寒さに強い!冬でも庭で育てられる花10選

大宮栞

大宮栞

公開日 :

gi_logo_grey

気温も段々と下がり、季節は冬に向かっていきます。冬といえば、咲く花が少なくて庭が寂しい、という印象が強いですが、そんな冬でも寒さに負けずに花を咲かせる植物は、意外とたくさんあるんです!寒さに負けない冬でも咲く花をご紹介します。

▼寒さに強くたくさん花を咲かせる品種も登場!(PR)

 

目次

パンジー、ビオラ

ガーデンシクラメン

フクジュソウ

クリサンセマム

スノードロップ

プリムラ

ウィンターコスモス

スイートアリッサム

オキザリス

ユリオプスデージー

 

1.パンジー、ビオラ

パンジーとビオラは、秋冬のガーデニングの定番ですね。花色も多く、花期も長いパンジーとビオラは、花つきも良く、初心者でも簡単に育てることができます。花の種類や大きさが豊富なので、様々な使い道があります。  気を付けるポイントは、しっかりと日光に当てること!しっかりと日光に当たっていないと細くひょろひょろに育ってしまいます。花は咲き終わったらしっかりと花がらを摘んでおきましょう。

パンジーとビオラは、秋冬のガーデニングの定番ですね。花色も多く、花期も長いパンジーとビオラは、花つきも良く、初心者でも簡単に育てることができます。花の種類や大きさが豊富なので、様々な使い道があります。

気を付けるポイントは、しっかりと日光に当てること!しっかりと日光に当たっていないと細くひょろひょろに育ってしまいます。花は咲き終わったらしっかりと花がらを摘んでおきましょう。

パンジー

  • パンジーはご家庭から公共施設まで様々な場所で見られます。それほど管理のしやすい花なのです。ビオラと間違われることが多いですが、見た目の大きさで判断出来ます。パンジーは花が小輪から大輪まで。小輪は4cm~5cm、中輪は5cm~7cm、大輪は7cm~10cm。10cm以上のものも存在します。現在は品種改良されており、何百種ものパンジーが存在していて、毎年新品種が出ています。

ビオラ

  • ビオラは開花期間がとても長く、適切な手入れをすれば、次々と花が咲くので、初心者が大変育てやすい植物です。品種が豊富で、原色に近い黄色、鮮やかなオレンジ、薄い青から濃い紫、赤、白、黒等。単色の他、複色もあり、その数は数えきれません。毎年新品種が作りだされています。花の大きさは大まかに分けて2種類あります。花径は小輪で2~3cm、中輪で3~4cm。パンジーと比べて小ぶりなのがその特徴です。

 

2.ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンは、室内で育てられているシクラメンの中でも耐寒性のあるものを品種改良して作られた品種です。一般的なシクラメンより小さいサイズで、冬の屋外でも楽しむことができます。小さくてかわいいので寄せ植えにも人気です。  本格的に寒くなってから植えると、根がはりにくくなってしまい、花つきが悪くなってしまうので、秋のうちに定植しておきましょう。霜に当たっても枯れることはありませんが、マイナス5度を下回ると枯れてしまうので、寒冷地では注意しましょう。

ガーデンシクラメンは、室内で育てられているシクラメンの中でも耐寒性のあるものを品種改良して作られた品種です。一般的なシクラメンより小さいサイズで、冬の屋外でも楽しむことができます。小さくてかわいいので寄せ植えにも人気です。

本格的に寒くなってから植えると、根がはりにくくなってしまい、花つきが悪くなってしまうので、秋のうちに定植しておきましょう。霜に当たっても枯れることはありませんが、-5度を下回ると枯れてしまうので、寒冷地では注意しましょう。

ガーデンシクラメン

  • ガーデンシクラメンとは名前からもわかるように、シクラメンを品種改良した品種です。シクラメンは冬に室内で楽しむ鉢花の代表ですが、一方ガーデンシクラメンは、耐寒性があり寒い冬も屋外で楽しむことができます。寄せ植えなどに使う冬のガーデニング植物の定番として良く用いられます。

    寒さに弱いシクラメンのウィークポイントを克服するため、ミニシクラメンの中から特に耐寒性の強い系統を選抜し、冬に屋外でも育てられるように改良されたものがガーデンシクラメンです。冬から春にかけて次々に花を咲かせ、花の少ない時期のお庭を明るく盛り上げてくれます。花の色はシクラメンとほぼ変わらず赤や白、ピンクなどがあります。花形もバリエーションが豊富で、選ぶ楽しみが広がっています。

