春から初夏の花壇や寄せ植えにおすすめ!「シレネ・カロリニアナ」

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

シレネ・カロリニアナは春から初夏までたくさんの花を咲かせる一年草です。シレネ・カロリニアナの魅力と育て方をご紹介します。1株で横に広がるように生長して、たくさんの花を咲かせるので、花壇や寄せ植えに使うと見事な植栽になります。這うように生長するのでグランドカバーにもおすすめです。

目次

シレネ・カロリニアナ

シレネ・カロリニアナを植える環境

シレネ・カロリニアナ育て方のポイント

シレネ・カロリニアナ生長の様子

とにかく強いシレネ・カロリニアナ

シレネ・カロリニアナ

学名  Silene caroliana
流通名 シレネ・ピンクパンサー、シレネ・スパニッシュフラメンコ
科・属 ナデシコ科シレネ属
原産地 北アメリカ
形態 原産地では多年草ですが、東京だと一年草扱いです
開花時期 4月~6月

シレネ・カロリニアナはとにかく1シーズンでたくさんの花を咲かせます。性質は、ほふく性(這い性)で横に広がるように生長しますが、上にも伸びるので1株でかなりのボリュームになります。

1株でたくさんの花!

1株でたくさんの花!

シレネ・カロリニアナを植える環境

シレネは様々な品種がありますが、全般的に日光を好むので、日当たりと風通しのよい所に植えます。地植えのシレネ・カロリニアナは、上にも伸びますが横広がりに生長するので、花壇の前側、コンテナ栽培の場合は鉢の脇やハンギングバスケットにも向いています。

シレネ・カロリニアナ育て方のポイント

1、水やりは乾いたらたっぷりと

シレネは性質が強いので、特にこれといった手入れをしなくても勝手に生長します。乾燥気味を好む性質です。地植えにした場合は、根付いてからの水やりは特に必要ありません。鉢植えで育てる場合の水やりは「乾いたらたっぷりと」あげてください。

乾いたら・・・
最初に植えこんで水やりをした時の土の表面をよーく見ておいてください。使う土の種類によりますが、黒だったり、茶色だったりと、ダーク系の色のはずです。それが乾いてくると、元の色より白っぽくなります。この状態が「乾いたら」です。

たっぷりと・・・
株に、と言うよりは、土の表面に優しく何回かに分けて水をあげると、しばらくすると鉢底から水がこぼれてきます。この状態が土に水がたっぷりと浸透したサインです

2、花がらをまめに摘みましょう!

花がらとは、終わった花のこと。花がらをそのままにしておくと、植物としては花を咲かすことより、次の世代を残すことが重要ミッションのため、種をつけることにエネルギーが回ります。それを避けるため、花がらをどんどん摘んで、次の花を咲かせていきます。ちょっとかわいそうな気もしますが、花がらつみをするとしないのとでは、ワンシーズンに咲く花数に差が出ます。

シレネ・カロリニアナ生長の様子

シーズン初めの4月頃のシレネ・カロリニアナ

シーズン初めの4月頃のシレネ

 

5
初夏になると、急に花数が増えます!どんどん花がらを摘んでいきます。

初夏になると、急に花数が増えます!どんどん花がらを摘んでいきます。

 

1株でかなり広がります。花壇からあふれでるように咲く光景は見事です。横に広がるので、グランドカバーとしても優秀です。

1株でかなり広がります。花壇からあふれでるように咲く光景は見事です。横に広がるので、グランドカバーにもなります。

 

花がらをまめに摘むと6月ごろまで咲くので、春から初夏まで長く花が楽しめます。

花がらをまめに摘むと6月ごろまで咲くので、春から初夏まで長く花が楽しめます。

とにかく強いシレネ・カロリニアナ

シレネは、こぼれ種でも増えます!

性質が丈夫で発芽率も良いので、1度植えると環境に合えば、こぼれ種でも開花することがあります。確実に来シーズンの種が欲しい場合は、一部花がらを摘まないで放置しておくとよいでしょう。ごまのような真っ黒い種ができます。

2017.2.23 一番花は、4月・・・ころ?

我が家でこぼれ種で発芽したシレネ

 

うちから少し離れた道路上のコンクリートの割れ目から発芽してしまったシレネ・カロリニアナ。 どうやって種が運搬されたんでしょうか?

うちから三軒先の道路上のコンクリートの割れ目から発芽してしまったシレネ・カロリニアナ。。。どうやって種が運搬されたんでしょうか?これには驚きました。

シレネ・カロリニアナの苗の出回り時期

1月~4月に苗が流通します。できれば早めに若い株を定植した方がたくさんの花が楽しめます。

シレネ・カロリニアナは、学名より流通名の「シレネ・ピンクパンサー」、「シレネ・スパニッシュフラメンコ」の名前で流通していることが多いです。

1シーズンでたくさんの花が咲く一年草のシレネ・カロリニアナ。花壇のフロント、寄せ植え、ハンギングに使ってみてはいかがでしょうか。

 

過去のgarden noteはこちらからどうぞ

▼シレネ、春の草花の関連記事

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「春から初夏の花壇や寄せ植えにおすすめ!「シレネ・カロリニアナ」」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