ニチニチソウ(日々草)の育て方!長く楽しむための剪定や水やりなど管理のコツ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ニチニチソウ(日々草)の病害虫

比較的病害虫には強く、手間のかからない草花ですが、アブラムシ立ち枯れ病に気を付けましょう。アブラムシは窒素分の多い肥料を与えすぎると、発生することがあるので、肥料のあげすぎに注意します。また、取れた花は、まめに取り去っておくのが病気の予防になります。

ニチニチソウ(日々草)が突如枯れた!!

他のニチニチソウ(日々草)の苗に比べて、葉っぱの雰囲気がおかしくなってきて、ある日突然枯れた!・・・こんな経験はありませんか?原因はおそらく「立ち枯れ病」です。簡単に言ってしまうと、ニチニチソウ(日々草)が土中の中にいる菌にやられてしまったことで枯れてしまった可能性が高いです。

枯れたニチニチソウ(日々草)の対処法

菌による病気でやられてしまった苗は、すぐに抜き取って処分します。残念ですが、放置していると他まで感染することを避けるために早急に対処したほうがよいでしょう。

どうすればニチニチソウ(日々草)の立ち枯れ病を予防できる?

1.水やり

菌系の病気は、梅雨の時期のような高温多湿の時期に多く発生します。そのため、常に土が湿っている状態にしないことが大切です。基本的には「乾いたらたっぷり」を心がけます。

2.土は新しい土を使う

プランターに植える場合は、使いまわしの土より新しい土を使いましょう。

3.風通し良く

株と株の間をぎゅうぎゅうにしすぎると、どうしても蒸れやすくなります。風通しよくして、葉っぱに水がかかっても、すぐに乾くような状態にするには、株と株の間は適切な間隔をあけたほうが健康な苗になります。

4.花がらはそのままにしない

ニチニチソウ(日々草)の終わった花は、ぽろっと落ちます。落ちた花は、こまめに捨てましょう。そのままにして、水やりの水で葉っぱにくっついてしまう状態が多かったりすると、病気にかかりやすくなります。

目次に戻る≫

ニチニチソウ(日々草)の冬越し

ニチニチソウ(日々草)は、本来は多年草の植物ですが、日本の冬の気温には耐えられないため、日本では10月くらいまでの一年草の植物です。ただし、ハウスなどで管理すると、翌年開花させることも可能で、2年目になると前年の枝は木化します。

日々草(ニチニチソウ)は、本来は多年草の植物ですが、日本の冬の気温には耐えられないため、日本では10月くらいまでの一年草の植物です。ただし、ハウスなどで管理すると、翌年開花させることも可能で、2年目になると前年の枝は木化します。

ニチニチソウ(日々草)は、暑さと強い光に強く、初夏から秋まで長く花です。育て方のコツをつかんで長くたくさんの花を楽しんでください。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

ニチニチソウ(日日草・にちにちそう)

  • 日日草(ニチニチソウ)は、草丈20cm~60cmで花は3~5日の短命で直径3~4cmの白や赤、ピンク色の花を次々に咲かせます。毎年花を咲かせる多年草で暑すぎる場所にも適応しますが、寒さは苦手で日本の寒さに耐えられなくて冬に枯れてしまうこともあります。梅雨の季節も苦手で枯れてしまいます。葉は長細い円形で光沢があるのが特徴です。花びらは1枚が5つに分かれている形で5枚に見えますが、実際はちがいます。

 

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ニチニチソウ(日々草)の育て方!長く楽しむための剪定や水やりなど管理のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