 

3.フクジュソウ

フクジュソウは、その名の通り幸福と長寿を意味し、幸せを招く花とされています。フクジュソウはお正月の寄せ植えにも利用され、新春を祝うめでたい花ともされています。花色は黄色が一般的ですが、白やオレンジ色などもあります。  フクジュソウは、早春に花を咲かせ、晩春には枯れる植物で、日光を好みます。フクジュソウは根から水を吸う力が弱く、植え替えなどで根が減ってしまうと枯れてしまうことがあるほど。乾燥を嫌うので乾かしすぎないように注意しましょう。

フクジュソウは、その名の通り幸福と長寿を意味し、幸せを招く花とされています。フクジュソウはお正月の寄せ植えにも利用され、新春を祝うめでたい花ともされています。花色は黄色が一般的ですが、白やオレンジ色などもあります。

フクジュソウは、早春に花を咲かせ、晩春には枯れる植物で、日光を好みます。フクジュソウは根から水を吸う力が弱く、植え替えなどで根が減ってしまうと枯れてしまうことがあるほど。乾燥を嫌うので乾かしすぎないように注意しましょう。

フクジュソウ(福寿草)

  • 北海道から九州までの照葉樹林の林床に自生している草丈15~30cmほどの宿根草です。根茎が短く、やや太い根を持ちます。早春に芽を出して開花しその後葉をのばしますが晩春になると葉が枯れて秋まで休眠します。花色は黄色ですが江戸時代から花の美しさが着目され園芸品種が多数選抜育成され、白、黄褐色、紫褐色、橙紅色などがあり花形も一重~八重、万八重と変化に富みます。鉢植えで栽培されるほか日本庭園の石組に添えられています。

    別名はガンジツソウやガンタンソウといい、正月用に本来の花期よりも促成栽培されて出荷されています。花言葉や花の名前から、お正月の寄せ植えなどに縁起の良い植物としても使用されています。

 

4.ノースポール

クリサンセマムは、別名「ノースポール」とも呼ばれる植物です。元気よく頑丈で、冬のガーデニングの定番の植物です。クリサンセマムは、日光さえ当たっていれば霜が当たっても大丈夫な植物です。庭でもプランターでも安心して育てることができます。  春先からは葉が伸びすぎてしまうので、刈りこんで風通しを良くしましょう。蒸れやすく、乾燥には強いので水のやりすぎには注意しましょう。夏の高温で枯れる秋蒔きの一年草です。

ノースポールは、別名「クリサンセマム」とも呼ばれる植物です。元気よく頑丈で、冬のガーデニングの定番の植物です。ノースポールは、日光さえ当たっていれば霜が当たっても大丈夫な植物です。庭でもプランターでも安心して育てることができます。

春先からは葉が伸びすぎてしまうので、刈りこんで風通しを良くしましょう。蒸れやすく、乾燥には強いので水のやりすぎには注意しましょう。夏の高温で枯れる秋蒔きの一年草です。

ノースポール

  • 見た目はマーガレットのような花をつけるノースポール。同じキク科なので間違えてしまうのも無理はありませんが、マーガレットはモクシュンギク属でノースポールはフランスギク属です。花の大きさは直径にすると5cm未満の花が多いです。平均して直径3cm~5cmの花をつけます。中心が黄色、花弁が白。薄ボケた黄色と白ではなく、はっきりとした濃い色の黄色と白の花をつけます。特徴的なのは花だけではありません。その葉も特徴的です。葉丈は20cm前後まで成長し、四方に葉を茂らせます。葉は丸みを帯びた形状ではなく、ギザギザとしたのこぎりのような形を成します。

 

5.スノードロップ

スノードロップは、雪がのこるほどの寒い時期から可愛らしい純白の花を咲かせる球根植物です。スノードロップが咲くと春が近いと言われていることから、春の使者という別名もあります。朝になると花を開き、夕方になると花を閉じます。  スノードロップは簡単に育てることができ、地植えなら特別な手入れをしなくても大丈夫です。風通しの良い明るい半日陰を好みます。耐寒性に優れた植物なので、冬の暖かい部屋などには置かないように注意しましょう。

