台風や暴風雨の時に気をつけたいベランダやお庭の植物対策。

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

台風や暴風雨の時にベランダやお庭の植物が心配!大切に育てていた植物や野菜などが被害を受にくくするために対策をしましょう。

目次

暴風対策をしよう!

手すりの上やフックタイプの鉢・プランターは下に置きます。

手すりの上やフックタイプの鉢・プランターは下に置きます。

 

吊るしてある植物もおろしておきましょう。

吊るしてある植物もおろしておきましょう。

 

ガゼボのテントも対策が必要です。

ガゼボのテントも対策が必要です。

 

風が強いと外れて飛んでしまうのであらかじめ外しておきます。

風が強いと外れて飛んでしまうのであらかじめ外しておきます。

 

鉢はなるべく室内に入れるようにしましょう。おすすめは玄関、もしくはお風呂場です。洗い場に置いておけば、もし土が付いてしまってもそのまま流せて便利です。

鉢はなるべく室内に入れるようにしましょう。おすすめは玄関、もしくはお風呂場です。洗い場に置いておけば、もし土が付いてしまってもそのまま流せて便利です。

 

室内に入れられないサイズの植物は鉢を倒して置いておきます。

 

または複数鉢をまとめておき、周りに重しを置いておきます。

または複数鉢をまとめておき、周りに重しを置いておきます。

 

支柱の紐を結びなおしたり、手すりに固定して、風で根が持ち上がらないようにしておきます。株立ちの庭木などは自転車用のフック付きゴムロープなどでまとめて固定しておきます。

 

重しは水を入れるタイプもあります。固定している紐にゆるみがないかどうか確認します。

重しは水を入れるタイプもあります。固定している紐にゆるみがないかどうか確認します。

 

すのこやスリッパ、箒やちりとりなども忘れずに。もし洗濯機がベランダにある場合は、水を入れておくと重しになるのでお勧めです。蓋をした上からビニールをかぶせて留めて置くと安心です。

すのこやスリッパ、箒やちりとりなども忘れずに。もし洗濯機がベランダにある場合は、水を入れておくと重しになるのでお勧めです。蓋をした上からビニールをかぶせて留めて置くと安心です。

また、物干しざおなども入れられるようであれば室内へ。窓にシャッターや雨戸が付いている場合はシャッターを降ろしておきます。ない場合は万が一窓ガラスが破損しても大丈夫なようにカーテンを閉めておきましょう。もし必要そうであれば、窓ガラスが割れた時飛び散らないように飛散防止シートを貼り付けするか、布ガムテープや養生テープを使って窓ガラスの補強をしておきます。紙ガムテープははがれにくく、後始末が非常に大変なので必ず布ガムテープか養生テープを使用しましょう。

 

ラティスは倒しておくか、室内へ。スペースがない場合は周辺に重しを置きます。

ラティスは倒しておくか、室内へ。スペースがない場合は周辺に重しを置きます。

 

ワイヤーでベランダの手すりなどに固定しておきます。

ワイヤーでベランダの手すりなどに固定しておきます。

 

温室・ハウスなどは雨風が吹き込まないように、入り口をしっかり閉めておきます。

温室・ハウスなどは雨風が吹き込まないように、入り口をしっかり閉めておきます。

 

使っていないトレイや空いた鉢は風で飛ばないように片づけます。

使っていないトレイや空いた鉢は風で飛ばないように片づけます。

目次に戻る≫

 

\豪雨対策もチェック!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「台風や暴風雨の時に気をつけたいベランダやお庭の植物対策。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