【1月】みんなのガーデニング|冬越し対策・寒さに強い花

無津呂 理沙

無津呂 理沙

このライターの記事一覧

公開日 :

まだまだ寒い日が続く1月。先月に引き続き、防寒対策をしっかりと行いながら、この時期だからこそ楽しめる、花植物を育ててみませんか?今回は1月の皆さんの冬越し対策や、お庭の花々を紹介します。

目次

冬越し対策

積雪地では今月、花壇の作業はおやすみ。太平洋側は天気の良い日が続くので、鉢植えの植物は乾燥に注意しましょう。植物の様子を見ながら水を与えましょうベランダの場合は、階が高くなるほど寒風が強くなるのでフェンスにアクリル板やビニール、防風ネットを貼るなどの工夫が必要です。このように冬越し対策は地域や環境によってそれぞれ。今回は皆さんが実際に行なっている冬越し対策をご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

ㅤ𝐊𝐝-𝐟.𝐫 🏠(@kd_myhome)がシェアした投稿

地植えしてる植物の放射冷却対策。内張りには断熱用不織布、その上にビニールを二重張りにしているそうです。本気の冬越し対策に植物への愛が伝わってきます…!

 

この投稿をInstagramで見る

Masa’s_Green(@masa._green)がシェアした投稿

ベランダの場合は日中はそんなに冷えませんが、夜になるとグッと冷え込みますよね!こちらのように発砲スチロールに入れて寒さを防ぐのも良いですね。

 

この投稿をInstagramで見る

www.kumi93(@a.kumi0921)がシェアした投稿

ビニールを被せ、植物を寒風から守っています。猫のシンバちゃんも植物の様子が気になるようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

ハーブと野菜とベランダ(@estar.margaret)がシェアした投稿

いつも使っている棚にビニールを被せてビニールハウスに。夜は締めて植物を寒風から守ります。気軽に真似できるナイスアイデアですね♪

 

この投稿をInstagramで見る

ハーブと野菜とベランダ(@estar.margaret)がシェアした投稿

晴れた日の日中はビニールハウスに入れている植物にも、こちらの写真のように、しっかりと日光浴させてあげましょう♪また、室内で鉢花を管理する場合も、昼は陽のあたる窓辺に置き、夜は気温が下がるので窓から離れたところに置くなどの工夫が必要です。

目次に戻る≫

クリスマスローズ

冬から早春の花の少ない時期に、ひっそりと花を咲かせるクリスマスローズ。耐寒性が強く、丈夫で育てやすい植物です。魅力的なのは、豊富な花のバリエーション。花色、咲き方、模様など自分好みの1鉢を探す楽しみがありますよね。

冬から早春の花の少ない時期に、ひっそりと花を咲かせるクリスマスローズ。耐寒性が強く、丈夫で育てやすい植物です。魅力的なのは、豊富な花のバリエーション。花色、咲き方、模様など自分好みの1鉢を探す楽しみがありますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

イッシー(@ciel_garden_kahotomo7)がシェアした投稿

こちらはクレオパトラという品種。アンティークカラーとフリフリとした花弁(ガク)がとってもゴージャス!

 

この投稿をInstagramで見る

kaorin(@ksks1113ksks)がシェアした投稿

透き通った優しいピンクが可愛らしいクリスマスローズ。背丈があり、スッと伸びる花姿が素敵ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

kaorin(@ksks1113ksks)がシェアした投稿

こちらは氷の薔薇という品種のクリスマスローズ。見事に咲き誇っていますね。しべが濃いピンクでとってもお洒落!

クリスマスローズのプロ横山園芸さん直伝!花を楽しんだ後のお手入れ方法は?

 

クリスマスローズの苗の選び方や年間の育て方ポイント!

 

目次に戻る≫

プリムラ

 プリムラは種類、品種共に多く、管理方法も様々。育てる苗に合った栽培方法を把握した上で育てましょう。宿根草ですが、マラコイデスだけが1年草。寒さに強く、日光を好みます。ポリアンサやジュリアンはこまめに花がらを摘みましょう。

プリムラは種類、品種共に多く、系統によって管理方法も様々。育てる品種に合った栽培方法を把握した上で育てましょう。こまめに花がらを摘みましょう。寄せ植えに使用するときは間隔を狭めて植える方が見栄えします。水やりは花や葉に当たらないよう、株元に与えましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

yumi(@itnhk)がシェアした投稿

こちらはM’sセレクション アンテークカラー。絶妙な色合いに心打たれます、、!

 

この投稿をInstagramで見る

kechon(@natsuyokondo)がシェアした投稿

淡い水色のプリムラ。フリフリとした花弁と丸みを帯びた葉っぱが可愛いですね!

▼冬のガーデニングに!プリムラの育て方

 

▼アンティークカラーのプリムラの育て方と楽しみ方

 

目次に戻る≫

ラナンキュラス

 元は一重咲きだったものが品種改良され、今では八重咲きの花が主流になったラナンキュラス。華やかで、寄せ植えの主役にもぴったりです。花が腐りやすいので、花がらは早めに摘み取りましょう。水やりは花や葉に当たらないよう、株元に与えましょう。

元は一重咲きだったものが品種改良され、今では八重咲きの花が主流になったラナンキュラス。華やかで、寄せ植えの主役にもぴったりです。花が腐りやすいので、花がらは早めに摘み取りましょう。水やりは花や葉に当たらないよう、株元に与えましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

ꕥ sᴇɪᴋᴏ ᴍᴏᴄᴀ ɢᴀʀᴅᴇɴ ꕥ(@ruby_moca_garnet)がシェアした投稿

少し変わった可愛らしいラナンキュラス。シックな色合いが寄せ植えのアクセントになりますね!

▼ラナンキュラスの苗の選び方と育て方のコツ!