スノードロップは、雪がのこるほどの寒い時期から可愛らしい純白の花を咲かせる球根植物です。スノードロップが咲くと春が近いと言われていることから、春の使者という別名もあります。朝になると花を開き、夕方になると花を閉じます。

スノードロップは簡単に育てることができ、地植えなら特別な手入れをしなくても大丈夫です。風通しの良い明るい半日陰を好みます。耐寒性に優れた植物なので、冬の暖かい部屋などには置かないように注意しましょう。

スノードロップ

  • 「マツユキソウ(待雪草)」とその仲間を総称して「スノードロップ」と呼びます。秋頃から地中で根を伸ばし、まだ寒い時期に芽を出し、他の花も咲かない早春に花をつけることから、人々に春の始まりを告げる存在として親しまれてきました。雪の残る中でも花茎をすっと伸ばし、一輪ずつ花を咲かせます。下向きの白い花は、まさに雪がしずくとなったようです。つややかな光沢のある葉もまた美しいものです。 日本では「ジャイアント・スノードロップ」や「フロレ・プレノ」など数種が中心ですが、イギリスでは品種改良がとても盛んで数百種に達するともいわれています。

    スノードロップは、一度植え付けてしまえば、特別な手入れをする必要がないので、育てやすい草花です。

 

6.プリムラ

プリムラは、様々な種類がある冬のガーデニングには重宝な植物です。品種によって花姿や草姿が異なり、また、花色もとても豊富です。 プリムラは日光に当たっていれば次々に蕾をつけ、絶え間なく花が咲いていきます。花がら摘みをしないと花つきが悪くなり、病気の原因にもなるので注意しましょう。種から育てて寒さに当たっていれば霜に強くなり、外でも育てることができます。暖房の効いた部屋では暖かすぎてしまうので注意です。

プリムラは、様々な種類がある冬のガーデニングには重宝な植物です。品種によって花姿や草姿が異なり、また、花色もとても豊富です。

プリムラは日光に当たっていれば次々に蕾をつけ、絶え間なく花が咲いていきます。花がら摘みをしないと花つきが悪くなり、病気の原因にもなるので注意しましょう。種から育てて寒さに当たっていれば霜に強くなり、外でも育てることができます。暖房の効いた部屋では暖かすぎてしまうので注意です。

プリムラジュリアン

  • プリムラ属は500種以上からなる非常に種類の多い属です。プリムラジュリアンは、数多くのプリムラとの交配の中で作られた品種です。プリムラ・ポリアンサとよく一緒に説明されますが、葉の大きさが少し違うくらいでとても似通った品種になります。サクラソウに似た花の形の他に、バラ咲きのフリルが可愛い品種もあります。

 

7.ウィンターコスモス

ウィンターコスモスは、秋から春にかけて咲く植物です。コスモスという名前がついていますが、咲き方が似ているためにこの名前がついています。夏越しも特に難しくはなく、冬のガーデニングで一度は植えたい植物です。 日当たりが好きで、乾燥に強い植物です。霜に当たっても枯れることはありませんが、強い寒気にあうと元気がなくなり、花が咲かなくなります。気温が上がればまた咲きます。日に当たらないと花が咲かず、だんだんと弱っていき、枯れていってしまいます。

ウィンターコスモスは、秋から春にかけて咲く植物です。コスモスという名前がついていますが、咲き方が似ているためにこの名前がついています。夏越しも特に難しくはなく、冬のガーデニングで一度は植えたい植物です。

日当たりが好きで、乾燥に強い植物です。霜に当たっても枯れることはありませんが、強い寒気にあうと元気がなくなり、花が咲かなくなります。気温が上がればまた咲きます。日に当たらないと花が咲かず、だんだんと弱っていき、枯れていってしまいます。

 

8.スイートアリッサム

スイートアリッサムは、秋ごろに植え、冬の間でも花が咲くので初心者に向いている植物です。花色は白の他にピンクや紫もあり、カーペット状に広がって咲きます。ハンギングなどにも向いています。  スイートアリッサムは、耐寒性はある程度はありますが、霜に当たるとその部分が枯れてしまいますので、霜よけをすることをおすすめします。花を咲かせながら茎を伸ばすので、花が散って茎が伸びてきたら花がらを摘みましょう。高温多湿には弱く、夏には枯れてしまうことが多いです。

