • 科名:ウリ科
  • 分類:つる性一年草

ヒョウタンは変わったフォルムの実が印象的なウリ科のつる植物です。昔は中身をくり抜いて水筒として利用されていたようです。西遊記に登場する金角、銀角が持っていたのもヒョウタンでした。

ヒョウタンには様々な種類がありますが、なかでも千成ヒョウタンは実の大きさが10㎝足らずと小さいので、グリーンカーテンに向いています。

▼花のグリーンカーテンに使いたい!花をたくさん咲かせる肥料入りの土

目次に戻る≫

とっても簡単なグリーンカーテン作りを楽しみましょう

グリーンカーテンにしてみたい植物は見つかりましたか?夏の陽射しを遮ってくれて、見た目にも涼やかなグリーンカーテン。葉擦れの音がするたびに風を感じられ、葉の隙間から入ってくる木漏れ日にも癒されます。

グリーンカーテンにしてみたい植物は見つかりましたか?夏の陽射しを遮ってくれて、見た目にも涼やかなグリーンカーテン。葉擦れの音がするたびに風を感じられ、葉の隙間から入ってくる木漏れ日にも癒されます。

室内で森の中にいるような気分を味わえるグリーンカーテンに、ぜひチャレンジしてみてください。

目次に戻る≫

 

 

▼省スペースのグリーンカーテンにおすすめの鉢

▼グリーンカーテンのお手入れにも活躍できるハサミ

 

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「初めてでも簡単!グリーンカーテンの作り方とおすすめの植物10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

GARDEN IRON シャベル OVAL ナチュナルカラー

販売価格:1,650円(税込)

球根 チューリップ プルケラヒュミリス 5球入り

販売価格:666円(税込)

【LOVEGREEN 別注】ハンドクリエーション 生花用はさみ

販売価格:2,695円(税込)

SPECIAL

おすすめ