 

目次に戻る≫

アネモネ

ギリシャ語で「風」という意味を持つアネモネは風通しの良いところでよく育ちます。窒素分を与えると葉がよく茂りますが、花が咲かなくなる事もあるので要注意。花は摘んで切り花としても楽しむことができます。

ギリシャ語で「風」という意味を持つアネモネは日当たり、風通しの良いところでよく育ちます。花は摘んで切り花としても楽しむことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

yumi(@itnhk)がシェアした投稿

アネモネと言えば鮮やかな花弁の印象が強いですが、最近ではこちらのようにアンティークカラーのアネモネも出回っています。色も形も個人的にとても好みです(笑)

▼アネモネの花や球根、育て方、季節、種類、色の魅力まで!

 

目次に戻る≫

キンセンカ

花期が長く、早春から初夏にかけてお庭を明るく彩ってくれるキンセンカ。気温が0度以下になると凍害を受けるので、霜よけしましょう。咲き終わった花がらは早く摘み取ると、新しい花が次々咲きます。

 

この投稿をInstagramで見る

♡Yoko♡(@m30202riri)がシェアした投稿

幾重にも重なる花弁と鮮やかなオレンジ色が魅力的ですね。寒い冬に気持ちを明るくしてくれます。

▼キンセンの育て方|植物図鑑

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)

  • キンセンカ(カレンジュラ)の花色は、花びらに光沢のあるオレンジや黄色で、お日様とともに開花する性質があります。最近ではシックな花色や八重咲きの種類も出てきました。 キンセンカ(カレンジュラ)は性質が強いので育てやすく、開花期間も長いので、冬の花壇や寄せ植えに使われています。またキンセンカ(カレンジュラ)は病気や気温の変化に強く、単体だけでなく寄せ植えとしても楽しまれています。

 

目次に戻る≫

スノードロップ

スノードロップは冬から初春に咲く球根花です。雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせます。一度植え付けてしまえば、特別な手入れをする必要がないので、育てやすい草花です。

 

この投稿をInstagramで見る

kechon(@natsuyokondo)がシェアした投稿

うつむき気味に咲く、可憐な花姿がとても素敵です。真っ白な花が、春の訪れを告げてくれてるようで愛おしくなりますね。

▼スノードロップの育て方|植物図鑑

スノードロップ

  • スノードロップは「マツユキソウ(待雪草)」とその仲間を総称して「スノードロップ」と呼びます。秋頃から地中で根を伸ばし、まだ寒い時期に芽を出し、花が少ない早春に花をつけることから、人々に春の始まりを告げる存在として親しまれてきました。雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせます。下向きの白い花は、まさに雪がしずくとなったようです。つややかな光沢のある葉もまた美しいものです。 日本では「ジャイアント・スノードロップ」や「フロレ・プレノ」など数種が中心ですが、イギリスでは品種改良がとても盛んで数百種に達するともいわれています。 スノードロップは、一度植え付けてしまえば、特別な手入れをする必要がないので、育てやすい草花です。

 

目次に戻る≫

パンジー・ビオラ

パンジーとビオラは冬から春にかけて花壇の主役となる、耐寒性の強い一年草。以前はパンジーは大輪で花の直径が3㎝以上、ビオラは小輪で花の直径が3㎝以下という定義がありましたが、現在では交配が進んだため、定義は曖昧になっています。大きめなものをパンジー、小さめなものをビオラと呼んでいます。日当たりがいい場所に置き、こまめに花がらを摘むことで半年以上咲き続けます。

 

この投稿をInstagramで見る

ꕥ sᴇɪᴋᴏ ᴍᴏᴄᴀ ɢᴀʀᴅᴇɴ ꕥ(@ruby_moca_garnet)がシェアした投稿

夢紡ぎ(ゆめつむぎ)という素敵な名前のビオラ。イエローとパープルの絶妙な色合いが可愛らしいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

akemi fujii(@akemikea33119)がシェアした投稿

お花畑のように華やかなこちらのベランダには、たくさんのパンジー、ビオラが咲き誇っています。

 

この投稿をInstagramで見る

akemi fujii(@akemikea33119)がシェアした投稿

春の花壇の主役とも言えるパンジー、ビオラ。鉢植えや寄せ植え、切り花などいろんな楽しみ方がありますよね♪

▼ビオラの花を半年以上咲かせる、お手入れのコツ

 

目次に戻る≫

みんなのガーデニング

「みんなのガーデニング」では、季節の庭のお写真をご紹介しています。

うちではこんな風に飾っています!こんなアレンジをしています!という方は、LOVEGREENの公式インスタグラムアカウントをフォローして、ハッシュタグ「#みんなのガーデニング」をつけて投稿してみませんか?もしかしたら、あなたの投稿がLOVEGREENの記事に掲載されるかも!?

次回は3月予定なので、お楽しみに♪

 

 

▼編集部のおすすめ

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【1月】みんなのガーデニング|冬越し対策・寒さに強い花」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

無津呂 理沙
無津呂 理沙

福岡県出身。幼いころから家族の影響でボーイスカウトに所属し、自然が身近にある環境でのびのびと育つ。高校からはデザインの勉強をし、大学ではエディトリアルデザインを専攻。卒業後に上京し、現在イラストの勉強中。好きな植物は花苗とハーブ。特に花苗はチューリップとパンジーが好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・10/5まで】味が濃く香り高い本気野菜「スイートバジル 2苗」栽培セット(鉢・土付き)

販売価格:3,520円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 春満開 定番人気4種20球入り (一重咲き藤色・一重咲きピンク・フリンジ咲きピンク×白・八重咲き白)

販売価格:2,530円(税込)

【事前予約・10月発送】チューリップ 球根 マスコット 5球入り

販売価格:770円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A