スイートアリッサムは、秋ごろに植え、冬の間でも花が咲くので初心者に向いている植物です。花色は白の他にピンクや紫もあり、カーペット状に広がって咲きます。ハンギングなどにも向いています。

スイートアリッサムは、耐寒性はある程度はありますが、霜に当たるとその部分が枯れてしまいますので、霜よけをすることをおすすめします。花を咲かせながら茎を伸ばすので、花が散って茎が伸びてきたら花がらを摘みましょう。高温多湿には弱く、夏には枯れてしまうことが多いです。

スイートアリッサム

  • スイートアリッサムは小花がたくさん咲き、花束のようにこんもりと生い茂る姿が何とも愛らしい植物です。横に広がる性質を持つので、グランドカバーの他、寄せ植えの引き立て役や花壇に植える花として人気があります。高温多湿には弱いですが、乾燥に強く丈夫であるため、スイートアリッサムは園芸初心者には最適の草花です。また、比較的多く出回り、安価で手に入れやすく、生育が良いことも人気の理由の一つです。カスミソウのように控えめ愛らしい花はピンク、白、紫、オレンジと様々な色があり、自分の好みや庭、プランターの雰囲気に合わせて選ぶことができます。スイートアリッサムは本来は多年草ですが、湿気に弱いため、日本では1年草扱いをされていることが多いですが、うまく環境にあえば、多年草化することもあります。

 

9.オキザリス

オキザリスは、夏植えか秋植えにすると秋から冬にかけて花を咲かせます。耐寒性のある品種と弱い品種がありますが、耐寒性のある品種は庭植えに出来ます。クローバーとよく間違われるカタバミの仲間です。 オキザリスを育てる時のポイントは、日当たりを良くすることです。日当たりが悪いと花が咲きにくくなります。水はけのよい土を好み、乾燥にも強いので水のあげすぎには注意しましょう。

オキザリスは、夏植えか秋植えにすると秋から冬にかけて花を咲かせます。耐寒性のある品種と弱い品種がありますが、耐寒性のある品種は庭植えに出来ます。クローバーとよく間違われるカタバミの仲間です。

オキザリスを育てる時のポイントは、日当たりを良くすることです。日当たりが悪いと花が咲きにくくなります。水はけのよい土を好み、乾燥にも強いので水のあげすぎには注意しましょう。

オキザリス

  • オキザリスは日本でいうカタバミで5cm~15cmほどになります。春から夏にかけて色とりどりの花を咲かせます。球根なので休眠期があり、その間に土の中で分球します。自生するほど強く、株を這うように増えて次々と花を咲かせていきます。冬咲きと春咲きがあり、日当たりがよければたくさん花を咲かせます。日が陰ると花は閉じます。

 

10.ユリオプスデージー

ユリオプスデージーは秋から春にかけて、黄色い可愛らしい花を咲かせます。常緑の低木で、初めのうちは草花のように小さい姿をしていますが、何年か経つと茎が太くなり、樹木のような形になってきます。 よく日光に当てて育てましょう。耐寒性はある程度あり、霜に当たると株が傷んでしまうことがありますが、凍らせなければ屋外で育てることができます。根がよく伸びるので小さい鉢では育てにくく、庭植えにするとよく育ちます。

ユリオプスデージーは秋から春にかけて、黄色い可愛らしい花を咲かせます。常緑の低木で、初めのうちは草花のように小さい姿をしていますが、何年か経つと茎が太くなり、樹木のような形になってきます。

よく日光に当てて育てましょう。耐寒性はある程度あり、霜に当たると株が傷んでしまうことがありますが、凍らせなければ屋外で育てることができます。根がよく伸びるので小さい鉢では育てにくく、庭植えにするとよく育ちます。

ユリオプスデージー

  • ユリオプスデージーは秋から春にかけて、黄色い可愛らしい花を咲かせます。常緑の低木で、初めのうちは草花のように小さい姿をしていますが、何年か経つと茎が太くなり、樹木のような形になってきます。

 

寒い季節も、元気なお庭で過ごしたいですね。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「寒さに強い!冬でも庭で育てられる花10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
大宮栞
大宮栞

植物が大好きな母に育てられ、東京農業大学農学部に進学。大学では植物介在療法学研究室に所属。現在はLOVEGREEN編集部のディレクターとしてガーデニングや花関連の記事を担当。

おすすめ